• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫の解決!ズバっと 「インサイド・ヘッド」(前編)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫の解決!ズバっと 「インサイド・ヘッド」(前編)

2015-08-15 06:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫のニコ生では言えない話
     岡田斗司夫の解決!ズバっと 2015/08/15
    ───────────────────────────────────

    おはようございます。

    今日は『解決!ズバッと』はお休み。
    情報サイト『探偵ファイル』に掲載したコラムをお届けします。


    ───────────────────────────────────

    「インサイド・ヘッド」(前編)

    (元記事はコチラから)


     昔から、自分の心の中でおきる葛藤を「脳内学級委員会」と呼んでいる。
     脳内学級委員会には、いろんなヤツがいる。

     とにかく、目の前の欲望に邁進(まいしん)しようとするヤツ。
     周りの目ばかり気にして、気を使いまくるヤツ。
     プライドが高く、自分は偉いと思いたがるヤツ。
     損得を計算して、少しでも他人より得をしようとするヤツ。
     全員の意見を調整する学級委員長的なヤツ……

     僕が夜中に「つい」ポテチを食べてしまうのは、他の奴らが寝てたり、疲れてぼんやりしている隙をついて、「目の前の欲望に邁進しようとするヤツ」が強行採決してしまった結果だ。
     そのあと反省するのは、うっかり寝てしまった学級委員長で、結局ポテチに邁進したヤツは反省しない。
     だから、同じことが繰り返されてしまう。

     ピクサーの新作「インサイド・ヘッド」の宣伝を見たとき、この映画はきっと「脳内学級委員会」を映画にした作品に違いない。
     まるで僕のための映画じゃないか。
     これは見なければ! 勝手に、そう意気込んでいた。

     脳内学級員会は、『脳内ポインズンベリー』という邦画で、すでにまんま、描かれている。
     どう違うのか。
     正直、そこも気になった。

     『脳内ポインズンベリー』は、同名の少女漫画が原作で、今年5月に公開された恋愛映画だ。
     ヒロインは、三十歳の大台にのって気持ちがゆらいでいる独身女性。
     現在、彼氏もいない、いわゆる干物女だ。
     そんな彼女が、年下のクリエイターでイケメン男子に恋をしてしまうところから、物語は始まる。

     恋をすると、彼女の脳内では、恋愛会議が開かれる。
     すぐネガティブなことばかり言うヤツ、逆にむりやりポジティブな意見を言うヤツ、ロマンチックで子供っぽいヤツ、それを調整するヤツ…… 
     そんなヤツらを実際の俳優たちが、それぞれそれっぽく演じて見せてくれる。
     まさに、「脳内学級員会」だ。

     せっかくうまくいきかけたイケメンと別れ、仕事で支えてくれた身近な男性と、また新しい恋が始まるかも? というラストで終る。
     恋愛映画としてはよくある話だが、「脳内の会議を実際に映像化したらどうなるだろうか」というワンアイディアものとして成功していた。

     さて、『インサイド・ヘッド』も、同じようなものなのか。
     実際に見てみると、嬉しい事に、おもいっきり期待を裏切ってくれた。
     まず、人間の脳内には、5人のキャラクター『ヨロコビ』、『イカリ』、『ムカムカ』、『ビビリ』、『カナシミ』がいる、という設定になっている。
     日本人の感性で考えると、『ムカムカ』と『怒り』が別というのはちょっと不思議な気がする。
     『ムカムカ』と『怒り』は同じ種類の感情で、どれくらい外に出すかだけの差の気がするからだ。
     かわりに、『照れ』『恥ずかしさ』を入れる方が、しっくりくる。

     それはともかく、脳内学級会は、5人のキャラクターの脳内感情会議として描かれる。
     普段は、話し合ってどのキャラが主導権を握るか決めているが、対立するとコントローラーを奪い合うこともある。

    (次号に続く)


    以上、情報サイト『探偵ファイル』よりお届けしました。
    バックナンバーはこちら
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2019/07/20
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「『君の名は。』完全解説と、もしも3つの願いが叶うなら?」
    • 2019/07/21
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【月着陸50周年記念】岡田斗司夫が宇宙開発とアポロ月着陸を語りつくすゼミ、いよいよ大詰め!」
    • 2019/07/22
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「『なつぞら』解説:謎のアニメ『どうぶつ三国志』とは?」
    • 2019/07/23
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「今日のニコ生は、ガンダム完全講義第17回です」
    • 2019/07/24
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「見たら必ずトラウマになる〜40年前に連載されていた日本版スパイダーマンの衝撃画像!」
    • 2019/07/25
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「NASAが不自然な発表?エイリアン宇宙船の真相【都市伝説】」
    • 2019/07/26
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「本当は怖いLINEスコア〜LINEが目指す21世紀型の奴隷制度とは?」
    • 2019/07/27
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「都市伝説+新スパイダーマン「NASAとLINEの陰謀」&70年代トラウマ・マンガ」
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。