• このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年07月28日 19:58 公開

【さやわか式☆現代文化論 #17】「fhánaと語る、アニソンの現在」さやわか×fhána(佐藤純一、yuxuki waga、kevin mitsunaga、towana) 【2015/4/25収録】@someru @jsato_fleet @yuxuki @kevin327g @_towana

合計再生 361  合計コメント 0  合計マイリスト 5 

動画パックの説明
【会場のご案内】
2015/04/25(土) 開場:18:57 開演:19:00
この番組は2015/04/25(土) 21:46に終了いたしました。
来場者数:1878人 コメント数:101
今や、アニメソングはヒットチャートに登場することも珍しくないどころか、良質な音楽のあるジャンルとしてクリエイターやリスナーに注目されるようになっている。などという事実は、もう既に10年以上前から知られていたこと。このジャンルの音楽はどんどん様変わりし、人々が求めるものは変わってきた。fhánaは2011年にデビューして以来、「インターネット三世代」をキーワードに掲げて90年代からゼロ年代、そして10年代という時代を接続する音楽性を追求してきた。そんな彼らは今や立て続けにアニソンを発表し、1stアルバム「Outside of Melancholy」はオリコンチャート8位も記録。fhánaは何を考えながら歩み続けてきたのかを語りつつ、今のアニソンの姿を問う!

このパックに含まれる動画 (3)