• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 次回配信予定
    • 2019/02/17
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「『ファーストマン』は後々 評価されるが、今は当たらない理由」
    • 2019/02/18
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「“語る” “分析する” “評論する” 以外の “映画の楽しみ方” を『ラ・ラ・ランド』で紹介します」
    • 2019/02/19
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【『ラ・ラ・ランド』OPミュージカル徹底解説 1 】 ハリウッドに集まる若者たちの心情を “絵” だけで語っている」
    • 2019/02/20
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【『ラ・ラ・ランド』OPミュージカル徹底解説 2 】 テーマは “夢を追う素晴らしさ” ではなく “夢を信じられる若さ” にある」

    岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【Amazonプライム】岡田斗司夫ゼミ#254「もののけ姫 完全解説・後編 1.エボシとモロはなぜ憎み合うのか? 2.シシ神の正体とサンの嫉妬 3.宮崎の描いた共産主義コロニー」」

    2019-02-16 06:0017時間前
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2019/02/16
    ───────────────────────────────────

     「【Amazonプライム】岡田斗司夫ゼミ#254「もののけ姫 完全解説・後編 1.エボシとモロはなぜ憎み合うのか? 2.シシ神の正体とサンの嫉妬 3.宮崎の描いた共産主義コロニー」

     今回ご紹介するAmazonビデオは、先週に引き続き『もののけ姫』です。
     ゼミ動画の中でも、前編・後編ともにベスト10に入る人気動画です。

     後編のお題をご紹介すると

     (1)サンとエボシ 親子説を検証
     (2)シシ神の正体に迫る 
     (3)仮想敵は『七人の侍』と『ゴジラ』
     (4)『もののけ姫』は『平成たぬき合戦ぽんぽこ』へのアンサー作品。

     テーマの深掘りから、宮崎監督の心情まで、『もののけ姫』に様々な方向から光をあてます。

     Amazonビデオ https://amzn.to/2HR3dkH
     (レンタル500円 販売1,000円)

     ちなみに
     岡田斗司夫アーカイブの会員の皆様はこちらからどうぞ
     お申込み    https://bit.ly/2Bv1Lhr
     動画・音声   https://bit.ly/2G8tVnf 
     テキスト    https://bit.ly/2BmoRrl
     (月額2,000円で、音声やテキストデータも見放題、検索も簡単!)

     ブロマガチャンネル会員の皆様はこちらでご覧になれます。
     (月会費500円で見放題)

     さわりの部分はこんな感じです。

    ***************************

     まずは「エボシ御前の正体」という話からですね。

     エボシ御前に関する設定については、この本の中に書かれています。

     e3631fbd02ceeb693f4121302820a60404406d96

     『「もののけ姫」はこうして生まれた。』という単行本です。

     これは、日本テレビの同名のドキュメンタリー番組『「もののけ姫」はこうして生まれた。』の内容のまとめみたいな本なんです。このドキュメンタリーはDVDにもなっています。

     f4996173d917e522acdfe96e0b0338ad86d7edad

     このドキュメンタリーの中で、宮崎さんの机が映されるんですけど、コンテとか作画原稿以外にも、いっぱいメモが貼ってあるんですよね。

     そのメモの内容が面白いから、ドキュメンタリーの撮影班も、どんどん撮っているんですけど。

     そのメモの中には、エボシについての設定のメモもあるんです。

    --------------------------------

     辛苦の過去から抜け出した女性。

     海外に売られ倭寇の頭目の妻となる。

     そこで頭角を現していき、ついには頭目を殺して金品を持って故郷に戻ってきた。

     このとき海外(明)で最新式の武器「石火矢」を手に入れ、日本に持ち込んでいる

    --------------------------------

     「辛苦」とは、つらく苦しいという意味ですね。

     「倭寇」というのは、元寇の反対で、中国とか朝鮮の沿岸を襲う海賊行為を行った日本人のことです。

     まあ、歴史書によっては「その正体は日本人じゃなくて、日本人のフリをした当時の中国人とか韓国人である」という記述もあるんですけど、そういった倭寇の頭目の妻となるわけです。

