• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫の毎日ブロマガ「『視聴者が選ぶアニメキャラトップ20』の番組、放送ではアレだったけど作ってる方はマジだったんだよ」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫の毎日ブロマガ「『視聴者が選ぶアニメキャラトップ20』の番組、放送ではアレだったけど作ってる方はマジだったんだよ」

2017-09-04 06:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2017/09/04
    ───────────────────────────────────
    今回の記事はニコ生ゼミ8/27(#193)よりハイライトでお送りします。

    今回はラノベの執筆まで手がけるオタク芸人・天津の向 清太朗(むかい せいたろう)さんとの対談内容を一部抜粋してお届けいたします


    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

    ─────────────────────────────


    「『視聴者が選ぶアニメキャラトップ20』の番組、放送ではアレだったけど作ってる方はマジだったんだよ」


    岡田:
     じゃあ、まず、向さんとは、昨日、僕が出ていた、フジテレビ系列で放送された『昭和VS平成 アニメ特撮漫画ヒーロー・ヒロイントップ20』という番組のランキングを見ながら、ちょっとお話をしようと思います。

     ランキングを見て、感想はどうでした?


    向:
     そうですね。今はまだ会員限定の放送ではないので……まあ、なんでしょうね。「まあ、うん」って感じですね。


    岡田:
     会員限定になってから本音を言うつもりやろ?(笑)


    向:
     うーん、そうですね。
     うーん、まあ「あの時間なら」という感じで。

     うーん。


    岡田:
     そう!
     そうなんですよ。

     「あの時間なら」なんですよ。
     
     俺、感心したのが、『ドラえもん』の映像使用の権利が取れなかったのに、ちゃんとドラえもんをランキングに入れているところが好感が持てる。

     あれ、テレビ的にはすごいですよね。


    向:
     そうですね。
     フジテレビがテレビ朝日のドラえもんの権利を取れるわけがないんですから。


    岡田:
     そうそう。

     だから、普通はランキングから外すのが常套なのに、あえて正直に仮面ライダーも、ドラえもんも入れてるところに、スタッフの本気を感じたんですよ。


    向:
     すごかったですね。
     でも、もうホンマに「第4位はドラえもん! ……はい! 続いて第3位!」みたいな感じで。


    岡田:
     いや、実はあれ、スタジオで収録してた時はけっこう長かったんですよ。


    向:
     えー?
     そうなんだ。


    岡田:
     やっぱりね、番組を作っている現場の人たちは、ちゃんとやりたいんですよ。

     「ランキングにドラえもんが入ったとしても、もう、映像が流せないのはわかってる!」ということで、収録現場で紹介VTRとしてアニメの映像の代わりに何が用意されていたかっていうと、たとえば、ヒロインのランキングでしずかちゃんの紹介が回ってきた時に“何もないお風呂場の映像”が用意されてたんですよ。

     ADの部屋で撮った感じの。

     それに対して、ケンコバさんが「しずかちゃん、おれへんやないですか!」ってツッコむと、加藤浩次さんが「え? 俺にはしずかちゃんが見えたで」って言う。

     そんなやり取りが、スタジオでは5分くらいあったんですよ。
     
     で、ドラえもんの時は、どら焼きの映像を見せて、また「ドラえもんが見えた」「見えへん」で、ケンコバさんと加藤さんが5分くらいやると。
     
     でも、放送ではそこら辺が丸々 全部カットされてて(笑)。


    向:
     テレビだなあ。


    岡田:
     だから、現場としてはちゃんとやりたいんだけど、ちょっと上の方になってくると、「いやいや、フジテレビとしてこれをやるわけにいかんよ」っていう。


    向:
     そうでしょうね。それは無理でしょうね。

     ドラえもんなんて、僕がラノベを書いているガガガ文庫も小学館なんですけど、その小説にも「匂わすことすら描いちゃダメ」って言われましたから(笑)。


    岡田:
     えー!?


