• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

Vijuttoke20年12月号「THE MICRO HEAD 4N’S」インタビュー
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Vijuttoke20年12月号「THE MICRO HEAD 4N’S」インタビュー

2020-12-21 18:00

    a9b6eb93aaa1a52423cb289aec5fdf7602ff77ad

     

     

    THE MICRO HEAD 4N’S HP

     

    L→R Gt.SHUN. / Vo.AMENO / Ba.ZERO / Dr.TSUKASA / Gt.kazuya

     

     

    バンド史上最大キャパ「恵比寿LiQUID ROOM」ワンマンを目標として
    「改革マニフェスト」を掲げた直後のコロナ禍。TMH4NSの苦悩と希望を詰め込んだ現メンバーでの初のフルアルバムが堂々完成!5人のストーリーは終わらない!

     

     

    ■恵比寿LiQUID ROOMを目標に掲げての「改革マニュフェスト」を発表したのは2020年の1月だったと思うのですが改めてどんなマニュフェストだったのでしょうか?

    AMENO:2020年、バンドを大きく動かすことを分かりやすく掲げたものでした。より深く、多くの人たちに突き刺さるものを作り上げて、リキッドへ繋げて行きたかったですね。

    kazuya:分かりやすい所で言うと2021年に10周年ということで周りの方々を巻き込んで挑戦をテーマに過去曲リメイク、3部作のツアー、アルバム、リキッドルームそして10周年で今だから言いますがマイフォとしては初めてのステージのO-EASTとこんな感じで失敗覚悟で向かおうと思ってました。本当は12月5日現在3部作目の最後のツアー中でしたね。人知れず中止になりましたが、、、

    SHUN.:今後のマイフォの指針というか、バンドだけではなくファンのみんなと一緒に楽しめてよりLIVEを身近に感じてもらえたりできたらと思いましたが、、、

    ZERO:リメイク楽曲配信、フルアルバム制作は9周年に向けて現在のバンドとしての持ち曲を増やすためでした。リメイクは新曲だけではなくライブマストになる既存曲でもAMENOくんの声で歌った作品が欲しいと思ったからです。あとはライブ会場へ直接足を運んでくれる人へ向けて何か特別なことをしてあげたいということからフォトカードやステッカー、これから出会う人への間口を広げる意味で遅割というものを掲げましたね。

    TSUKASA:バンド全体、そして自分自身への挑戦でした。THE MICRO HEAD 4N’Sの経験したライブハウス最大キャパをもう一度やりたいという目標を成功させ、さらに高みを目指すものでした。そして第3期としてのアルバムも曲調がハードになった分、体力はもちろん、テクニックも今まで以上のものが求められるだろうというのはわかっていた事なので、ライブも音源制作も全てが挑戦というテーマでした。


    ■掲げた直後に世界が一変してしまいました。掲げる目標を別の形で遂行する事が出来ない状況というのはTMH4NSにとってはもどかしい時間だったのではないでしょうか?

    AMENO:リキッドはTMH4NSにとっても自分個人にとっても最大キャパシティのライブハウスでした。高い目標に向かって全力で突き進むことが出来ない時間は、非常にもどかしく悔しかったです。

    kazuya:僕は時代の風に争わず、その流れに身をまかせるこの考えがどんな職業でも今を生きる意味でとても大切かと考えます。なので今年のリメイク、アルバム、リキッドは少し形が変わった物もありますが、今年の3部作のツアー来年のO-EASTに関しては中止にしました。僕は現状の様なLIVEができなくなる事は予測しながら活動していたので今日明日ダメになることは無かったのですが、1年2年は戻らないと仮説するともう無理かなって事は考えました。もどかしいと言うよりこの状況をどうひっくり返せるかを考えていました。とかっこいい事言ってますが一時はメンタル的に落ちた時期もありましたが自身のインスタライブでクローンのみんなに逆に元気を頂きました(笑)本当は逆なんですけどね、、、すいません(笑)

    SHUN.:誰もが想像もしなかったことが起こってしまいましたが、今は時代にあった形で模索していくことだと思います。LIVEというものは僕らにとってもファンのみんなにとってもただの娯楽ではなく、それぞれの人生の大切な一部ですでのそれができないというのは、正直苦しあったですね。今は、配信という形もありますがやっぱり早くみんなと一緒にLIVEがしたいですね!