     そこで頭角を表していき、ついには夫である倭寇の親分を殺して、金品を持って故郷に戻って来た。

     その時、当時の中国である「明」から、最新式の武器である石火矢を手に入れ、日本に持ち込んでいる。

     これが、エボシの設定です。


     ポイントは「もともとは海外に売られた悲しい女性である。ところが、そこから倭寇の親分の妻になる」というところですね。

     つまり、彼女は美人なだけでなくて、かなりの「やり手」なところがあったんでしょう。

     そして、どんどんのし上がって行って、ついには頭目を殺してしまい、倭寇の金を盗んで日本に帰り、おまけに中国から最新の武器、石火矢っていう大砲を持って帰ってきちゃったという、とんでもない女性です。


     そして「侍の支配から抜け出し、強大な理想の国を作ろう」と考えています。

     そのために目を付けたのが「シシ神の森」だったんです。

     なぜなら、シシ神の森というのは誰の領地でもなかったからですね。


     当時、日本中の土地というのは、天皇の土地であったり侍の領地であったり寺の土地であったり、すべて所有権が決まってたんですけど、この森はシシ神に属している。このメモにも「ここを手に入れれば、自分の国が作れる」というふうに書いてあるんですね。


     ここまで読めば、このエボシって、なんとなく「正義の人」みたいに見えますよね?

     確かに、映画の中でも、売られた女の人を引き取ったり、ハンセン氏病で差別されている人達も優しく介護して仕事を与えるという、すごくいい人に見えるんですけども。

     だけど、「ただのいい人」というだけでは説明できない矛盾というのが、このエボシにはいっぱいあります。


     たとえば、僕がやっぱり最初に気になったのが「タタラ場には子供が一切いない」ということなんですよね。

     宮崎アニメには、いろんな村が出てくるじゃないですか。『ナウシカ』での風の谷とか、『ラピュタ』のスラッグ渓谷とか。こういう場面では、必ず子供達が外を走り回ってるんですよね。

     ところが、タタラ場には走り回る子供がいない。

     それどころか、母親に抱かれている赤ん坊すらいないんですよね。


     これに関して宮崎駿自身は、当時の『もののけ姫』の映画パンフレットの中では「いやあ、そこまで描いてる暇がなかったんですよ」なんて言ってるんですけども。「描いてる暇がない」なんて言い出したら、『ラピュタ』や『ナウシカ』を作っていた時の方が絶対に忙しいはずなんですよ。

     描いてないのには、描いてない理由があるんです。


     では、その理由とは何かというと「このタタラ場というのは “開拓村” だから」なんです。

     開拓村というのは、18世紀から19世紀のアメリカ開拓時代によくあった、ようやっと村として成立してから10年とか5年くらいの年月しか経っていない村のことです。
     
     まだまだ「常に周囲との戦闘状態を続けている」みたいな村のことですね。


     タタラ場という場所では、家をなくしたり親に売られた女の人達は受け入れているんですけど、子供や老人という「働けない人」を積極的に仲間に入れるほどの余裕がない。

     まず、それだけの食料がないし、開拓村ですから、働けない人は養えないんです。


     タタラ場の外れには、隔離されているようにハンセン氏病の人たちの暮らす区画というのがあるんですけども、彼らは「石火矢を作れる」という能力があるから、あそこで飼われているのであって、どちらかというと「弱者には厳しい環境」なんですね。


     だけど、タタラ場の中で結婚している人もいるんだから、子供が産まれないはずがないですよね?

