• このエントリーをはてなブックマークに追加

次回放送予定をお待ちください。

  • 『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ Quest of Memories』6月20日に全世界同時発売決定

    TVアニメ『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~』初のコンソールゲーム、『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ Quest of Memories』の全世界同時発売が決定した。対応プラットフォームはNintendo Switch 、PlayStation4、PlayStation5、Steam。2024年6月20日(木)発売予定で予約受付は既にスタートしている。 ゲームオリジナルのシナリオも収録したRPG 『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ Quest of Memories』は、TVアニメ『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~』を原作とするRPG。原作を追体験できるストーリーに加え、ゲームオリジナルのシナリオも収録されているという。 ゲーム内では冒険者ギルドから依頼を受注し、一人称視点で探索可能なフィールドへと向かう。冒険中に魔物と遭遇すると、バトルに発展することもある。 特典つき初回限定パッケージ版も発売 同作は通常版以外に、初回限定パッケージ版も発売される。初回限定版には、購入特典として特製パッケージ、オリジナルブックレット、デフォルメフィギュアのPalVerse ロキシー メイド服 ver.が封入。完売次第終了とのことなので、確実に入手したい場合は、予約を急いだほうがいいだろう。 ...

    4時間前

    • 0 コメント

    RSSから

  • 人気アクションシューティング最新作『魂斗羅 オペレーション ガルガ』がSwitch、PS5向けにパッケージ版を発売! 発売日は9月5日

    ダウンロード版を先行発売していた『魂斗羅 オペレーション ガルガ』のパッケージ版発売が決定した。Nintendo SwitchとPlayStation5に向けで2024年9月5日に発売される。 初心者から長年のファンまで楽しめる! 「魂斗羅」シリーズ最新作 『魂斗羅 オペレーション ガルガ』は、アクションシューティングゲーム「魂斗羅」シリーズの最新作。初代『魂斗羅』の世界観やおなじみの要素は踏襲しつつ、ステージや敵、ゲームモードなどに新要素を盛り込んでいる。シンプルな操作性と豊富な要素によって、初心者からシリーズ長年のファンまで楽しむことが可能だ。 パッケージ版は「通常版」と「DELUXE EDITION」の2種類 今回発売されるパッケージ版は、「通常版」と「DELUXE EDITION」の2種類。「通常版」には、ゲームソフトの他に永久封入特典として表裏ジャケットとマニュアルが付属する。 また、数量限定の「DELUXE EDITION」には、「魂斗羅 オペレーション ガルガ Deluxe Soundtrack」やSDX限定デザインの三方背ケース、トレーディングカード、ミニマガジン「DELUXE+」といった特典が付属。なお、価格は「通常版」が4950円(税込み)、「DELUXE EDITION」が6980円(税...

    4時間前

    • 0 コメント

    RSSから

  • 実質的に竜玉の入手難易度が緩和、新機能「モンスタートラッカー」が便利すぎ【モンハンNow】

    4月23日より『モンスターハンターNow』に実装された新機能「モンスタートラッカー」が、かなり便利と話題になっています。 好きなモンスターを効率よく狩れる機能 モンスタートラッカーは、ペイントリストに表示されています(モンスタートラッカーの機能を使用するには、アプリを(v75)へアップデートする必要があります)。 ▲“開始”をタップすると、モンスターのリストが表示されます。 ▲この中から集中的に狩りたいモンスターを選択し、 ▲次にモンスターの難易度(★)を選択。 ▲“確認”をタップすると、 ▲ペイントリストに選択したモンスターに出会えるまでの進捗ゲージが表示されます。この画像だと、3匹の大型モンスターを討伐することで★9の「バフバロ」と出会えるということになります。 ちなみに、「ドスジャグラス」でも「ディアブロス」でも出会えるまでのモンスターの数は同じでした。モンスターの強さを変更しても数が変わらなかったので、選択する内容で進捗ゲージの長さが変化することは無いようです。 また、「ディアブロス亜種」「リオレウス亜種」といった亜種モンスター、「イビルジョー」「ジンオウガ」といった特殊な遭遇方法のモン...

    1日前

    • 0 コメント

    RSSから

  • ゼニー不足で苦しむ全てのハンターに朗報、素材売却レートが想定より大幅に高いと判明【モンハンNow】

    4月23日に『モンスターハンターNow』に素材売却機能がついに実装! 大方の予想を良い意味で裏切る売却レートにハンター界隈がざわつく事態に! 素材のレア度ごとに売却金額が異なっている アップデート(v75)を適用すると、アイテムボックスのゴミ箱マークがモンスターのアイコンに変化しています。 ▲ソートボタンの横に表示されているアイコンです。ここをタップすると素材の売却画面に遷移します。 ▲素材の売却額はレア1が5z、レア2が10z、レア3が20z、レア4が50z、レア5が100z、レア6が500zとなっています。 ▲モンスターの強さによって素材の価値が変動することは無いようです。 ▲もちろん採集系アイテムも同じレートとなります。 ▲一応ですが、チケット系アイテムや精錬剤なども売却可能(あまりおすすめはしませんが)。 大半のハンターがレア度に関係なく、素材1つ=1zでの売却となると予想していたので、このレートは衝撃的。不要な素材をまとめて売却するだけで数万~十数万zが手に入ってしまうという状況もありそうです。 報酬画面やオトモアイルーの採集の見え方が変わる 全ての素材がゼニーに変換可能になったことにより、報酬画面でレアな...

    1日前

    • 0 コメント

    RSSから

  • ウミディグダがサプライズ実装、砂浜以外にも川や湖の近くで出現【ポケモンGO】

    4月23日の早朝、『ポケモンGO』に「ウミディグダ」がサプライズ実装! ウミディグダは砂浜に出現する 公式サイトの情報によると、ウミディグダは砂浜のエリアで出現するとのことですが、砂浜の他に湖や川の近くでも出現することが確認されています。 いずれのエリアでも出現率はかなり低い様子で、ゲットするには粘り強くプレイする必要がありそう。 ※水辺でプレイする際は、怪我や事故にあわないように必ず周囲に注意しながらプレイしてくださいね! 自分のいる場所に合わせて背景が変化 大型アップデート適用後は、自身のいる場所に合わせてポケモンのゲット画面背景が変化。 ▲今まで見慣れていた画面とはかなり違うので、新鮮な気持ちで“ポケ活”ができそう。 この背景には、現実世界の環境と季節が反映されているので、時間が経過したり移動したりすることで徐々に変化。 見た目で今いるバイオーム(森、砂浜、山、街といった様々な環境のこと)が直感的にわかるようになっているので、特定のバイオームで出現するポケモンを狙いやすい状態となりました。 つまり、ウミディグダを狙うのであれば、背景が砂浜、湖、川のいずれかに変化している場所でプ...

    1日前

    • 0 コメント

    RSSから