    ZERO:ライブは自粛する形になり再開の状況がみえなかったのですが、いつでもいける準備だけはしていました。けど実行できたのは楽曲制作のみになってしまいましたね。ただもどかしさを感じている余裕はなかったです。

    TSUKASA:確かにファンのみんなに直に会えなくなってしまった事や、生で体感してもらうことができなくなった事は非常に残念で辛かったですが、配信ライブができただけでもある意味良かったと思っています。僕はデジタルの時代に関して半分嫌ってて半分感謝して生きてきましたが、今年はデジタルテクノロジーに沢山助けて頂けたので本当に有難いと思っています。でないとファンのみんなとコミュニケーションも取れず、デジタルがなければ解散したのと同じようなものでしたから。


    ■自粛期間はメンバーの皆さんどんな事をされていたのでしょうか?

    AMENO:最初はひたすら家で練習してました。こんなに時間が出来たのがいつ振りなのかわからなかったので、久しぶりにゲームにも手を出しました!すぐにやめちゃいましたけど(笑)良くも悪くも自分と向き合える時間が増え、結局は練習や勉強の日々に戻りました。なにか少しでも前に進むことをしていないと、落ち着かなかったですね。

    kazuya:最初はそれまで忙しかったので、ここ数年で一番ゲームしたり本読んだりゆっくりしてましたが、途中から先ほども言った様にバンドのリブランディング、物語の再構築、新しい表現、新しい活動、様々な事をノートに書いて仮説する毎日でした。あとはアルバムのレコーディング、作曲等ですね。

    SHUN.:久々に書道をしたりしていました。あとはバイクの免許を取りに行ったり(笑)最初の頃はいつもより時間はできたと思っていたのですが、そんなの2週間くらいで結局めちゃくちゃ忙しかったですね。延期だったり中止だったりが相次いだので、その辺のサポートだったり、今後のことをkazuyaとZEROとしょっちゅう話し合っていましたね。アルバムなどもそれで何度も発売延期したり、販売方法も変わったりで、、、、、なんだかいつもより忙しかった覚えが、、、、、、

    ZERO:この状況でどうやって活動していくかを考えていました。まずは自分が、メンバーがどうやって生き抜いていけるかを踏まえてこれからどう展開していくか。できたこともあればできなかったこともあるので引き続きいろんな可能性を考えていこうと思います。

    TSUKASA:上半期はとにかく家から出れなかったのでYouTubeでいっぱい動画をアップして忘れられないように頑張りました笑 下半期は無観客ではありますが活動ができたのと忙しくなってきたのでYouTubeをする時間も減って歌詞や楽曲制作などに励んでいました。


    ■TMH4NSは活動の仕方も含めて情勢をポジティブに捉えて活動しているように感じました。5人で取り決めた事があったりしたのでしょうか?

    AMENO:特に取り決めなどはなかったです。ただ、例えば今は有観客ライブをやってなくて、もしやったとしても、来たくても来られない人もいる。無観客ライブを続けることは、そういう人たちの「気持ち」の部分も大切にしているなと思います。

    kazuya:特にないですね。状況を悲観して塞ぎこむのか、状況を追い風にするのかは自分自身の考えなだけであって僕は追い風にしようと。だってこのままだったらどちらにせよ終わるだけだし、もっと言うと僕らは死という事が運命づけられてる訳です。だから悲観する暇があったら思いっきり今を最大限楽しむ方向に考えました。でも結果クローンのみんなの応援のお陰で今日まで活動させていただきました。本当に感謝してます。

    SHUN.:今後について色々考えたりはしましたが、全員でも取り決めは特にこれといっては、、、、

    ZERO:10周年に向けて色々考えたり事前に準備していたこともあったりで、そういった部分では状況に対応しやすかったのかと。全てをポジティブには考えられませんでしたが、今できることっていうのをその時々に実行していくことによって、前向きに考えることに変換していけましたね。

    TSUKASA:わりと元々どんな状況に陥ってもみんなで今繰り広げられている環境に対して前向きな行動をとるように心がけるバンドなので、とにかくファンのみんなを元気にしてあげたい、悲しませたくない想いが自然にメンバーみんな一致してたんじゃないでしょうか。


    ■そしてマニュフェストも出来る事はしっかりと遂行していました。4ヶ月連続リメイクリリースについては暗い気持ちのファンにも明るさをもたらすきっかけになっていたようにも思えます。反応や反響をどのように捉えていましたか?

    AMENO:作ったものに対して反響やアクションがあることは素直に嬉しかったですね。今思えば、レコーディングはなかなか大変でした(笑)

    kazuya:どうなんでしょうね(笑)僕らって結局FANの方々の人生にいや、生活に少しだけでも良いから喜びだったりになりたいだけなので喜んでもらえたら何よりですね。

    SHUN.:リメイクリリースに関しては、ZEROの面白いアイデアから生まれましたが、やってよかったですね。過去に作った曲でも第3期だとまた違いますし。ファンの皆さんからも、同じ曲でも違った雰囲気に思えるなどたくさんの感想いただき嬉しかったです!

