• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 次回配信予定
    • 2019/01/21
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【Amazonプライム】岡田斗司夫ゼミ#155・対談 真木太郎『この世界の片隅に』プロデューサー初登場! この時代、監督の好きな作品を作ってもらう重要ポジション プロデューサーとは?」
    • 2019/01/22
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「地図を描くと分かりやすい『風の谷のナウシカ』研究」
    • 2019/01/23
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「クシャナとナウシカ2人の物語である『風の谷のナウシカ』」
    • 2019/01/24
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【なぜ高畑勲は『ナウシカ』を30点と評したのか? 1 】 生活描写を犠牲にしてアクションを描いている」
    • 2019/01/25
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【なぜ高畑勲は『ナウシカ』を30点と評したのか? 2 】 問題の解決を “神様” に委ねている」
    • 2019/01/26
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「痴漢冤罪を防ぐにはどうすればいい?」

    岡田斗司夫の毎日ブロマガ「『アナと雪の女王』 ”Let It Go” の意味から見えるヒットの秘密」

    2019-01-20 06:0012時間前
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2019/01/20
    ───────────────────────────────────

    おはようございます。

    今日のメルマガは、岡田斗司夫の最新情報をお届けしています。
    興味がわいた方は、ぜひ ご覧になってください!

    **************************************

     【ニコ生】『岡田斗司夫ブロマガチャンネル』
     今夜 20:00~21:30 岡田斗司夫ゼミ#265

     今夜のニコ生ゼミは、『アナと雪の女王』特集です。

     ポイントの1つ目は、あの大ヒットした主題歌 ”Let It Go” について。


     日本でのメガヒットの理由は、主題歌の「意味を変えてしまったところ」だと思います。

     原詩の持っているネガティブでダークな雰囲気を、明るくハッピーに変えてしまった。

     この変更は、現在の日米アニメの逆転現象を象徴してると思うので、そのあたり突っ込んで講義します。


     ポイントの2つ目は、『凍てついた世界への逃避』。

     実はスーパーヒーローものでは、心傷ついたヒーローが寒い世界に1人で籠もるというのはお約束パターン。

     いくつかの名作を例に、「アナ雪の新しさ」を解説します。


     また、今回から「今週のオススメ5」というおすすめコーナーが開設されます。

     今回はその第一回。

     『異世界おじさん』などを紹介予定です。

    *********************************

     ちなみに、前回のニコ生岡田斗司夫ゼミ#264
     「『ブラナウシカ』風の谷を風景として考える&世紀のお宝!巨大セル画「ゴムマルチの王蟲」

     表放送 https://bit.ly/2FIqKBM
     表+裏 放送 https://bit.ly/2RAlG9z

     表放送

     00:00 王蟲セルの裏
     04:35 トルメキアの襲撃
     10:53 ナウシカのOP
     18:10 巨神兵
     29:13 ナウシカの雲のカット
     37:05 高畑勲が『ナウシカ』に30点をつけた理由
     46:05 マルクス思想
     52:05 『耳をすませば』

     裏放送
     
     01:18:51 トルメキアと風の谷の盟約
     01:28:17 風の谷の生き方を伝える
     01:35:29 価値観の変換
     01:38:47 ナウシカ2
     01:47:37 王蟲が主役になる話


     上記ゼミ、時間がないからテキストで読みたい!
     という方は、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用岡田斗司夫アーカイブ がおすすめ。

     裏放送だけでなく、テキストデータをざっと読むことも、そのテキストで気になった箇所だけワンクリックで動画も見ることもできます。

     岡田斗司夫名言動画集のシステムも使えて、検索もらくらく。


     動画もテキストデータもコンテンツ見放題「メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ」は、月額2,160円(税込)。

     ご入会はこちらから! 

