• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫の毎日ブロマガ「“月” が “死の象徴” として描かれた映画『ファースト・マン』の見るべきポイントを説明します」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫の毎日ブロマガ「“月” が “死の象徴” として描かれた映画『ファースト・マン』の見るべきポイントを説明します」

2019-02-25 06:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2019/02/25
    ───────────────────────────────────
    今回は、ニコ生ゼミ02月17日(#269)から、ハイライトをお届けいたします。

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

    ─────────────────────────────

     “月” が “死の象徴” として描かれた映画『ファースト・マン』の見るべきポイントを説明します
     
     84b3d85164f4bae4bd37e404a021a258c8fb1581

     今回は映画『ファースト・マン』を語ってみようと思います。

     『ファースト・マン』で描かれた事件を、映画とは違う方向から語ってみようかと。


     まぁ、いわば『ファースト・マン 番外編』なんですけども、かなり中身を喋っちゃう。

     というか、もうほとんど “浜村淳” 状態というのかな。


     浜村淳といっても分からないですよね。

     昔、関西で有名だった映画評論家なんですけども。


     “映画評論家” といいながら、ほとんどそのまんま映画のストーリーをしゃべっちゃうオジサンでですね、関西人に支持されてたんですよ。

     まぁ、支持されていた理由が「映画館に行かんでも、中身が全部分かるわ」という物凄い理由で支持されていたんです。

     さすがケチの関西人ですね(笑)。


     という事で、ほとんど中身を喋ってしまおうと思います。

     その理由がですね、『ファースト・マン』の興行成績がメチャクチャ悪いんですよ。

     第一週でもう8位なんです。


     それで、もうアイマックスで見れる劇場はどんどん減っているし、あと数日で消えてしまうからですね。

     もう今から見るべきポイントを説明しようと思います。


     それで、この映画はアポロや月着陸を描いた映画ではなくてですね、ファースト・マンになってしまった二ール・アームストロングという一人の男の人生の8年間を切り取って描いた世界なんですね。

     1961年に最愛の娘・2歳のカレンを亡くしてですね、その後1969年に人類初の月着陸を果たした。

     この1962年から1969年までの8年間を描いた映画です。


     それで全部見たら、初めて、最初の方にある “娘の死” という出来事と、“月着陸” というのが繋がっている事が分かるというですね。

     かなり文学性が強いというのかな、ちょっと考えながら見ないと分かり難い映画になっているんですね。


     たとえば “考えながら見る” という事のヒントで、映画の中でしょっちゅう “月” が出てくるんですけども。

     その “月” っていうのは何かっていうと、たとえばこれはエヴェンゲリオンでよくあるワンシーン。

     なんで綾波が月を背負っているのかっていうと、月が死の象徴だからですね。


     太陽が生命の象徴であり、月は死の象徴であると。

     これはもう西洋文学に関わらず、東洋でもわりとスタンダードな考え方なんですね。


     なので、月を背負って現れたキャラといえば、たとえば『機動戦士ガンダム』ではマチルダさんとか。

     f4cc8b4db0a8c5e1bbbeb772a5993363cde09fd2

     そして、この綾波もそうですね。

     たとえば出てきた時に「あ、このキャラは死ぬな」というふうに、綾波だったらオープニングで分かるんですけども。

     この『ファースト・マン』という映画の中でも、同じく “月” っていうのは、“死” の象徴として現れるんですね。


     たとえば一番最初に映画の方で、2歳の娘と二人で月を見上げるシーンがあるんですけども、その後で娘が死んだ後も、月だけが二ール・アームストロングを照らしてるんですね。

     それで何度も二ールが死にかける度に、月が見えるんです。

     月を見上げるシーンが出てくる。


     その月が「早くこっちへ来いよ」っていうふうに呼んでいるように見えている。

     そんなふうに撮っているんですけども。


     だから画面に月が現れるたびに二ールの死が近づいて、やっと死から逃げて思わず空を見上げると、月が恨めしそうにじーっと見ていると。

     そういうふうな構造になっています。


     そんな “死の象徴” である “月” に、最後は自分から向かっていってしまうんですね。

     それで自分から向かっていってしまって、着陸して、その上を歩く事になってしまったという男の不思議な話なんですよね。

    ───────────────────────────────────

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!
    http://blog.livedoor.jp/okada_toshio/archives/51552665.html

    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         ヤムアキ
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         マグネシウムのタツヤ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    岡田斗司夫ゼミからのお知らせ
    更新頻度: 毎日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。