    ZERO:身動きが取れない状況でもあらかじめ事前に準備していたことにより、こうやって配信できみんなが喜んでくれたことはよかったなと思っています。配信用のアートワークも作ってて楽しかったですね。

    TSUKASA:楽しみにしてくれている人がいるから僕らは頑張れているので、その方達からいい反応がくるとそれは嬉しくて仕方ないですね。元気もらえたと言って頂けると僕らが元気になるのでお互い様さまです。


    ■正直な話。リメイク音源リリースや、「The Unfinished Story」というタイトルについて、この情勢になるのをまるで知っていたようなリンクに驚きを隠せませんでした(笑)そこはやはり何度もピンチをチャンスに変えてきたTMH4NSの精神が常に逆境にあっても立ち向かえるようなメンタルだという事の裏付けにも感じますよね?

    AMENO:当初描いていた「The Unfinished Story」とはきっと違う形のものが出来上がったと思います。状勢や環境に左右されながらも築き上げて、振り返って初めてそこで立ち向かってきたメンタルが見えるのかなと思います。渦中では、感じてる暇もなかったですね(笑)

    kazuya:色々あるバンドですからね(笑)インタビューでは一丁前の事言ってますが、本音はメンバースタッフそしてクローンのみんなの力があってピンチをチャンスに変えてきたと本当に思ってます。全てはメンバースタッフそしてクローンのみんなのおかげです。

    SHUN.:どうなんでしょう、、、、(笑) 個人的にはメンタルうさぎなんで弱々なんですが(笑)でも、このバンドはず〜〜〜っと逆境に立たされてるバンドでもあるので慣れたといえば慣れましたが(笑)

    ZERO:そうですね。でも流石にメンタルもそろそろ尽きてしまうんじゃないかと心配しています。

    TSUKASA:3期まで来ましたからね。笑 色々ピンチはありすぎましたが、それは良くも悪くも運命。でもこうやって終わりを求めてくる運命をぶっ倒して変えていこうというしぶとさがこのバンドはずっとあるんではないでしょうか。私は諦めない。


    ■とは言え7月にリリース予定だったアルバムは発売延期という形で発表されました。当初の心境を聞かせてください。

    AMENO:素直に申し訳ないという気持ちでいっぱいでした。自分の力だけではどうにもならない部分もあって、悔しかったですね。

    kazuya:正直楽しみにしてくれてた方々には本当に申し訳ないと思ってます。ってか今でも思ってます。当初のテンションはもうこのまま発売するのやめようかとも思うくらいでしたね。

    SHUN.:先ずはファンのみんなにごめんなさいでしたね。あとはず〜〜っともどかしかったですね。それと、ずっとどうしよう、、、、、と思っていました(笑)

    ZERO:個人的には楽曲制作がギリギリでしたので7月リリースであった場合、自分の曲は間に合わなかったかもしれません。なので実はほっとしてた…とか?(笑)

    TSUKASA:音楽業界だけでなくこういう状況は色んな人が経験してますし、そりゃ持ち越しになるのは残念でしたが、情勢を考えるともうこればかりは仕方がないとしか思えませんでした。でもファンのみんなに申し訳なさすぎて、、やっと発売できて良かったです。


    ■有観客のLIVEが出来ない分TMH4NS はLIVE配信にも力を入れてやってきました。LIVE配信のクオリティや進化もやっていくうちにどんどん上がっていきましたよね?逆に配信だからこそ良いという部分なども見つけられましたか?

    AMENO:画面越しである分、伝わりやす部分・伝わりにくい部分の差が大きく出ると思っていたので、歌い方やパフォーマンス面も気を遣う部分は多かったです。配信ならではの良さは、どこからでもライブが見られることですね!この先も配信ライブは更に普及していくと思います。

    kazuya:配信に関しては自分達の初ライブの前にSHUN.と自分たちでチケットを買って一緒に見て傾向と対策を話し合いました。そして自分たち流の見せ方を徐々に見つけていった感じですかね。早々に出た結論が個人的にはLIVEでもMV撮影でもない別の物だと結論づけれたのはよかったかなと。でもマイフォっていい所なんですけどどんな事も全力でやるバンドなのでそこがひょっとしたら良かったのかなと生意気かもですがそう考えます。配信の良さは普段環境的に見にこれない方々海外のクローン含めて見て頂けるのは有難いですね。

    SHUN.:配信はほぼ未経験に近いものでしたので、あらかじめkazuyaと色々と傾向と対策を話し合ったり勉強し多分、1回目は思ったよりはできたのかな?という感じでしたが、性分というか普通のLIVEでも同じことをいつも思ってしまうのですが、100%だしてもそこがゴールじゃないというか、まだまだもっとやれたんじゃないか!??って終わった後に自問自答してしまうたちなので、配信LIVEも同じ風に思っていますね。永遠の課題です、、、、。

    ZERO:配信だからこそ良いという部分は個人的には正直未だにみつけられませんね…みんな居ないし目の前に居るの俺の嫌いなカメラだし(笑)個人的にライブに関しての制作が毎回ツアー1本分になったりもするので良いところなんてありません!

