• このエントリーをはてなブックマークに追加
ゲームグラフィックが逆進化!? “粗ドット”素材ダウンロードサイト「DOTOWN」が登場
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ゲームグラフィックが逆進化!? “粗ドット”素材ダウンロードサイト「DOTOWN」が登場

2022-02-09 19:00
    粗いドット絵……通称「粗ドット」素材を入手できる、新タイプの素材ダウンロードサイトがオープンした。その名は「DOTOWN(ドッタウン)」。手がけているのは、なんと元任天堂のデザイナー、前田高志氏だ。

    無料で商用利用可能! 粗ドット素材ダウンロードサイト「DOTOWN」

    『DOTOWN』では、誰でも無料で、粗ドット素材をダウンロードできる。ダウンロードした素材は全素材、商用利用可能(再配布は禁止)。公開されている素材数は、サイトオープン時点で約700点。オープン以降も順次素材を追加していく予定だという。

    ゲームグラフィックの逆進化!? 粗ドットとは

    粗ドットとは、可能な限り低い解像度で表現したドット絵のこと。粗ドットは通常のドット絵よりドットの数が少ないため、縁取りや影が存在しない。描く対象を表現するために使えるのは、1つ1つのドットの色と配置だけ。

    このため、レトロゲームのドット絵よりもさらに抽象的な表現となっている。まさに、ゲームグラフィックにおける「逆進化(=究極の抽象化)」だ。

    『DOTOWN』と粗ドットの生みの親! 「前田デザイン室」とは

    『DOTOWN』や粗ドットを生み出したのは、元任天堂デザイナー前田高志氏が率いる「前田デザイン室」。「仕事では味わえないクリエイティブ」を行うオンラインサロンだ。

    これまで「楽しむ・遊ぶ」を基軸にアイディアを創出。書籍・雑誌・物品・ゲームなどを制作してきている。粗ドットは、前田デザイン室発足時に「らしさ」を表現できる共通言語ならぬ共通絵として誕生したという。

    ドット絵ダウンロードサイト DOTOWN:
    https://dotown.maeda-design-room.net/[リンク]

    (執筆者: ガジェット通信ゲーム班)

    RSSブログ情報:https://getnews.jp/archives/3217332
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    ゲーム実況ブロマガ「ゲキマガ」
    更新頻度: だいたい毎日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥110 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。