     にも関わらず、子供の姿がまったく見えないということは「外の子供を引き取らない」のと同時に、おそらくは、すごく厳しい「産児制限」、つまり「子供を産んじゃいけない」というルールを敷いているんだと思うんですよ。

     たぶん、このタタラ場の中に蔓延する、男をバカにして「女の方が強いんだ!」と言うような文化も、同じような目的で、意図的にエボシが作っているんだと思います。


     もっと大きい村になって、もう少しみんなの生活に余裕が出来るまでは、できるだけ無軌道に人口が増えないように、かなり注意している。

     これが、エボシ御前が単なるいい人に見えない、矛盾点の1つ目です。
     
    ───────────────────────────────────

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!
    http://blog.livedoor.jp/okada_toshio/archives/51552665.html

    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         ヤムアキ
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         マグネシウムのタツヤ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
  • 岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【『ユーチューバーが消滅する未来』を生き抜くには? 3 】 “愚かなスネ夫” と “賢いスネ夫”」

    2019-02-15 06:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2019/02/15
    ───────────────────────────────────
    今回は、ニコ生ゼミ02月3日(#267)から、ハイライトをお届けいたします。

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

    ─────────────────────────────

     【『ユーチューバーが消滅する未来』を生き抜くには? 3 】 “愚かなスネ夫” と “賢いスネ夫”


     じゃあ、こういう僕が話しているようなニコ生とかYouTubeというメディアは、これから先もずっと安泰なのかっていうと、とんでもないんですよ。

     ここからが村上くんに話したことなんですけども。


     村上くんに話したのは「以上のようなことが、ついこの間までの常識でした」というのを前提にして、「ここから先は “大型恐竜” が滅びる時代に入ります」ということなんです。

     いわゆる、ネットワークの会社、それはYouTubeにしても何にしてもそうなんですけども、「そういう大型の会社が、身体が巨大になった故に、大型恐竜のように滅びていく世界で生き残る算段をした方がいいですよ」っていう話をしたんですね。

    ・・・

     たとえば、ディズニーにしてもNetflixにしても、ここから先、どんどん予算を掛けて映画をシリーズモノとして作るでしょう。

     なぜ、マーベルのヒーローモノが “マーベル・シネマティック・ユニバース” みたいに世界観を共有しているのかというと、「1本当たりの予算が大き過ぎるから」なんですよ。


     1本当たりの予算が大き過ぎるから、失敗は許されない。

     だからといって、失敗しないとは限らない。

     そのために、他の作品と同一の世界観の中に全てを組み込んで、シリーズ全体の人気で支えていこうという方式だから、なんですね。


     いわゆる「アイドルグループとかをやる時に、最初はメンバー間の人気の格差があるんだけど、続けていれば、そのグループ全体の人気が上がっていく」というのと同じように「各マーベルヒーローも1つ1つを見れば、人気があるヒーローないヒーローがあるんだけど、続けて行けば、徐々に徐々にグループとしての人気が上がって行く」という考え方なんですね。


     だから、今のディズニーにしても、マーベルにしても、映画をやる時は必ず、続編があって、それがシリーズ化されて他のものと組み合わせるようなものでないと企画ができない。

     でも、そんな絶対に面白いものを作るためには、やっぱりお金も掛かるし準備も大変だから、もう本当にハズせない作品ばっかりになっているんですね。

     大型恐竜がどんどん戦闘力を強くして身体を巨大化しているのと、すごく似ているわけです。

    ・・・

     こういう大型恐竜を、“ジャイアン” みたいに考えると、「いや、その大型恐竜の近くにいれば、自分も生き残れるだろう」というのは “スネ夫” 的な考えです。

     ……まあ、これを僕は「愚かなスネ夫」と呼んでいるんですけどね。


     世の中には愚かなスネ夫と賢いスネ夫があるんです。

     そして、「いや、今Netflixさんが金出してくれるから、Netflixさんでアニメ作りましょう! Amazonさんがお金出してくれるから、Amazonさんでアニメや映画を作りましょう!」というのは、これは愚かなスネ夫の戦略なんですよ。

     なぜかというと、それら全ての大型エンターテイメント産業というのは、考える間もなく「ハリウッドの歴史が示す通り、先がないから」なんですね。

     予算が大きくなってくるに連れて、どんどん「1本外れれば会社が倒産」というリスクが上がっていくわけですから。

     現にMGMスタジオは、エリザベス・テイラー主演の『クレオパトラ』という映画が1回コケただけで、あっという間に芝生に水を撒くお金もなくなって、スタジオの前は焼け野原みたいな外見になって、倒産までしちゃったんですけど(笑)。


