• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

『 アムステルダムのクリスマス・ホリディ♪ 』 【Vol.1063】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『 アムステルダムのクリスマス・ホリディ♪ 』 【Vol.1063】

2017-01-16 15:00
    皆さま ごきげんよう。
    私の ブロマガを ご購読くださり、
    ありがとうございます。
    **************************************************

    今年の クリスマス・ホリディは 真冬のヨーロッパで

    娘の カリナ一家、夫のフリッツ、 孫のキランと一緒に 

    オランダのアムステルダムで過ごしましたベルキラキラキラキラ

    羽田から飛行機で 約11時間半の空の旅 飛行機

    孫のキランとは ロンドンで会った時から

    まだ日が浅いのですが、また更に ハンサムになったようドキドキ


    子供の成長は 本当に 驚くばかりです(笑)

    屋根裏部屋で遊ぶ キランをパシャリ♪

    08b39354593a7419a24b1aa492264157474d153d 2e3e724b21e5e95526c49706530079100c64bce5


    私は アムステルダムの 街並みがなんとも可愛らしく

    大好きですビックリマーク この特徴的な おとぎの国の家々と

    運河がなんとも素敵です音譜

    edb2cafe521277ee5bc7a12f22f6694e9501d2eb  84f86d737bf433c3b332e102be3b77400acac76c

    e55928106f23e3333440cf1731b2ed6239cdae5f  f3e1ef2a9afaf4a2e7d921f97efa8a69138d14ba 


    でも 入口の狭い家が多くて、ちょっとびっくりしましたが、

    これは 17世紀頃に 家の玄関の大きさで 税金が決められたので

    玄関が狭くつくられているのは 税金対策のためだとか。

    縦に長い 特徴のある家は、日本とは 美的感覚が違って

    色も 形も とても趣きがあって 素晴らしいですね。


    アムステルダムのお家は 窓が二つか 三つが普通ですが、 

    ラッキーにも カリナの家は 窓が5つもあり、白をベースにした

    とても 美しい家でしたラブラブ

    一年で一番の この季節、 とても 寒い時期です。

    クリスマスを 一緒に過ごすのは 久しぶり 照れクリスマスツリーベルキラキラ


    bbee97547fa7eca3dc930de01fb071c1b5977186  0cd36763ca5adff181a0e06891528cbf78c2fb5c

    6a10a5b2a873d3d70a66557556434984a89e9d44   8bfc2cf51983e8226d2ee7094e402e4e11fa7d2b


    到着した日は、 自宅で 静かにディナーをいただき、

    クリスマス・イブの日は 皆んなの 最大のお楽しみ、

    クリスマス・ショッピングに いざ、 繰り出しますビックリマーク 

    午後は バレエの 美しい「コッペリア 現代版」にうっとりし、

    家族で ゆっくりと クリスマス・ディナーを いただきました音譜

    クリスマスには、 家族で クリスマス・ミサに出かけ、

    教会に行くのが慣わしです。 

    そして 家族で静かに クリスマスの聖なる夜を祝います ベル


    3dc41ea293daf4d5e132b2386a5ec8d44b9efe82 2d3c78ef627be6df5e11ac6f0ff5615b74b1c1d9 

    ed5be8c631f4cca106b5ecbdfb4a8b85653478b9   a0372c3d4cda72c8d8424c71523cb9af6e0a16f4


    心穏やかな ディナーを過ごした後は、 今日のイベント

    運河で繰り広げられる 「ライト・フェスティバル」を見るため、

    プライベイト・ボート・ツアーに出かけました音譜 


    川面を渡る風の冷たいことびっくりビックリマーク あらかじめ 温かい服装で、という

    カリナの注意が頷けます(笑)  運河を彩る 幻想的な イルミネー

    ションは オランダ国内外からの 一流アーティストによる作品です。  

    アムステル川沿いの カレー劇場、ミュージックシアター、

    エルミタージュ美術館アムステルダム、マヘレの跳ね橋が

    美しくライトアップされて 観るものすべてが夢のようビックリマーク


    28550f22601ca5cbc0dda83f342f569db795d8c7  83a16ece07afa2ed1d673cd43fbf0da856c0c697  