    **********************************

     【YouTube無料動画】
     
      岡田斗司夫ゼミ1月6日号
     「ナウシカ特集〜幻の王蟲ゴムマルチ・セル画初公開!冒頭18分でわかる風の谷の歴史」

    *********************************

     【ニコニコニュース】
     1/16、ニコニコニュースORIGINAL に、以下の岡田斗司夫ゼミの紹介記事が掲載されました。

     『風の谷のナウシカ』の撮影で使われた超貴重な “王蟲のセル画” を公開!
     バラバラのパーツを組み合わせて映像を作る驚きのギミックを評論家がご紹介
     
    ───────────────────────────────────
    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         ヤムアキ
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         歴史のカオリ(FREEex)
         マグネシウムのタツヤ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
  • 岡田斗司夫の毎日ブロマガ「リア充と非モテ、その発生のメカニズム」

    2019-01-19 06:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2019/01/19
    ───────────────────────────────────
    今日は【岡田斗司夫アーカイブ】から選りすぐり 2016/10/30放送の『ニコ生ゼミ』
    のハイライトをお届けします。


    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

    ─────────────────────────────

     リア充と非モテ、その発生のメカニズム


     リア充というのは、この世の中のすべてのことを自分は楽しむ権利があると思い込める人なんだよね。

     レストランでハッピーバースデイというふうな例のイベント。

     店員さんがケーキを持ってきて、なんかハッピーバースデイって店内の人が皆言い出しても、わりと平気な人。

     僕はもうホントにダメなんだけど。


     で、非リア充、つまり非モテっていうのはそういうのに関して「資格がいる」っていうふうに思っちゃう人だよね。

     たとえば、「自分はブサイクだからダメだ」とかいうふうに考える。

     だってクラブでもどこでもそうだし、都内の一流ホテルでもそうだし、ブティックでも何でもそうなんだけど。

     僕よりデブもいるし僕よりブサイクもいるし、いくらでもいるんだよ。

     でも非モテの人間は必ず「自分なんか」って、絶対に考えちゃうんだ。

     だから、そういうふうな場所に行けない。

     僕だって行けないんだよ。

     今日はそういう話ね。


     なんかパスポートみたいなものがあると考えちゃうのかね。

     そんな資格は自分にはないと考える。


     だからリア充はスタイル悪くてもホテルのプールに行けちゃうし、それに対して非モテはスタイルは普通であっても、そんなホテルのプールなんてそんな場所は凄い人が行く場所でって考えちゃう。

    (中略)
     
     こっから今日の話ね。

     僕が思うに、リア充には3種類いると思うんだ。

     ひとつ目は「天然」。

     本当に子供の頃から明るく育って、楽しくいけると思っている。

     親が天然のリア充の人は、リア充になりやすい。


     あとコスプレイヤーの人もいるよね。

     そういうふうなコスプレすることが全然恥ずかしいことと思わない。

     そういう天然の人がいる。


     2、「養殖」。

     リア充なんだけど、養殖のやつも多いんだ。

     中学校とか高校の時にそういう友達から誘われて、だんだんリア充になっていく。

     小学校とか中学校の時は引っ込み思案だったのが、人から誘われたりして、いわゆる高校デビューというやつだよね、リア充の世界に行った。


     3番目は何かというと、僕は改造と呼んでるんだけど、この3種類ね。


     リア充にはこの3種類あると思います。

     3種類目の「改造」は、金持ちになったのでロレックスしてみようかというようなやつだよね。

     つまり、さっき言った資格がいる、その資格は何かというと、俺は成功したから、俺は金持ちになったから、私こんな人と結婚したからという理由でロレックスしたり、急にリア充っぽいことをやる。

     なので、僕たちが憎んでる、彼女問題とかいろいろあってからさ。

     僕、なかなかニコ生のみなさんに対して「僕たち」と言いにくいところがあったんだけど、もう自分のなかで整理がついたから、僕たちって言えるんだ。

     なんでかって言うと僕、自分のことを非モテだからとはっきり言えるからなんだけどもね。


     だから僕たちね、非モテの人間がリア充の人たちを見たら、なんかInstagramとかに昼飯とかをあげてたりとかそういうようなヤツいるじゃん。

     あれに対していい加減にしてムカムカとか、なにやってんじゃんって思ってんじゃん。

     でもあいつらって、じつは天然と養殖と改造に分かれてて、Instagramで自分の生活を楽しそうにいうヤツって僕、絶対に改造だと思うんだよね。


     つまり、最近言えるようになった。

     だからあれ、改造リア充なんだよ。


     天然リア充っていうのは、自分の生活が楽しいからそういうふうなこと、Instagram楽しいなということでランダムに写真やるから、べつにオシャレな写真ばっかりじゃないんだよね。

