• このエントリーをはてなブックマークに追加
会員無料289:30
國分功一郎×東浩紀「哲学にとって愚かさとはなにか――原子力と中動態をめぐって」【『ゲンロン11』刊行記念】(2020/10/27収録) @lethal_notion @hazuma #ゲンロン201027
  • 再生
    194
  • コメント
    2
  • マイリスト
    0

ゲンロンαにイベントのレポート記事を掲載しています。ぜひお読みください。記事URL= https://genron-alpha.com/article20201107_01/(関西弁ver.もあるんやで。読んでくれたら嬉しいわぁ。 https://genron-alpha.com/article20201107_02/ )【イベント概要】東浩紀による『ゲンロン11』の巻頭論文「悪の愚かさについて2、あるいは原発事故と中動態の記憶」。同論考は國分功一郎氏の『中動態の世界』と『原子力時代における哲学』を重要な参照項としつつ、「加害の無意味さ」を記憶することの重要性を訴えている。同論考を読んだ國分氏から申し出をいただき、ふたりの対談が実現した。対談は約3年ぶり。『新対話篇』に収録された前回は、ポリティカル・コレクトネスを越えた普遍的な「正義」が話題の中心となった。『中動態の世界』で被害者の側から中動態を考え、『原子力時代における哲学』で原子力を乗り越える哲学をハイデガーに見出した國分氏。彼は東の問題提起をどう受け取ったのか。哲学の臨界に位置する「愚かさ」について、ふたりの哲学者が徹底的に語り合う。■『ゲンロン11』2020年9月発行 A5判並製 本体424頁ISBN:978-4-907188-38-2ゲンロンショップ物理書籍版:https://genron.co.jp/shop/products/detail/487 電子書籍(ePub)版:https://genron.co.jp/shop/products/detail/499Amazon:https://amzn.to/3jUwFou■哲学にとって愚かさとはなにか – ゲンロンカフェhttps://genron-cafe.jp/event/20201027/

この動画のデバイス別視聴環境
PC Windows・Mac
スマートフォン iPhone・iPad・iPod
Android・その他スマホ

ニコニコ動画の推奨環境