• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【オタキング世界を歩く・ロシア編 2 】 ロシアには “安全” がない」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【オタキング世界を歩く・ロシア編 2 】 ロシアには “安全” がない」

2019-03-28 06:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2019/03/28
    ───────────────────────────────────
    今回は、ニコ生ゼミ03月17日(#273)から、ハイライトをお届けいたします。

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

    ─────────────────────────────

     【オタキング世界を歩く・ロシア編 2 】 ロシアには “安全” がない

     
    bf26d218b9999f7bdee99635802f16c0f8cdd4cb

    ――――――

    タオルくん:
     ねえねえオカダ、なんでロシアはそんなに怖くて面白い “おそロシア” になったの?

    岡田:
     その答えはこの本にあったんだ。

    ――――――

     これ、『徹底抗戦都市モスクワ』(https://amzn.to/2TqHLDM)っていう本なんだけど。

     10cc4aea128db3e6362ea6c848388bacbea0827e

     この中で「ロシアというのは基本的に国自体が包囲された要塞だ!」っていうふうに言われているんです。

     なので、常に外敵に対して戦う姿勢を見せなければ、あっという間に攻め滅ぼされてしまう、と。

     これが、ロシア人が昔から持っている世界観なんだ。

    ・・・

     ロシア語には「安全」という意味の言葉がないんだよ。

     すごいよね?

     世界中の言語で「安全」とか「セーフ」という意味の単語がないのは、ロシア語だけなんだけども(笑)。

     その代わりに「ペザバースヌィ」という「危険がない」って言葉がロシア語にもあるんだけれど。

     とにかく、そんな民族は世界中でロシアだけなんだ。


     とりあえず、攻められるのが怖い。

     だから、なにか強い相手を見た時にも「あいつがあんなに身体を鍛えているのは、こっちを攻め滅ぼすために違いない!」と、反射的に考えてしまうんだ。

     なによりも、歴史上、ロシア時代にしてもソ連時代にしても、このモスクワほど、首都が攻められたり焼かれたりした国というのは無いんだよね。

     もっと小さい国が群雄割拠しているような状態だったら、首都が攻められるというのもわかるんだけども。

     ロシアってあんなにデカい国なのに、なんだかんだいっても異民族とか、フランスとかドイツとかに攻め込まれて、その度に、ロシア全土が焼け野原になるということをしょっちゅう経験している。

     なので、そんな経験からか「用心に継ぐ用心、疑いに継ぐ疑い」というのが、どうもロシア人の根底にあるようだ、と。


     1950年代60年代のアメリカとの冷戦の時にも、もちろん「アメリカは攻めてくるに違いない!」と考えて、予算を立てて軍備を固めたわけだよね。

     でも、当時のフルシチョフなどのソ連のトップは、実は「アメリカと戦っても勝てない」ということはわかっている。

     なので、もう、ムチャクチャに「実はこんなに軍事開発をしたんだぜ!」というアピールばっかりやったんですね。


     有名な、赤の広場前の5月1日のパレードでは、戦車とか飛行機がバンバン飛んでたんだけど、「実はあの飛行機は、同じやつが何回も何回も、通り過ぎたらもう一度戻ってまた飛んでいただけ」だったということは、スプートニクの特集の時に話した通りです。

     とりあえず、そんなふうに、自分たちを大きく強く見せようとしていたんです。

     なぜ、大きく見せないといけないのかというと「それをしなければ、アメリカは、もう来週にでも攻めてくる」と思ってたからなんだ。


     アメリカは、まさか、ロシアというかソ連がそんな国だと思わないから「なんであいつらは、あんなに軍備を固めてるんだ?」ということで、逆にアメリカも同じような疑心暗鬼になってきて、「ロシアは、もうすぐ攻めてくるに違いない!」と、お互いどんどん軍備が過剰になっていった。

    ・・・

     この本によると、この軍事体制は今も続いている、と。

     たとえば「クレムリンの近くではカーナビのGPSが狂う」。

     これ、本当なんだよ。

     僕もスマホを持って行ったんだけど、Googleマップがクレムリンの中に入ると狂い始めるんだよね。

     なので、クレムリンの中に入ると『ポケモンGO』が出来ないんだけど(笑)。


     この原因は “シボグニグアエロ” という電子戦兵器がクレムリン宮殿の中に配備されていて、それが可動しているから、と。まあ、配備っていうか、移動することも出来るらしいんだけども。

     これは、どうも、ドローン対策らしいんだよね。

     
     ドローンが飛んできてクレムリンを襲わないように、GPSを狂わせるような兵器がクレムリン宮殿の中にある。

     これは、外国からの攻撃だけを警戒しているわけじゃないんだよ。

     モスクワやクレムリンを攻める最大の敵の1つは、同じロシア人でもあるんだよね。


     すごいよ、ロシアって。

     しょっちゅう農奴が蜂起してクレムリンを焼き尽くそうとしてるんだよね。

     それどころか、そういう時に城を守る近衛兵っているじゃん?