     で、養殖リア充っていうのはまわりの友達がリア充で自分も雰囲気にのって一緒にリア充やってるから、恐る恐るつき合いみたいな感じでInstagramにそういうふうな写真をあげる。


     しかし、気の毒な改造リア充っていうのはダメだよね。

     僕たち非モテだから、リア充を語るときは憎しみ配分が3割くらい入っちゃうから、こんなに楽しそうに悪口になっちゃうんだけど、改造リア充っていうのは何かというと、むりやり自分たちのなかで楽しいところとかキレイなところを見つけて、それをやって、それで人に評価されようとしちゃう。

     なんかリア充にその3種類があると、僕は思ってんだ。

     同じように実は、非モテも3種類あると思うんだよ。


     非モテも天然と養殖と改造があると思ってるんだ。

     非モテの天然というのは恥ずかしがりなんだよ。

     どちらかというと引っ込み思案だったり。


     僕、小学校の低学年までは心臓に先天的な欠陥がある心臓弁膜症というやつだったんだよね。

     なので子供の頃、まったく運動ができなかったんだ。

     小学校4年からはすごい太ってきて肥満になったので、こういう人間はやっぱり非モテになるんだよ。

     それはなんでかっていうと、友達と走ってても走れないとか、肥ってるから恥ずかしい、からかわれるというのを含まれて、僕は天然の非モテなんだよね。

     つまり、何かやるときに自分が前に出るときに、どうしても子供の頃の、たとえば走れなかったとか、太ってたとか、そういうふうなコンプレックスが前に出て、「自分には資格がないから」と思っちゃう。

     今も太ってるんだけどさ。

     これが天然種の非モテだ。
     

     養殖の非モテっていうのは何かっていうと、イジメ体験で大体起こってくる。

     つまり、天真爛漫に育ってたんだけど、友達に何か言われたりイジメられたり人間関係でトラブルが起きた人間というのは、「自分にそんな資格がない」というふうに思っちゃんだよな。


     面白いのは、リア充も非モテも養殖っていうのはまわりの友達で起きるんだ。

     リア充の非モテも、まわりの友達がリア充だからひっぱりあげられるのと同じように、非モテの養殖もまわりの友達から疎外されたり、いろんなことがあった瞬間、つまり人間関係でリア充と非モテというのができてしまう。

     改造というのが3番目にあってさ、この改造がオタク界では「にわか」と言われたやつだよね。

     つまり自意識ライジング系といってもいいし、宗教にハマるとかセミナーとか、自分から普通じゃいけないと思っていて、自分のキャラ付けで始まってしまう人もいるんだけど、その結果、非モテになってしまう。

    **************************************

    この記事は【岡田斗司夫アーカイブ】から選りすぐって、ハイライトをお届けしました。

    全文が気になる方、他の記事や動画も見たい方は、
    岡田斗司夫の動画見放題、テキスト読み放題の
    メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)
    でお楽しみ頂けます。

    ご入会はこちらから!