     この方式って、やっぱり、無理があるんですよ。

     どんどん予算を掛けて巨大にしていこうという考え方に、そもそも無理があるんです。

     そして、大型恐竜が滅びる時というのは、大きな恐竜は大量の餌が必要だから、それが倒れる前に、やっぱりそばにいるスネ夫が食われることになるんですね。

     つまり、「AmazonとかNetflixにすり寄って、なんとか場を貰えた、作品を作れた!」というふうにやっても、それらの会社が傾き出すと、勝手に安売りを始められてしまうんですよ。

     いわゆる “ZOZO離れ” というやつですね。


     ZOZOTOWNが大きくなって行く時は良いんだけど、ZOZOTOWNがいざ大きくなって、ある臨界値に達して、会社が危なくなったらどうなるのかというと、自分達が借りているいろんなブランドを勝手に安売りしようとして、そしてブランドが離れていく。

     つまり、大きい恐竜というのは、倒れる時に “共食い” を始めるんですね。


     こういうことがあるから、賢いスネ夫は、あまりそういうところに近寄らない方がいい。

     なんか、大手のテレビ局とか芸能事務所に残ると、実は生き残れそうで生き残れないんです。

     最後には食い物にされるからですね。

    ・・・

     それよりは、小型の哺乳類の方が有利である。

     つまり、賢いスネ夫戦略です。


     たとえば村上さんが映画の話したんですけど、映画でいえば、テレビ局が企画して大ヒットの漫画を映画化する。

     「村上さん、関ジャニの皆さん、ジャニーズの皆さん、これの主演やりませんか? 予算は20億です」これが大型恐竜の発想法なんですよ(笑)。


     こんなのをやってても、そこで一発ハズレたら、もう主演のチャンスは4年か5年は来ないんですよ。

     こんなリスクのある賭けに出るべきではない。

     それよりは、村上くんがやることは、村上くん自身が自分のiPhoneでシナリオを書いて、それを自分のiPhoneで撮影する。そういう自分で脚本監督をする小さいドラマを作った方がいいですよ、と言ったんです。

     そしたら村上くんは「あ、俺、一人芝居やってるし、そんなん、やりたいこといくらでもあるわ」って言ってました。


     だから、スタッフも、もう「金を払って雇う」んじゃないですよ。

     そうじゃなくて、村上さんの周りにいる「ちょっと手伝いますよ」とか、「だったら、タダでいいですよ」という人をタダで使って、それがヒットした時にペイバックすればいいじゃないですか。

     そう聞いた時に、「そんなもん、やるやつ、いくらでもおるわ!」って、村上くんが「あー!」ってやって、「ここから先は、もう話すのはやめよう」という顔をしたのが、メチャクチャ面白かったです。

     「このラジオで話してはヤバい」という感じになったんですけども(笑)。

     そうなんですよ。スタッフ自身も、iPhoneのLINEとかで集められる顔馴染みだけでOKなんですね。


     その後、マイクが回ってない時に、具体的な総予算も言ったんですけど、「10万円以内にしてですね、週に1本撮る」。

     週に1本撮って、次の1週間は編集に当てる。そうすると1年間は50週間あるから25週、つまり25本出来るだろう、と。

     この25本の映画を、全部、自分でやるのは面倒なので、自分はそのうちの10本だけやって、残り15本は、いずれ監督をやりたいとか思っているような仲間に譲っちゃって、作った方がいい。

     そうすると、巨大予算の代理店が付いていて、原作もあるような、他人が作る映画に「ハイ! 主役でございます!」という立場で、年に1本とか2年に1本出るよりも、年に10本、短編映画、コントでもいいし、1人芝居でもいいんですけど、そういうものをやってる方が、絶対に勉強になるんですね。