    TSUKASA:最初はやっぱりお客さんの反応がないライブってどうなの?っていう感じでしたが、お客さんがいないなりに想いを届けられる形もあるんだなと思いました。絶対的に生よりも体感できる音もないし、そりゃ素晴らしいヘドフォンでもしてれば多少は感じれるかもしれませんが、直接接する感覚はないけど、離れた距離で画面を通してメッセージを届けるのは辛く寂しいけどそこにも深い絆が生まれるというか、今自分たちに置かれた大変な状況でもこんなに俺たちは愛し合ってるんだっていう見えない何かを強烈に感じました。もちろん、有観客の方が愛しい上での話ですけどね。


    ■そしてそして!待望の現メンバー初のフルアルバムが1月にリリース決定しました。メンバー全員が作曲を手掛け生み出された今回のアルバムは5人にとってどんな1枚になったと言えるのでしょうか?

    AMENO:まさに十人十色、それぞれのメンバーが作った曲にはそれぞれの良さやクセがあって、聴きごたえ十分になっています。一人で絵を描くのではなくて、みんなで描いて仕上げていく、そんなイメージじゃないでしょうか。

    Kazuya:色々ありましたが僕の人生の中でも記憶に残るアルバムかな。内容的には僕以外のメンバーの曲がいいフックになってると思いますしそれぞれのクローンのみんなも嬉しいかなと。そして僕以外のメンバーそれぞれ自分カラーの曲を書けるので今後も楽しみにしてます(笑)

    SHUN.:バラエティには富んだ作品になっていると思います。個人的には、作曲より作詞の方を多くしているので、アルバムのテーマ性を大事にしたところもあるので、そういったところも感じてもらえたら嬉しいです。

    ZERO:今までのアルバムってある意味調和のとれたものだったと思うのですが、このキャリアにしてまさかこんなアルバムを作るとは思わなかった!というくらい自由なアルバムになったと思います。それぞれの個性が感じられますし、普段曲作りをしない俺の曲とかも手を加えてもらいつつも荒削りなところは残っていると思うので、THE MICRO HEAD 4N'S初のめちゃくちゃなアルバムを俺たちだけでなく手に取ったみんなの中でも大切な1枚になったらいいなと思います。

    TSUKASA:単純にいろんな色があって彩り豊かだなと思うし、ただその色は淡色ではないですけどね。いっぱいうるさい音が刻まれてます笑。この音こそが今の自分達がやりたい音なんです。


    ■レコーディングでのエピソードなどあれば教えてください。

    AMENO:ちょうどヴォーカルレコーディングの直前で緊急事態宣言や外出自粛の時期に入ったのもあり、レコーディングは2回延期になりました。環境のせいなのか精神的なもののせいなのか、大変なレコーディング期間ではありました。その分、すべてのレコーディングが完遂したときはとても嬉しかったですね!(笑)

    kazuya:自身の作曲と全曲アレンジを同時にやってるので正直大変でした。でも一度中断してから1ヶ月ぶりにSHUN.と会ってレコーディングを再開してからは本当に嬉しくて僕自身の生きていく糧になったというか。純粋に時間に縛られないレコーディングが音楽が楽しくてしょうがなかったです。

    SHUN.:いつもですが、今回は特にkazuyaに助けられましたね(笑)自分のギター撮りの時にギターの兼ね合いなどもあったり、僕の録音のエンジニアリングも彼がしてくれるのですが、今までは時間内にレコーディングを終わらせたりしていましたが、今回は時間に余裕があったので納得いかないとすぐにkazuyaに「ごめん、今いいフレーズ出てこないから持ち帰って明日にさせて」とかなりの大物みたいな発言をしていました(笑)でも、おかげで納得した出来に仕上がりました!

