• このエントリーをはてなブックマークに追加
団長(NoGoD) × GAKU(FEST VAINQUEUR)対談! 第1回(全2回) 『下を向いている姿を見せたり、弱気な言葉を聞かせたりしたくないんですよ。だから、前向きな姿勢で、今も走り続けています。(GAKU)』『Xを夜中のテレビで見たけど、怖くて泣いたんです(笑)。だって、ライブハウスで、火を噴くんですよ(笑)(団長)』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

団長(NoGoD) × GAKU(FEST VAINQUEUR)対談! 第1回(全2回) 『下を向いている姿を見せたり、弱気な言葉を聞かせたりしたくないんですよ。だから、前向きな姿勢で、今も走り続けています。(GAKU)』『Xを夜中のテレビで見たけど、怖くて泣いたんです(笑)。だって、ライブハウスで、火を噴くんですよ(笑)(団長)』

2021-10-14 18:00
    f470a501a2538189fe038ef9f359f26fe00f5c8e

    大好評を博しているニコ生ラジオ『No GoD 団長のオールナイトサイタマ』と連動した形で、団長とゲストの対談をお届けしている本コーナー。第9回目となる9月27日の放送はゲストにFEST VAINQUEURのGAKU(g)を招いて放送された。
    コロナ禍の中でFEST VAINQUEURやGAKUはどんな活動を行ってきたのか、FEST VAINQUEURというバンド名が使えなくなるかもしれないという危機をいかにして乗り越えたのか、そしてまた新たなフィールドに活動の場を見出した団長の近況など話は尽きることがなく、対談は大いに盛り上がった。

    Interview:村上孝之


    ――お二人は、いつ頃からの知り合いなのでしょう?


    団長:これが意外なことに、対バンしたことはほぼないよね?
    GAKU:唯一残っている対バンの記憶は<ZEAL LINK TOUR>のTSUTAYA O-EASTですね。そのときに、NoGoDのライヴを2階席から見たことを覚えています。
    団長:そう。3~4年前の<ZEAL LINK TOUR>で、一緒にライヴをしたんです。そのときのNoGoDはもう華凛(b)ちゃんはいなくて、サポートのベースだったと思う。で、ライヴが終わった後に当時のZEAL LINKの社長と「お疲れちゃん!」といって打ち上げにいって、GAKU君も参加していたよね?

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。