     「年に10本映画を作った」という経験は勉強になるんだけど、他人の映画に年に1本しか出なかったら、そんなに勉強にならないんですよ。

    ・・・

     この短編映画の売りは「村上信五 監督」というだけなんです。

     だから、そこに特化して構わない。

     大予算を掛けずに、短いコントか、逆に超シリアスな1人芝居、モノローグだけのものにするんです。


     これが、小型哺乳類の生き残り方なんですね。

     つまり、大型の恐竜の近くにいて他に一緒に餌を漁ろうとするんじゃなくて、そういう大型恐竜が滅びゆくところで生きて行く、代謝率が高く素早い小型の哺乳類の生き方。


     大型恐竜は大予算で大ヒットを狙うんですよ。

     それに対して小型哺乳類はゼロ予算でヒットを狙わない。話題になることだけを狙う。

     「村上信五がまた映画を作った!」とか、「また今回も面白くないぞ!」で、全然構わない。

     それよりは、年に25本作ることだけを目標にして、延々と作っていけばいいよっていう話をしました。

     9c03111a228d650d45169e4a7c921796706d0eff

    ─────────────────────────────
    ──────

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!
    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         ヤムアキ
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         マグネシウムのタツヤ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
  • 岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【『ユーチューバーが消滅する未来』を生き抜くには? 2 】 目的を“動詞”に変えてコントロールする」

    2019-02-14 06:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2019/02/14
    ───────────────────────────────────
    今回は、ニコ生ゼミ02月3日(#267)から、ハイライトをお届けいたします。

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

    ─────────────────────────────

     【『ユーチューバーが消滅する未来』を生き抜くには? 2 】 目的を“動詞”に変えてコントロールする


     c13a5c37e81d0b96ee5507af52d30eb3c0e44ae1

     前回の放送でもちょっと話したように、ホリエモンとかキングコングの西野くんは、この未来格差というのをすごく意識しているんですね。

     なぜかというと……これは前回、話さなかったことなんですけども、これは明らかに、それぞれキングコングの西野くんにもホリエモンにも “不幸” があったからですよね。

     だから、未来に対する感性が豊かなんです。


     ホリエモンなんて、逮捕されて刑務所に1年半も放り込まれたんですよ?

     これによって、それまで蓄えていた生きていくための基盤とでもいうような、ビジネスのネットワークというのを、ほとんど全て失ったわけですね。


     キングコングの西野くんは『はねるのトびら』が打ち切りにあって、「芸人としてもう終わった」と認定されたんですね。

     この終わった認定されていた当時のキングコングをルミネでちょっと見たことがあるんですけども、西野くんがやたら早口で漫才するだけで、逃げるように舞台の袖へ帰っていくような漫才で「これは、こいつらもうダメだわ」って、失礼ながら、その時には思ったんですね。


     僕にしても、西暦2000年から2003年くらいまでの4年間、全く本が売れなかったんですよ。

     この時期は、たぶん、僕の人生の中で最悪の時期で、生涯であんなに苦しかったことはないです。

     なぜかというと、どうしていいのか全く思いつかなかったからです。

     だって、何をしても売れないんですもん。


     どんな本を書いても売れない。

     本を書くしか能がないのに、何を書いても全く売れないんですよ。

     これはね、本当にシンドかったんですよね。

    ・・・

     その時に、それぞれみんな、得るわけです。すごい苦しい時に、みんな得るんですけど。

     僕が得たのは「 “売れる” というのは受動態だ」という気付きだったんですね。


     「何か面白いことを書く」というのは動詞、能動態なんですよ。

     だから、自分の意思で行えるんですけど、「面白がられる」とか「売れる」とか「ウケる」というのは、人任せで、コントロールできない受動態なんですよ。


     たとえば「小説家になりたい」と言う人がいるんですけど、この「小説家になる」というのも、実は受動態なんですね。

     なので、それを動詞に変換する。

     「小説を書く」、「書いた小説を持ち込む」、「投稿する」という動詞にすると、ようやっと、人任せではない、他人にコントロールされないことになる。


     つまり、「小説家になりたい」と思う時というのは、ついつい「誰かに見出してもらう」というふうに発想になるんですけど、「小説を書きたい」、「書いたらどこかに持ち込みたい」、「どこかに投稿したい」になると、問題は全部自分のアクションのみになってくる。

