• このエントリーをはてなブックマークに追加
会員無料59:50
開沼博+東浩紀「買う、行く、働く」(福島第一原発観光地化計画の哲学 6)
  • 再生
    246
  • コメント
    1(会員のみコメント可能)
  • マイリスト
    2

この動画、音がかなり

登録タグ

研究会委員へのインタビューシリーズ「福島第一原発観光地化計画の哲学」もいよいよ終盤。6人目として話を訊いたのは、いわき市出身の社会学者・開沼博。『「フクシマ」論』で鮮烈なデビューを飾った開沼は、なぜ震災前に福島の原発を研究テーマに選んだのか。観光地化計画に参加した動機、そこに込めた思いとはなにか。そしていま、福島の復興のためにはなにが必要なのか。開沼は復興のためにできることは「買う、行く、働く」の3つであると結論づける。その真意は果たして。思いのたけを東浩紀が問う。2014年9月11日収録 ゲンロンカフェ

この動画のデバイス別視聴環境
PC Windows・Mac
スマートフォン iPhone・iPad・iPod
Android・その他スマホ

ニコニコ動画の推奨環境