• このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年05月26日 03:09 公開

渡邉英徳「データを紡いで社会につなぐ――デジタルアーカイブのつくり方」

合計再生 243  合計コメント 0  合計マイリスト 2 

動画パックの説明 情報アーキテクト・渡邉英徳氏は、「ヒロシマ・アーカイブ」「東日本大震災アーカイブ」などのデジタルアーカイブを地元の人々との協働により制作、注目されています。これまでに、グッドデザイン賞(復興支援賞)、第40回「日本賞」、アルスエレクトロニカなどで受賞。

11月には初の単著「データを紡いで社会につなぐ デジタルアーカイブのつくり方」(講談社現代新書)を発刊しました。データを見やすくデザイン、貴重な記録を時空を超えて伝え「記憶のコミュニティ」をつくる―そんな仕事を通して現代におけるデータのあり方を語ります。

このパックに含まれる動画 (2)