• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫の毎日ブロマガ「思想書になった『進撃の巨人』 “大衆文化”によって作られる“思想”」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫の毎日ブロマガ「思想書になった『進撃の巨人』 “大衆文化”によって作られる“思想”」

2017-03-03 06:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2017/03/03
    ───────────────────────────────────

    おはよう! 岡田斗司夫です。
    今回は漫画『進撃の巨人』ついて解説します。

    今回の記事はニコ生ゼミ12月25日分より一部抜粋しました。

    ─────────────────────────────

    「思想書になった『進撃の巨人』 “大衆文化”によって作られる“思想”」


     『進撃の巨人』って、若い読者にとっては、もう思想書になってると思う。

     昔、『銀河英雄伝説』という小説があった。

     その本が、今の40代くらいのSFを読んでるおじさんにとって、それが社会や民主主義を考える時の基本ツールになっているんだ。

     20代後半から30代半ばくらいの、週刊『SPA』を読んでた人にとっては、『ゴーマニズム宣言』という漫画がそれ。

     漫画を含めた“小林よしのり”さんの活動全般が、思想的な根拠になっている。

     どの時代にも、思想が「思想書」によってもたらされる事は、めったにないんだよね。

     そうじゃなくて、その時に流行っている「大衆文化」をベースにして、思想を組み立てられる。

     ある時は、『沈黙の艦隊』で日本の防衛を考える。
     『銀河英雄伝説』で民主主義を考えるおじさんも多い。

     『進撃の巨人』は組織論とか人生論。
     生きがい。
     かなり深いものが、読者の予想の2段くらい先まで提示されているんだ。

     “今から107年前、我々 以外の人類は・・・皆、巨人に食い尽くされた”

     そんなすごくショッキングな流れから始まっている。
     これが『進撃の巨人』の世界観。

     21巻に至るまでに裏表紙を見ると、10人のシルエットが並んでるんだよ。
     このシルエットが何かというと、主人公が所属している訓練兵の時の仲間達10人なんだよね。

     こいつらの悩みとか、青春の物語みたいなものだと思えばいい。

     『進撃の巨人』はこの10人の話なんだよ。

     『進撃の巨人』は設定がすごく面白くて、大きい話。
     なので、ついつい「謎もの」だと考えちゃう。

     でも基本は、この10人の心の動きをどれだけ細かく捉えるか。
     群像ドラマの要素がすごく大きい。

     カバーを外すと、この世界の伝説みたいな、『ナウシカ』のオープニングみたいな絵があるんだよ。
     なんか変な文字で書いてあるんだけども、逆さまにするとカタカナになってるんだよね。

     ウィキペディアの『進撃の巨人』のページに、全部ちゃんと書いてある。

     「巨人の襲撃により、人類は海を越えた新大陸への移住を余儀なくされる。
     この際、人類はほとんどが死滅するが、滅亡した直接の要因は巨人によるものではなく、人間同士によるものであった。
     また航海の途中で、人口はさらに半数が失われた。
     新大陸には、「モトモト キョウダイナ カベガ ヨウイサレタ」(原文ママ)
     (元々巨大な壁が用意された)

     さらに、新大陸を聖地として崇拝の対象とする。
     この壁の中こそが、人類の理想郷であり、ここに永遠平和の世界を築くことを主張する。」


     そんな内容が、カタカナで書いてるんだよね。

     作者は、謎を提供するというより「面白がってください」という、かなりヒントみたいなものを、ちりばめてくれてるんだよ。


    ───────────────────────────────────

    このゼミの動画を見たい人は『岡田斗司夫ブロマガチャンネル』へ
    https://goo.gl/q1gD1

    このゼミの文字起こしを読みたい人は『メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ』へ
    https://goo.gl/0xppMW

    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         筆耕のヒロキ(FREEex)
         横浜のヨシアキ(FREEex)
         遊牧のマサヒサ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
    次回配信予定
    • 2019/09/22
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【雑談スペシャル】“中国製のパチもんレゴ”を作ってみた、最後の『なつぞら』解説などなど」
    • 2019/09/23
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「『なつぞら』予言的中!残るは「のん&妹」の驚愕出番予想!」
    • 2019/09/24
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「今日のニコ生は、岡田斗司夫マンガ・アニメ夜話「ガンダム完全講義〜第25回」です!」
    • 2019/09/25
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「恐怖!地元民も怖れる「ポニョ」心霊スポットのタレコミ情報」
    • 2019/09/26
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「ポニョの母は夫が数千人!フジモトは永遠に苦しめられる男性像、と嬉しげに語る宮崎駿」
    • 2019/09/27
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「世界を破滅させる恐怖の女王!宮崎駿が見つけた『崖の上のポニョ』の本質」
    • 2019/09/28
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「『崖の上のポニョ』で、宮崎駿は空想で現実を書き換えた」
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    岡田斗司夫ゼミからのお知らせ
    更新頻度: 毎日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥540 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。