• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

★特別号★ 堀江貴文のブログでは言えない話 Vol.235 号外
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

★特別号★ 堀江貴文のブログでは言えない話 Vol.235 号外

2014-07-24 18:00
    ▼第235号外
    ☆特別号☆
    ----------
                                         2014/07/24

    堀江貴文のブログでは言えない話
    Vol.235号外☆特別号☆

     いつも『堀江貴文のブログでは言えない話』をご購読いただき、誠にありがとうございます。
     今週の号外も、月曜日に配信いたしました『ホリエモンドットコム』( http://www.horiemon.com )とのコラボレーション対談企画『ホリエモンWITH』の後編をお届けさせていただきます。
    ※前半『horiemon.com』に掲載中です

    ☆「簿記の知識がなくても帳簿がつけられる!」☆
    ☆freeeの佐々木大輔が考える企業会計の未来とは?☆
    <後編>
     
    ●対談者プロフィール
    佐々木大輔(Daisuke Sasaki) freee株式会社代表取締役
    1980年生まれ。一橋大学商学部卒業。在学中にストックホルム経済大学に派遣留学生として在籍。卒業後は博報堂に入社し、マーケティングプランナーに。2008年、グーグルに参画。日本におけるマーケティング戦略の立案、アジア地域の中小企業向けマーケティングの統括を担当。2012年7月にfreee株式会社を設立。

    サイト『horiemon.com』はこちら

    【「めっちゃ便利じゃないですか!うちもfreeeにしようかな」ホリエモンが大絶賛した理由とは?】

    佐々木:堀江さんは、実際に freeeをご覧になったことありますか?

    堀江:ないです。

    佐々木:(たちあげ堀江に見せる)freeeは、銀行とカードの同期設定をするんです。そうすると、定期的に入出金の明細データを取ってきて、自動で会計帳簿にする状態になるので、それを承認していくというプロセスなんです。例えばタクシー代っぽいなっていう明細が入ってきたら「これは交通費だろう」と推測して自動的に仕分けるんです。それで問題なければ「登録」をクリックしていただくだけで、どんどん帳簿になっていく。あと、どうしても推測できないものは、わかりやすい勘定項目のメニューから選ぶことができるので、会計の知識がない人でも簡単に使えるようになっています。また、一度登録すれば、その情報が記憶されるので、どんどん賢くなっていきます。

    堀江:これ、月にいくらぐらいで使えるんですか?

    佐々木:法人だったら1980円です。

    堀江:やすっ!

    佐々木:モバイル版でも同じようなことができるんです。

    堀江:いいですね。

    佐々木:freeeは簡単な請求書を作ることもできるんです。請求書を作ると入金の予定が自動で登録されるんですよ。そして、実際に振込みがあるとマッチされていくので、どの請求書が支払われてないかということまで管理できる。それから、いろいろなレポートを見ることもできて、どの取引先から売り上げがどれくらいあるとか、何が一番売れているのかということも、取引のタグさえつけておけばできます。

    堀江:めっちゃ、便利じゃないですか。帳簿って見れるんですよね?
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。