• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

ネットチケットのご購入

【放送限定!2時間番組】安田登 聞き手=山本貴光「禍の時代を生きるための古典講義――第3回『おくのほそ道』『鶉衣』を読む」 @eutonie @yakumoizuru #ゲンロン200617

この番組のタイムシフト視聴期間は既に終了しています。

アクセスが集中した場合、すぐに入場できない事があります。
この番組は 合同会社ゲンロンカフェ が制作・放送を行っております。

番組詳細

[放送日時] 2020年06月17日 19:00:00

タイムシフト視聴可能 / モバイル視聴可能

【放送限定!2時間番組】安田登 聞き手=山本貴光「禍の時代を生きるための古典講義――第3回『おくのほそ道』『鶉衣』を読む」 @eutonie @yakumoizuru #ゲンロン200617

↓ 番組チケットのご購入はこちらのリンクから!
https://ch.nicovideo.jp/genron-cafe/live/lv326432214
※ 都度課金500円でご購入いただけます。

☆ ニコニコ生放送のタイムシフト対応!
※ 放送終了から1週間後の23時59分までの間、番組をくり返しご覧いただけます。



番組では、皆さまからの質問やお便りを募集します。
下記の投稿フォームからお送りください。
https://forms.gle/UnsnvRA8hCXyp1Jq9

【イベント概要】

講師に能楽師の安田登さん、聞き手に文筆家の山本貴光さんを迎える「禍の時代を生きるための古典講義」シリーズ。さまざまな古典を読み解くことで、現代に生きるわれわれへのヒントを探っていきます。

好評シリーズの第3回は、俳諧。松尾芭蕉の『おくのほそ道』と、横井也有の『鶉衣』を扱います。

出世のできない家柄に生まれた松尾芭蕉は、自ずから「方外(俗世の外)」に出て、俳諧師として生きる道を選んだそうです。コロナ禍で学校や会社に行けず、世間と距離をとらざるを得なくなった現代のわれわれは、松尾芭蕉と同じく「方外」に身を置かれたのかもしれません。

横井也有は、俳文集『鶉衣』を通して「見方によって、世の中は全く違うよ」とわれわれに投げかけていると、安田さんは言います。同書には和とユーモアで世の中を読み換える「俳諧」の魅力が溢れているそうです。

方外にいて、俳諧を忘れず。緊急事態宣言は解除されたものの、いまだ先行きの見えない状況が続くいま、俳諧師たちの生き方、世の中の見方に迫ります。

※ 放送のみ(会場は無観客)のイベントです。


【放送限定!2時間番組】禍の時代を生きるための古典講義
https://genron-cafe.jp/event/20200617

タイムシフト視聴に関するご注意

  • 生放送終了直後からタイムシフト視聴可能となり、2020年06月24日 23:59:59までご視聴いただけます。
  • タイムシフト視聴期限を過ぎると、タイムシフト視聴中でも視聴できなくなります。

ネットチケットご購入に関するご注意

この番組のタイムシフト視聴期間は既に終了しています。