    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         ヤムアキ
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         歴史のカオリ(FREEex)
         マグネシウムのタツヤ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
  • 岡田斗司夫の毎日ブロマガ「『風の谷のナウシカ』 幻の王蟲のセルを公開します」

    2019-01-18 06:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2019/01/18
    ───────────────────────────────────
    今回は、ニコ生ゼミ01月06日(#263)から、ハイライトをお届けいたします。

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

    ─────────────────────────────

     『風の谷のナウシカ』 幻の王蟲のセルを公開します


     王蟲のセルが発見されたので、約束どおり今からちょっと公開しますね。

     入手の経緯は2018年5月6日のニコ生ゼミで話したので、そっちを見てください。



     もうちょっと具体的に言うと、昔アニメショップではセルを売っていたんですね。

     “セルを売っていた” というのは、アニメ会社から仕入れたセルをそのまんま売っていたわけではないんです。

     “売れるセル” と“売れないセル” を仕分けしなきゃいけなかったわけですね。


     それで、いわゆる販売店のアニメショップと、その中間にある管理会社みたいなものが、別会社なわけですよ。

     それでセルっていうのは、撮影所から “廃棄物” として届きます。


     正確に言うと、『風の谷のナウシカ』だったら当時は“トップクラフト” って会社が作ったんですけど。

     トップクラフトがアニメショップにセルを売ったのではなくて、トップクラフトという『ナウシカ』を作った会社は、撮影が終わったあとで「もうこのセルはいらないな」となって、産業廃棄物としてお引取り願ったわけですね。

     その時に中間の会社が「いや、産業廃棄物代を払わなくても、わが社が無料で引き取ります」と。

     お金がかかっちゃいますからね。

     「その代わり、その中でイイヤツはアニメショップで売りますよ」と言ってきたわけです。

     そういうふうに言われると、アニメ会社としては資金も苦しいですので、「産業廃棄物の処理代を払わなくて引き取ってくれるんだったら、ありがたいわ」という事で、セルをそのまま譲り渡したわけですね。


     そうすると中間の会社はですね、またその膨大にあるセルの中から、使えそうなセルを探し出すんです。

     だいたいそのセルっていうのも、つまんないセルが多いわけですよ。

     口パクの口だけとか、手だけとか。

     そういう中で、使えそうなヤツと背景を組み合わせて、やっと意味があるセルを見つけたら、それをホッチキスで止めて、袋に入れて、300円とか500円とかで売っていた。

     そういう時代の話です。


     そんな中で発見されたのが、『風の谷のナウシカ』の王蟲のセルですね。

     では、一番最初の小さいセルをご覧下さい。
     
     4b31aadf9283eb295491c720825aaadaedc6de39

    ・・・

     今、僕はボール紙の部分を触ってますけども、ここから先は手袋をします。

     633f32a310b01704924414464ab305f1aee4f3b7

     これが王蟲のセルの試作品と呼ばれています。

     これがバラバラのパーツですね。


     一つ一つが、塗ったセルを切り抜いているわけですね。

     3d88f606a62b706289ae63a2a6a5c55c4259898f

     それで、こうやってバラバラのパーツ状にしているんですよ。

     ceac5660848549026bfe6bec615d381cc35082d1

     このセルは、裏から直に描いています。

     だから、ここに見える絵っていうのは、裏から「表側は、こうなるんだろうな」と想像しながら塗るわけですね。

     なかなかの職人仕事です。

     それで、こうやって塗ったものを、一つ一つパーツを切り出して、バラバラにして、合わせて王蟲の形にするわけですね。
     

     (補足:組み合わせる時に一本の平ゴムに各パーツを貼り付けます。そしてゴムに繋げた持ち手を引っ張ると王蟲の体が伸び縮みします。この仕掛けを使った密着マルチ撮影は特殊なもので、ゴムマルチと呼ばれています。)


     では具体的な動きを見せます。

     次の縦型のヤツをご覧下さい。

     125ab3c7fdaf9e0eecfb588380188205c546b285

     これが王蟲が襲ってくるシーンで使われた実物のセルです。

     この下の黒い部分を引っ張ると、中の一つ一つの切り出したパーツが別々に動くんですね。

     ab8d59a65fba7342408f06bce99afeff7a9bc523 
     86b035b25018195652af0cf4b5cfa037c09c1f59 
     874a10be7ecaf1f7cf7257cb0ef43af33501efcb
     feac5002f00fe4060710ec4db215803c8407e37c
     f5e0c2b6f22cc11212fe484107071b0914b7a97c
     22960258d260f558078901abf5385463f0d33f32

     映画の『風の谷のナウシカ』の動きになってるでしょう?

