• このエントリーをはてなブックマークに追加
会員無料65:09
清水亮+東浩紀「3.11、福島で花火大会を」(福島第一原発観光地化計画の哲学 4)
  • 再生
    470
  • コメント
    0(会員のみコメント可能)
  • マイリスト
    1

登録タグ

2012年に発足し、昨年11月には書籍が刊行された『福島第一原発観光地化計画』。賛否両論、毀誉褒貶を巻き起こす本計画に、研究会委員たちはいかなる意図で参加し、どのようなメッセージを込めたのか。座長・東浩紀が聞き手となり、研究会委員にロングインタビューを敢行する。第4弾はIT起業家の清水亮が登場。アメリカで3.11を迎え、企業のトップとして様々な決断を迫られた清水。ITによる復興を模索し、「福島ゲームジャム」開催に大きく貢献する一方で、子どもたちへプログラミングを広めるためにenchantMOONプロジェクトを立ち上げた。独自の仕方で復興に携わってきた清水が提案するのは、福島で3月11日に花火大会を開催すること。その背景には、悲劇を祭りに転化する「長岡花火」の教えがあった――。2014年8月4日収録 ゲンロンカフェ

この動画のデバイス別視聴環境
PC Windows・Mac
スマートフォン iPhone・iPad・iPod
Android・その他スマホ

ニコニコ動画の推奨環境