    向:
     はい、ダメですよ、それは。
     “猫型のロボット”的なことすら書いたらもう、全然ダメです。

     すげえバツが帰ってきました。
     超アンタッチャブルでした。


    岡田:
     だから、地上波にしては、そこそこ頑張ってたんだけど、やっぱりオンエアされたらそうなっちゃうんですよね。

     僕ら出てる側としては、スタッフがすごい頑張って、本気でやってるのは伝わるし。

     このアンケートも、ガチで集計したデータをもとに作ってるから、結果的に単調なものになっちゃってるんですよ。


    向:
     そうかもしれないですね。

     収録時間 自体も、けっこう長かったんだろうなとも思いますし。
     共同テレビはね、基本、収録が長いですからね。


    岡田:
     共同テレビは長い(笑)。

    ・・・

    岡田:
     僕ね、そういうやり取り、放送でもわりと使われるのかなって思ってたんですよ。

     ところが、いざオンエアが始まってみると、収録の時には流れなかった映像とかがガンガン入って、結果的にスタジオでの尺がすごい短くなってたんですよね。
     
     なんかケンコバさんとかラサール石井さんみたいな、キメの一言が上手く短く言える人はオンエアでも使われるんですけど、平成世代の人の発言は、やっぱりほとんど放送には残らないんですね。


    向:
     いや、難しいですよね。

     まあ正直、平成には不利なランキングでもあったけど、でも、まあ、『ソードアート・オンライン』がちゃんと入っていたところを、とにかく誉めましょうよ!


    岡田:
     アハハ、わかるわ(笑)。
     ソードアート・オンラインが入っていてビックリですよね。


    向:
     ちゃんと入ったんです。
     「そこのターンで、平成組がよく喋れたんだ!」というね。

     立派だなと思いましたよ。


    岡田:
     あと、俺、『月光仮面』が出て来た時は、ビックリしましたよ。
     「これ、ホンマに、ガチやな」と。
     
     「60代70代までアンケート取りました!」って言ってたんだけど、そこの部分を聞き流していたんですよ。

     でも、月光仮面が資料映像と共に出てきた時には、「この番組、何するつもりや!?」と(笑)。


    向:
     そうですよね。それもだいぶ序盤に出てきますからね。
     29位くらいでしたよね。

     あれはよかった(笑)。


    岡田:
     ビックリしました。

     他には、プリキュアの……どのプリキュアなのか、正直わからないんですけど、あの時に出てきた、『プリキュア・アラモード』の紹介なんですけど。
     
     アラモード、見てはります?


    向:
     僕はプリキュア、ほとんど見れてないです。


    岡田:
     プリキュア・アラモードの紹介で「かわいさの掛け算! 動物×スイーツ」って書かれてたんですよ。

     俺、それ見て思わず「これ、頭おかしい!」って言いかけたんですけど。


    向:
     ダメですよ! ダメですよ!

     岡田さんはあくまで“解説”の席にいるんですから、そこでそれを言ったらね!


    岡田:
     そうそう、言えないんですよ、それを。

     だから、早いこと誰かが「これ、頭おかしい」って言ってくれるのを待ってたのに、みんな予定調和に「確かにこれはかわいい!」って言うんですよね。

     「落ち着け!」と。

     「スイーツとケモノを掛け合わせて、かわいくなるはずがないやろっ!」と(笑)。


    向:
     確かに、放送では誰もそこに触れてなかったですよね。

     「かわいいー!」って言って終わりですからね。


    岡田:
     あと、俺、ツラかったのが、『ガンダム』の紹介の時に、「今は“オリジン”が作られています!」って紹介されたんですよ。

     で、加藤さんが「みんなオリジンを見てるか? オリジンはすごいぞ!」って、すごい言ってたんですけど。
     
     俺、オリジン嫌いなんですよ。


    向:
     ちょっと、やめてくださいよ!


    岡田:
     で、「うわー、オリジンの悪口 言いたい!」って思っちゃって。

     だけど、そんなこと言ってもしょうがないから「何も言わなくていいか」って思ってたんだけど。
     加藤さんが「岡田さん! オリジン、すごいですよね? すごいですよね?」って。

     ……めったに俺なんかに話を振らないくせに、そこだけ振りやがって!(笑)

     だから、俺も「あれは今、ガンダムを一から作り直しているもので~」って。


    向:
     「すごいですよね?」に対して、「もう一度、説明をする」っていう珍しいケースですね。


    岡田:
     あれはツラかった!(笑)


    向:
     そうですよね。
     人が多いと、どうしてもね、変な質問がフワッと入って来ることがありますよね(笑)。

    ─────────────────────────────

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!
    http://ch.nicovideo.jp/okadatoshio-archive

    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         ヤムアキ
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         歴史のカオリ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
    次回配信予定
    • 2019/09/19
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「実は皇居と同じ大きさ〜言ってはいけないラピュタの謎」
    • 2019/09/20
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「ラピュタ都市伝説〜実在した「天空の王国」記録を検証する」
    • 2019/09/21
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「スラッグ渓谷とポムじいの秘密、そしてラピュタの本当のサイズが明らかに!」
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    岡田斗司夫ゼミからのお知らせ
    更新頻度: 毎日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥540 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。