     これを撮影の時に、本当に動かして撮るから、王蟲がまるで生きているように見えるわけですね。


     それで、今回 発見されたナウシカのセルが三種類です。

     それで一番大きいセルをご紹介します。

     デカイです(笑)。

     a1f40738d57cc67b5a5f0c70a3da1e5a8076f4ee

     これが最大サイズですね。

     王蟲が横向きに移動するシーンです。


     では、引っ張ります。

     これで『ナウシカ』のアニメを作っているわけです。

     ead9642aabcbdad277e731f334281ef8fe7cfdf3
     548fd961d5ff05befc69f77b9d28e45ffa6d06af
     548fd961d5ff05befc69f77b9d28e45ffa6d06af
     82b8d524ffef70fe6eb755d24770d1799770256d
     ba474e4a995d15c104fa708c364a95b464e36917

     それでこのセルの下には “ゲージ” と呼ばれる、すごい細かい「今のセルの位置がどの辺にあるのか?」という線が引いてあって、「コイツを何ミリ引っ張れば、どう動くのか?」っていうのが、ちょっと分かるようになっています。

     04090415059f4349d4af5aedab6c4100386fec83
     
     これは本来は水平にして真上から撮影するモノなので、水平に写すとスムーズに動くようになります。

    ・・・

     00f5caea2dd0d5bbf6fa82325cad065cee686fcf
     手袋を脱ぎますね。

     あぁ、怖かった(笑)。


     “ハーモニー処理” といって、セルとまったく違う質感が出るんですけども、実は、どういうふうに作ってるのかっていうのを知らない人が多いんですね。
     
     で、僕がこういうモノが好きなのは、特撮と同じなんです。


     アニメを作る部分って、ほとんど絵画であったり、動きであったり、演技であったりするんですけども、時々 “工作” の時があるんですね。

     それで、その “工作” の部分が、模型心をすごいくすぐってくるんです(笑)。


     実は今年の秋、ハリウッドに世界最大規模の映画博物館が出来ます。

     それで、そのハリウッドに出来る世界最大の博物館の第一回の特集展示が『宮崎駿』だそうです。 

     それで、おそらく来年あたりに宮崎駿さんの映画の新作が出来る見込みがついたんじゃないかなぁというふうに、僕は考えています。


     で、そのハリウッドの映画博物館の話は、年末ぐらいにニュースに流れました。

     「まぁ、宮崎駿さんの新作が出来そうだから、鈴木敏夫がOKを出したんじゃないか?」というふうに僕は邪推をしているんですけども(笑)。


     で、その博物館の関係者から、実は年末に非公式に打診がありました。

     「岡田さんが王蟲のセルを預かってるそうだけども、ぜひそれを世界最大の映画博物館の第一回特集の宮崎駿の時に展示したい」というふうに打診がありました。


     ところが僕は今、これを預かっているだけでですね、所有しているわけではないのでですね、所有者に、それも所有者の代理人に聞くわけですね。

     もう本当に持っている人っていうのは、自分の正体を出したくないし、目立ちたくないという人なんで。

     とにかく人目につくのがイヤだから、「とりあえず岡田さんが代理人になって交渉してくれた方が望ましい」と言われてましてですね。


     今の所、持っている所有者の方が、ハリウッドの映画博物館に貸し出しをするかどうか自体の判断というのをしているそうです。

     僕はその判断を聞いていません。

     なので僕の方からは、これ以上 話せる事は無いんですけども、これほどの資料は 世界中の人に見せた方がいいと思うので、また続報があればお知らせします。


     (補足2:ニコ生ではお見せすることはできませんでしたが、セルを裏側から見るとこのようになっています。)

     deb41a7ff23ddfa17729435329cfec15f25a94be

    ─────────────────────────────
    ──────

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!
    http://ch.nicovideo.jp/okadatoshio-archive

    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         ヤムアキ
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         マグネシウムのタツヤ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501