    ZERO:孤独。いつもそうではあるのですが今回はより孤独感を覚えました。

    TSUKASA:ちょうどコロナが大変な時期に差し掛かり始めたギリギリの頃にドラムを録ったので、外界の情勢が気になりつつ、不安な状態でドラムを叩いたのを覚えています。スタジオに入るにも出るにも消毒消毒、、。今でこそ普通ですが、そんな時自分が不安になってたらファンはもっと不安だなと思い、レコーディングのスタジオやドラムのREC方法、ドラムセットの紹介動画を作って気分を高めようとしていたのは今も覚えています。ファンは喜んでくれたし自分もRECに対する気持ちを高められました。落ち込む時は逆に笑ってみよう、を実行できたレコーディングでしたね。


    ■最後にTMH4NSからVijuttoke読者にメッセージをお願いいたします。

    AMENO:いつも応援して頂き、ありがとうございます。「何度でも立ち上がれる」簡単なようで難しい、難しいようで簡単なことだと思っていて、僕たちが突き進む姿がみんなの道標になると嬉しいです。お読みいただきありがとうございました!

    kazuya:いつも応援ありがとうございます。皆さんのおかげで今年もマイフォとしてミュージシャンとして終えれそうです。どれだけ感謝をしても足りないくらいです。来年10周年ですが、正直10周年に向けて状況的に用意しているものはありません。ありませんが出来たらありったけの感謝と愛を音楽に乗せてみんなの前でLIVEが出来たらそれだけでもう十分かと思ってます。これからも応援して頂けるように認めて頂けるように練習に勉強に少しでもクローンの力になれる言動に頑張りたいと思います。

    SHUN.:いつも応援ありがとうございます!こんな時代ではありますが、今も皆さんの応援のおかげでTHE MICRO HEAD 4N’Sは活動できています。本当にありがとうございます!まだまだこの先どうなるのか全くわからないけど、早くみんなと一緒にLIVEができたらと思っています!嫌になることもたくさんあるだろうけどお互い負けずに頑張っていきましょう!!

    ZERO:まだ油断ならない世の中だとは思います。けど世の中動いていたらやっぱり会いたいもんだと思います。なので行動する際は最善の準備をして出かけましょう!俺も早くライブがやりたい!みんなに会いたい!配信ライブじゃ物足りない!(笑)

    TSUKASA:いつも応援ありがとうございます。今年は例にないような気持ちで過ごしたのは僕らミュージシャンだけでなくみんなもそうだと思います。この経験は未だ終わりが見えませんが、ずっと記憶に残るでしょう。その記憶はニューアルバムにも歌詞や曲にないにしても刻み込まれています。音楽はのちに聞くとその時の思い出が蘇るものです。だからひょっとしたらコロナが終わってから聞きたくないアルバムになってしまうかもわかりません。でも考えてください。あの時みんな辛かったよね。あの時あの音楽でなんか元気出たよね。とか、あの時あなたと共に戦っていた人たちの作品は一緒に寄り添ってくれると思うんです。音はうるさいけどそれだけ想いが詰まってるので。絶対世の中良くなります。そんな時もう一度アルバムを聴いた時、僕らが辛い思いで作った曲達は語りかけると思います。みんな頑張って良かったねと。

     

     

    Powered by Vijuttoke

    ************************************************************
     
    *月刊フリーペーパー「Vijuttoke」配布店舗一覧
    http://vijuttoke.com/contents/about/distribution_all/
     
    *Vijuttoke掲載インタビューを配信中!
    ・WEB【club Zy. 】https://www.club-zy.com/contents/free_paper

    ・ブロマガ【club Zy.チャンネル 】https://ch.nicovideo.jp/club-Zy/blomaga 

    ≪12月のLINE UP≫

    12/21(月)18:00 THE MICRO HEAD 4N'S
    12/22(火)18:00 UNDER FALL JUSTICE(Vo.愛郎インタビュー) / gives
    12/24(木)18:00 Chanty / Lavitte
    12/25(金)18:00 鐘ト銃声 / RENAME / Nero Chronicle

    ************************************************************


     

    2021年1月24日 発売予定
    THE MICRO HEAD 4N'S「The Unfinished Story」
    THIR-0050
    BOXセット

    CD
    REBIRTH -the 3rd form-
    LiaR
    DOWN
    GENESIS
    陽炎
    THE END OF THE WORLD
    UROBOROS
    NOISE
    FACT IS STRANGER THAN FAKE!!!!
    REMEMBER

    ・LIVE DVD(2枚組)/STREAMING LIVE #3
    「The Unfinished Story」
    9th Anniversary LIVE at LIQUIDROOM
    ・ALBUM COMMENTARY(メンバーによる新曲解説)

    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    club Zy.チャンネル
    更新頻度: 毎週月,火,水,木,金曜日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥330 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。