     この近衛兵もしょっちゅう怒って、クレムリンを襲うんだよね。

     だから、城の外側から、外敵が襲ってくると同時に、同じロシアの他の民族も襲ってくる。クレムリンの外側で農業をやっている農民も襲ってくるし、その農民たちから守ってくれるはずの城の中の近衛兵も、結構しょっちゅう蜂起して、クレムリンの中で火を放つ。

     おかげで、もう本当に用心に継ぐ用心というか、何かあると「攻められるに違いない!」というのが、ロシア人にとっての基本的な姿勢になっちゃってるわけなんだよね。


     これ、今回の旅行に持って行った『地球の歩き方』(https://amzn.to/2HQzW8i)なんだけど。

     d49b6bbda19e73a8105522f63cfd344ba925ab05

     この『地球の歩き方』を見ても、「クレムリンは1つの要塞であり、敵国や “民衆” から宮殿を守る城壁である」と書いてあって。

     俺、なんか、それを読んですごい笑ったんだけど。

     ガイド本にまで「敵国や民衆から城を守る要塞」って書いてあって、「どこの世界にそんな城があるんだ?」と。それが大真面目に普通の観光ガイドに書いてあるんだけど(笑)。

     まあ、そういう暗い過去があるんだよね。城を守るはずの近衛兵まで襲ってくるわけだからね。

    ・・・

     ロシアの古い笑い話に、こういうのがあります。

     「ロシアには友好国はいない」……友好国なんかいないと、「我々にいるのは、単に “自分たちが支配している国” と “敵対している国” だけだ」と。

     「しかし、寂しくはない。なぜかというと、ロシアには2人の友がいる。“ロシア陸軍” と “ロシア艦隊” だ」っていう。

     これね、いわゆるロシアジョークなんだけど。

     これってつまり「陸軍も海軍も国の言うことはきかない」という意味なんだよね。


     王様の言うことを聞いてくれない。

     ロシアの言うことを聞いてくれないんだよ。

     だから、「友達」というポジションなんだけども(笑)。

     「仲のいい国はない。全部 ロシアの敵だ、でも寂しくはないんだ。俺たちには海軍と陸軍がいる。いうことを聞いてくれない海軍と陸軍が」って(笑)。


     こういうロシアの帝国時代からすごかった猜疑心というのが、ソ連という世界最初の社会主義国になってから大爆発したんだよね。

     「今すぐにでも、アメリカが原爆を積んだ飛行機で攻めてくるに違いない!」というふうに考えて、夜も寝られなくなった。

     彼らが一生懸命核ミサイル作ったのは、以前に人類初の人工衛星スプートニクの回で話したように、とりあえず核ミサイルのデモンストレーションとして、ちょっとでも早く人工衛星をあげて、アメリカに対して俺たちを襲ってきたら、これで仕返しするぞ!」というのを見せるためだったんだよね。

    ・・・

     ロシアは今も、冷戦は終わった後なんだけど、逆に21世紀に入ってからすごい勢いで兵器開発を進めています。

     これには「クリミアやウクライナの紛争が原因で、ロシアが国際的に孤立している」というのもあるんだけど。

     新兵器の開発速度が、もうとにかくすごいんです。


     この2,30年ばかり、世界的な新兵器としては、いわゆるドローンとかロボットみたいな小型兵器は出てたんだけど、大型兵器では新兵器ってあんまり出てきてなかったじゃん。

     でも、今のロシアの新兵器の開発速度っていうのは、もうね “戦争末期のジオン” みたいになってるんだよね。

    ――――――

    タオルくん:
     ごめん、ガンダム世代じゃないから「ジオンみたい」とか言われてもよくわかんない。


    岡田:
     あのね、『機動戦士ガンダム』の本放送の時って、シリーズが真ん中辺に入った辺りから、毎週、敵のジオンの秘密兵器とか、新型モビルスーツとかがどんどん登場するようになったんだよ。
     もちろん、それは視聴率が悪かったので、スポンサーの玩具会社からの「いい加減にしろ!」という声を受けてのテコ入れだったんだけど。

     今のロシアは、原油価格の長期低迷というのがあったり、もともとロシア人の用心深さ、あとは人気を上げたいプーチン大統領の事情というのがあるから、そういうことになっているんだ。


    タオルくん:
     わかった! それは「お金がなくなってヤバくなってきた『ガンダム』の後半」と同じなんだね!


    岡田:
     その通り。
     なので、後半の岡田斗司夫ゼミ全長版では、今ロシアが開発中のとんでもない兵器について教えちゃおうと思います。


    タオルくん:
     おそロシアー!

     38850aa7b658a5f0fae9d5a47970ac9ed2f7144d
    ───────────────────────────────────

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!
    http://blog.livedoor.jp/okada_toshio/archives/51552665.html

    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         ヤムアキ
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         マグネシウムのタツヤ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    岡田斗司夫ゼミからのお知らせ
    更新頻度: 毎日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。