     そうなると、最終的に「賞を受賞するかどうか」という部分だけが、他人のコントロールになるんですよ。


     他人のコントロールというのは完全にゼロにすることは出来ないんだけど、そんな中でも、自分でコントロール出来ることを出来るだけ増やすことが「〇〇になる」ということに一番近いんですね。

     だから、漫画家でも小説家でも何でも同じなんですけど、「〇〇になりたい!」と思っている人は、それを出来るだけ動詞に転換するようにしてください。

     ちょっとここら辺、熱くて面倒な話をしてますけども。

    ・・・

     これは、誰でも同じだと思います。

     このコントロール出来ない状況、たとえば西野くんだったら「テレビに呼んで貰う」とか、「面白おかしくイジって貰う」みたいなことは、コントロール出来ないから、出来るだけコントロール可能なことを増やすために、いろんな事を始めるわけですね。

     その結果、ホリエモンというのは、オンラインサロンを始めたし、西野くんは最初1人で舞台を始めて、それのチケットも自分で売るという、全て自分のコントロール下に置こうとしたんです。


     もちろん、これをすることで、規模は小さくなるんですよ。

     それまでは「ライブドアだ! 野球のチームを買収する!」と言っていたホリエモンは、あっという間にビジネススケールがすごい小さくなってしまったし。

     西野くんにしても『はねるのトびら』というテレビ番組で大人気で、もう本当に視聴率何十パーセントも取っていたような人間が、いきなり自分の1人舞台のチケットを手売りで売ってるから、他所から見たら、すごい小さくなったように見えるんです。

     ところが、それらは全て “自分がコントロールできるパーツ” で出来てるんですね。

     これが生き残るコツなんですよ。

    ・・・

     僕自身も何をやったのかというと、2000年から2003年までの反省をベースに、出来るだけ他人が関与するような仕事というのを削っていって、自分だけで100%出来る、まあ具体的にいえば、今やっているニコ生とかYouTubeの仕事に、ものすごい注力していったわけですね。

     そういうふうにやっていくと、やっぱり、ニコ生とかYouTubeの何がいいかって、「出版社の偉い人がOKを出して~」みたいな “編集会議” がないんですよ。


     たとえば、これがテレビの番組だったら、今日、僕が「『メリー・ポピンズ』の話をします」って言ったら、まず、企画会議を通さなきゃいけないわけですね。

     いろんなところにOKを貰って、外注さんに映像の発注とかをして、フリップの発注とかもするんですけど。

     そんなことをやってたら、面白いことなんて出来ないわけですね。


     思いついた楽しいことをすぐにやりたいのに、なんで他人の許可が、それもろくに企画のこともわかってないようなヤツらの許可が必要なのか?(笑)

     そういうふうに、テレビのようなメディアだと、時間とか枠に囚われちゃうんだけど、ニコ生やYouTubeなら、何を話すのか自由。

     なので僕は、ここの部分だけコントロールしようとしました。

     つまり「どんなネタで何を喋るのか?」という、この部分だけでも、全て自分のコントロール下に置こうとしたんですね。

    ・・・

     本を書くというのも、さっきも話した通り、何よりも本を書く前に、その本の内容に関して企画会議でOKを貰わなきゃいけないんですよ。

     企画会議でOKを貰わないと、本を書いても無駄になってしまう。

     使って貰えないんですね。

     ここがコントロールできなかったんですけど。


     しかし、今のように「ニコ生とかYouTube用に何を語るのか?」という部分だけに集中させて貰えた結果、僕の場合は、単純に考えて単行本を書いている時よりも、今、皆さんに僕の考えとか感じていることを伝える効率においては、10倍から100倍くらいに増えているんですね。

     観客数で言っても、それくらいになっています。

     今、ニコ生とかYouTubeを見てくれている人というのは、かつて僕の本を読んでくれた人の10倍から100倍くらいの人数がいるんですけど、そういう皆さんにリーチする、手が届くようになって、こちらが考えていることを伝えられるようになりました。

     これは「売れる」ではなく、「好きなことを話す」という動詞形に切り替えたからなんですね。

    ───────────────────────────────────

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!
    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         ヤムアキ
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         マグネシウムのタツヤ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501