• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫の毎日ブロマガ「わかりやすく話をするコツを教えてください」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫の毎日ブロマガ「わかりやすく話をするコツを教えてください」

2018-08-18 06:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2018/08/18
    ───────────────────────────────────
    今日は【岡田斗司夫アーカイブ】から選りすぐり 2015/07/26放送の『ニコ生ゼミ』
    のハイライトをお届けします。


    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

    ─────────────────────────────

     わかりやすく話をするコツを教えてください」

    質問者:
     私は話をする時、いつも冗長になってしまい、上手く話すことができません。

     どうすれば岡田さんのように分かりやすく話すことができますか?

    ─────────────────────────────

     冗長になる人は、短く話そうとしないほうがいいよ。

     僕の話ね、「どうすれば岡田さんのように わかりやすく」って書いてくれてるんだけども、僕の話、冗長だよ。

     よくよく聞いてみると分かるけども。


     録音して聞いてみるとわかるけども、僕は、あることを言う時に、違う表現でいくつも重ねて言ってるから。

     たぶん他の人だったら5分で言えることを、10分ぐらいかけて話してるよ。


     パラフレーズっていうんだけどね。

     で、その代わり面白いように心掛けてるんだ。


     つまり人にはファイティングスタイルっていうのがあってさ、それは立ち技が得意だとか寝技が得意だとか打撃が得意だとかキックが得意だとか。

     それは生まれつきのものとか、それまでの年齢で培ってきたものがあるから、それぞれ変えられないんだよね。

     で、「話をする時、いつも冗長になってしまい」っていうことは、この人は話をするとき、長くなるというスタイルがあるから、長いことを利用して面白くするしかない。


     つまり、小籔タイプっていうのかな。

     話が長いんだけども、オチまで聞いたらちゃんと面白いタイプっていうふうに考えたほうがいいと思います。


     無理矢理 短くまとめる力を付けようとしても、そうしたら結論だけ言ってオチがないとか、話に深みがなくなっちゃうと思う。

     なので、話をする時に冗長になってしまうっていうことは、自分が話している事をいろんな角度から言って、同じことを繰り返さないようにするといい。

     パラフレーズみたいなもんだね。

     同じことを繰り返さずにこう言って、でもね、というふうに重ねていく。


     これ、今日、僕Synapseのサロンで話したんだけども、話をするときのコツっていうのは何かって言うと、順接、順接、逆接って言ったんだ。

     つまり、「つまり、つまり、でもね」って重ねる。

     で、「つまり、つまり」でずっと話しちゃうと、論理的に繋がるんだけども、感情的に繋がらないんだよね。

     で、「つまり、つまり、でもね」っていう「でもね」を3回に1回入れることによって話手自身の迷いが伝わると、聞いてる人間が選ぶことができるんだよね。


     こうやって、聞いてる人間が話に参加して、自分自身の考えを入れていかない限り、人間、話なんか聞いてくれないんだよ。

     人間は自分にしか興味なくて、僕の話をみんなが聞いてるのも、僕の話を聞くことによって自分の中で起き上がってくるものがあるから聞いてるわけであって。

     それは順接、順接の中に逆接の「でもね」というふうなことで僕の話してることを悩みながらも、さっきの話で言うと、「どれぐらいファンがいるのかな、いるんだろうかいないんだろうか、いればいいな、いないんだろうな、いや、いなくても当たり前だよね」というような順接と逆接を組み合わせることによって、聞いてる人が「俺はここだな」というふうに決めることができるんだ。


     決めれば、そこに参加することになって、ようやっと自分の話になるんだよね。

     自分の話にならないと、そんな長時間も人は話聞いてくれないから。

     ちょっと呼吸として、順接、順接、逆接、で。

     つまり何分か話をしたら、「でもね」と言って自分でも結論が出ない迷いを入れて、それでまた順接で繋げていくっていうようなことを心掛けてみて下さい。


    **************************************

    この記事は【岡田斗司夫アーカイブ】から選りすぐって、ハイライトをお届けしました。

    全文が気になる方、他の記事や動画も見たい方は、
    岡田斗司夫の動画見放題、テキスト読み放題の
    メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)
    でお楽しみ頂けます。

    ご入会はこちらから!

    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         ヤムアキ
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         歴史のカオリ(FREEex)
         マグネシウムのタツヤ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
    次回配信予定
    • 2019/12/12
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「ガンダム監督・富野が吠える〜ロリアニメの罪・天才の罪」
    • 2019/12/13
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「若かりし頃の富野監督は、なぜトラウマアニメ『海のトリトン』を作ったのか」
    • 2019/12/14
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「予期されていた日本アニメの未来~2010年の富野由悠季講演『這い上がるために』を語るよ!」
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    岡田斗司夫ゼミからのお知らせ
    更新頻度: 毎日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。