• このエントリーをはてなブックマークに追加
【岡田斗司夫のニコ生では言えない話】「ネット民の居場所を作りたい」「それは国づくりですね」第34号
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【岡田斗司夫のニコ生では言えない話】「ネット民の居場所を作りたい」「それは国づくりですね」第34号

2013-05-27 07:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     岡田斗司夫のニコ生では言えない話 第34号 2013/5/27
    ───────────────────────────────────
    【今週のコンテンツ】「ネット民の居場所を作りたい」「それは国づくりですね」
    【今週の書き起こし】「ニコ生・岡田斗司夫×川上量生 初対談」中編
    【岡田斗司夫なう。】ドワンゴ会長が語る「超会議をやる本当の理由」
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ◆【今週のコンテンツ】「ネット民の居場所を作りたい」「それは国づくりですね」
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    7435ff8d8770ffda743aca8382d0ac10631b344b

    前回に引き続き、「ドワンゴ会長:川上量生氏と岡田斗司夫との初対談」お送りします。

    「川上さんは国を作ろうとしてる」
    軽いジャブを繰り返していた岡田が、いよいよストレートパンチを炸裂させます。

    川上氏が目指すニコニコ動画の行く末を、評価経済的な視点で予言する岡田。

    ネットの世界で楽しく生きることと、リアルの世界で生き残ることの「両立」。その理想形が岡田の言う「国作り」であり、現実の第一歩が「超会議」なのかもしれません。

    まずは、ハイライトをどうぞ!


    ************************************
    <岡田>
     さっきのやつが前提なんですけどもね。
    俺、今日、聞きたかったのは、「川上さんは国を作ろうとしてるんじゃないかな?」って。
    この24時間ぐらいでそういうふうに考え出したんですけども。

     なぜか。今、僕らが思ってる“国家”ってありますよね。
    国家っていうのは税金をとって国民にサービスしてくれるわけです。
    これって言っちゃえば“参加費とかを取ったユーザーに対するサービス”と同じですよ。
    国民とユーザーって言うものは、言葉が違うだけであんまり差がなくなってきてる。

     現に僕らは日本国に税金を取られて、日本国の行政サービスを受けてるんだけども、同時にGoogleとかFacebookとか、ああいうふうなところに遠回しに金を取られて、彼らからのITサービスを受けてる。
    「なんか多国籍化してるよな」と。いつのまにか。

    <川上>
     うーん。たぶん、国家に変わる権力組織を目指してるという意味では、例えばGoogleとかFacebookは明らかに目指してるんだと思うんですよね。

    <岡田>
     いや、川上さんが権力組織を目指しているようには見えないんですよ。
     僕、「川上さんが目指してるのは本当に国作りだな」と思ったんですよね。
    このニコ生の仕掛けからして、“プレミアム”っていうお金を払う会員と、お金を払わない会員があるじゃないですか。
    お金を払わない会員っていうのは、実はお金を払ってくれてる会員のおかげで成立してるわけですよね。

     お金を払ってくれる会員がいて、その人たちがいわゆる“税金”を払ってくれるおかげで、行政サービスとして国家はお金を払ってない国民、”扶養家族”みたいなやつらに対しても、できるだけ等しい条件で見れるようにしてるわけですね。

     もちろんプレミアム会員しか見れないようなものもあるけれども。
    それよりはできるだけ広く薄く、いわゆる“ネットユーザー”という人らに対してのサービスを拡げてくと。

     これって、実は「日本国の中にもう1つ違う国を作ってるようなもんじゃないのかな?」と思ったんですよ。

     さっきおっしゃられた話っていうのは、僕は“優しい独裁者”特有の考え方だと思ったんですよね。

     つまり、国民っていうのを信じて「国民の間で意見が出てきたら民主主義的に決めましょう!」っていうのではなく、「立ち上げ時期だからこれ!」と。
    この組織というのは独裁のほうがうまくいくに違いないと。

     それに関しても、ご自身ではネットユーザーというものの良いところも悪いところもわかってるつもりで、「おまえらの悪いようにはしないから、ちょいと任しといて」というふうな形で、独裁的にドワンゴという仕組みを作っていて。

     やろうとしていることは最終的に“ネットユーザーの場を守る”というふうにおっしゃいましたけども、結果的にそれはユーザーの中の出せる人から広くお金を集める。で、お金を払えない人までの面倒も見て場を守ろうっていうことで。

     それは国を作るのと同じようなものじゃないのかなと思いました。

    <川上>
     たぶん、構造としてはそういうようなことあると思うんですけど。

     国を作るっていう意味がよくわかんないんですけども、僕が作ろうと思ってるのっていったら、やっぱり“ネットユーザーの居場所”ですよね。
    居場所と、あと“ネットで稼げる手段”を提供したいんですよ。

    <岡田>
     だから、やっぱ“国”ですよ。内需拡大ですよ(笑)

     今やってることは、日本国とかから円を稼いできて、ドワンゴに払ってもらってるわけですね。
    つまり、まだ今は“華僑”状態っていうのかな? 外貨稼いで本国に送ってもらってる状態なんだけども。

     できればこっから先はネット内でのやりとりで経済圏ていうのを作ろうと……

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2019/11/20
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「『千と千尋の神隠し』、知らぬ間に異世界へと入り込むスピーディな展開に注目」
    • 2019/11/21
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「恐怖度MAX『千と千尋の神隠し』8分〜16分までを完全解説」
    • 2019/11/22
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「『千と千尋の神隠し』解説:シータから湯婆婆まで、宮崎駿ヒロインとその成長」
    • 2019/11/23
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「『千と千尋の神隠し』不思議な世界への秀逸な導入と実はホワイトな湯婆婆の経営手腕・基礎研究編」
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。