• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫の毎日ブロマガ「岡田斗司夫のドイツ旅行記3 “本当は色鮮やかなゴシック教会”」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫の毎日ブロマガ「岡田斗司夫のドイツ旅行記3 “本当は色鮮やかなゴシック教会”」

2018-02-14 06:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2018/02/14
    ───────────────────────────────────
    今回は、ニコ生ゼミ2月4日(#216)から、ハイライトをお届けいたします。

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

    ─────────────────────────────

     岡田斗司夫のドイツ旅行記3 “本当は色鮮やかなゴシック教会


     僕が滞在したミュンヘンの中心地にあった有名な市庁舎は、ゴシック建築に見せかけた“なんちゃってゴシック”だったんですけど。

     じゃあ、ニュルンベルグには本当のゴシック建築はなかったのかというと、ニュルンベルクに行ったら、本物がありました。

     1f0f6547dd17d60ddc0955bb27a824bc559d6f23

     これは、ニュルンベルクにある “セントローレンツ教会” という建物です。

     一応、壁の一部には平面的な部分も残ってるんですけど、全体的に狂ったような彫り込みで覆われています。

     2190302dffc7a40e2525b558ebd2aa9924c7ca75

     こういう攻め方がゴシックなんですよね。

     この平面についても、一見するとただの平面な壁に見えるんですけど、これ、レンガの上に石の板を貼り付けたのではなく、ちゃんと石積みで作ってるんですよ。

     ゴシック建築とは、本来、こういった狂ったような建物だと思ってください。

    ・・・

     このローレンツ教会は、中もすごかったんです。内部はこんなふうになってるんですね。

     91e6af07fc168507a547bdc7d99832e14902070f

     僕らは、ゴシック建築と聞くと、古びて黒っぽいものばかりを想像しますけど。

     あれは、長年ロウソクだけが照明器具だった時代が続いたおかげで、ススで黒くなっているだけなんですね。

     このニュルンベルクのローレンツ教会は、珍しく、原色が残っているんですよ。

     これが本当のゴシック建築なんですね。


     僕らが思っている、「黒っぽくて地味でおどろおどろしい」というゴシック建築のイメージは、実は間違っているんです。

     どちらかというと、家康を祀っている日光の陽明門みたいなものを想像してください。

     あんなふうに、原色であったり金ピカであったりするのが、本来のゴシックなんです。

    ・・・

     それはなぜかというと、ゴシック教会というのは、天上の世界を表そうとしているからなんですね。

     「天国というのをこの世の中に再現する」というのがゴシックの教会のコンセプトなんですよ。


     今の教会の様式というのは、聖書の世界を絵で表そうとはしていないんです。

     「そういったイエスの教えというのは、聖書の中にあったり、あなたの心の中にあったり、信心にこそあるのです」という、19世紀以降の高度にモダニズム化・抽象化されたキリスト教しか、僕らは知らないんですよ。

     しかし、11世紀から14,5世紀までの原初のゴシック教会の時代には、「天国というのは本当にあるんだ! それをわからせるためには、それにそっくりな場所をこの世の中に作るしかない!」という熱意で作ってるから、中がもう金ピカなんですよ。

     これが、本当のゴシックなんです。

    ・・・

     こういった教会が、ちゃんとニュルンベルクに残ってたので、僕はすごく楽しかったです。

     ミュンヘンで、散々 偽物を見た後に、ニュルンベルクまで行ったら、本物があったんですよ。


     でも、このニュルンベルクという都市も、大爆撃されているんですけどね。

     連合国軍のドイツ国内の爆撃目標の第3位だったそうなんですけども(笑)。


     このローレンツ教会も、屋根とかは完全に爆撃でなくなってしまって、今 残っている昔からの部分というのは、写真で見せた入り口だけなんですよ。

     中は、戦後に復元したものしか残ってないんですけど。


     まあ、そういうわけで、実は僕はドイツには4日間しか行ってないんですけど、4日間、こういうものばかり見て楽しかったです。

    ─────────────────────────────

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!
    http://ch.nicovideo.jp/okadatoshio-archive

    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         ヤムアキ
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         歴史のカオリ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
    次回配信予定
    • 2019/11/13
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「今日のニコ生は、岡田斗司夫マンガ・アニメ夜話「ガンダム完全講義〜第32回」です!」
    • 2019/11/14
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「「とりあえず告白」よりも、ずっと成功率の高い「彼女できる」作戦とは?」
    • 2019/11/15
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「アニメやマンガの「聖地」で街おこしはできる?」
    • 2019/11/16
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「彼女を作る方法から、働きたくない悩み、アニメ聖地の街おこしまで、「論」を語る」
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    岡田斗司夫ゼミからのお知らせ
    更新頻度: 毎日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。