    17365ae6202abc6fa4bf4bb66d773155f7208981  9c9d76a8355fc3b550258abadef62d76e5b718ed

    c1d0756d0e6373328ed6e13421b8dc74fec83ccf  8e3575c023fee4e403ac9633cae732713b230deb

    31461f7e93a1f660b888d654df7b78ec37e49b2b  9e4f452ea7b6cc0f218f21341c0aa12de0e5e349

    a368ff79030302de78a502afff18a2053b475451  16046046b1c5d7e56f1e3d37deb0e1396eae5f76

    23cc117d3b5a9474ed4eeb22b02ff969ee0c90d9  06c74dfead485fef8fe8f4c38b28e187fc4f5d35

    b773baf0d4eba462f9e2c6500aae171b698c0fa3  2b0b6611a620d4f95edbe00b474510ea01c24063

    a6e7d09990c70bf6614709b3b5513a770fe677e8  985dde165729432033f586815f985c96aa3c65a7


    静かな波に揺られながら、 美しい夢は覚めることなく、

    続いてゆきます。。。キラキラキラキラキラキラキラキラ


    寒い外から帰って ほっと一息音譜

    クリスマスの最大の楽しみは クリスマス・プレゼントの

    リボンを開ける瞬間ビックリマーク 大人になっても 楽しみですねラブ

    娘カリナも私も 沢山のプレゼントを フリッツから頂き、Happyビックリマーク

    ハリー・ポッターの本に大喜び、大喜び、ご満悦のキランラブラブ

    744cc6845864d03f185d19018835d84856c9fae5 c09f4d7d1763003374df301ed8e7ad4f26f2fffd


    今日は アウト・ドアに作られた スケート・リンクでスケート遊び音譜

    スキーは得意でも、 スケートはちょっと苦手なので 私は もっぱら

    手すり磨きと 撮影係に徹しましたワ(笑)♪

    d5afd1eafa7c1421fd2e6c7f6ac6e7ac04fa47b9 b2c5ca1e6a794317426c0ab846bec56128367c56

    8d5509ebf18a3d962ad6e540c1f80314648066e9 f4b89596f9b750d18f9c242cdea6b017e4bb9245


    史上最高のサーカス劇場 「王立カレー劇場」、まるでオペラハウスの

    ごとくです。 普通は 大テントの中ですね。9頭の純白と 9頭の漆黒の

    馬の曲芸は 圧巻でしたキラキラキラキラ動物を脅かすことは 危険なので 写真は

    禁じられていました。眩いばかりの光が 交錯する楽しい サーカスの

    ショー音譜 会場は 超満員で 大盛況でした!

    cad80fbc4c244bc30c3e7fc509a388a9bf423aa9 1aac3868c51bea7b9d21b0564d42a5a10e5509bb

    37ecd5d54a3dce31757c4a72feef0c109c8c4bfd 791ecc23ea2504f4d7c99400ff997b652aaa477e


    楽しい日々は あっという間あせるあせる

    カリナ家一行は 冬のリゾート地 グスタートへ スキー旅行へ、 

    私は 寒い土地から 暖かなモロッコの マラケシュへ向かいます飛行機 


    つづく。。。

     

    ◆お知らせ◆

    本日20:57~22:54

    TBSテレビ「好きか嫌いか言う時間」

     

    明日17日

    19:00~20:54

    TBSテレビ「世界の日本人妻は見た!」

    22:15~23:39

    フジテレビ「有吉弘行のダレトク」

    是非ご覧ください!!

    ********************************************
    では 皆さま 次号をお楽しみに。

    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    アメブロでは言えない話 ~The Salon of Lady Dewi~
    更新頻度: 不定期
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥330 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。