• このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年05月30日 05:16 公開

中ザワヒデキ×黒瀬陽平「日本現代美術に<正史>はあるのか?――2010年代のアートと循環史観:『現代美術史日本篇 1945-2014』(改訂版)刊行記念イベント!」【2014/12/6配信】

合計再生 1,259  合計コメント 2  合計マイリスト 7 

動画パックの説明 戦後日本美術には<正史>がない――
幾度となくそう嘆かれてきたが、アーティスト・中ザワヒデキによる『現代美術史日本篇』は、著者自身が「日本で唯一の現代美術正史」と(うっかりにせよ?)豪語する稀有な書物である。
その『現代美術史日本篇』の改訂版が、2014年11月21日に出版される。2010年以降に登場したカオス*ラウンジなどの最新の動向を加え、戦後日本美術史全体を独自の<循環史観>で捉えようという、壮大なプロジェクトである。

果たして、戦後日本美術史の<正史>は可能なのか?循環史観によって見えてくるものとは?
『現代美術史日本篇 改訂版』の出版を記念して、著者の中ザワヒデキ氏をお迎えし、カオス*ラウンジ代表の黒瀬陽平とともに徹底討論。

このパックに含まれる動画 (3)