• このエントリーをはてなブックマークに追加
大人の男の一人旅:”幻の都市”ブラックロック・シティを紹介!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

大人の男の一人旅:”幻の都市”ブラックロック・シティを紹介!

2016-06-25 15:00
    バックパッカーとなり、世界中を旅する…男の夢のひとつですよね。
    今ひそかなブームとなり年々注目されている1人旅にお勧めのスポットを紹介していくコラム『大人の男の一人旅』

    今回は、アメリカのプラヤ砂漠に出現する都市「ブラックロック・シティ」を紹介したいと思います。
    驚くべきことになんとこの都市は、毎年8月下旬に1週間だけ突如出現する"幻の都市"なのです。

    ◆ブラックロック・シティの正体

    01.jpg

    ブラックロック・シティの正体は、1986年から続く『Burning Man(バーニングマン)』と呼ばれる巨大イベント。
    何もない荒野のど真ん中に、世界中からイベントのシンボルである「The Man」を目指して人が集まり市民となり、扇状に市街を形成し1週間だけの都市をつくり共同生活を送ります。
    イベントの最後には、「The Man」に火を放って完全に焼却し、街を形成していた全てのものも全て無に還し去っていきます。
    09.jpg

    参加者はBurner(バーナー)と呼ばれ、現在では毎回5万人以上の人がブラックロック・シティを訪れ、バーナーとして束縛もしがらみもない自由な生活を過ごしています。

    ◆ブラックロック・シティのルール

    そんな自由なブラックロック・シティにも原則があり、参加するにはこの「バーニングマンの10原則」を守らなくてはなりません。それがこちら。

    バーニングマンの10原則

    1.誰にでもオープンであること
    2.ギフト文化の推進
    3.商業主義から脱却すること
    4.徹底的に自立すること
    5.自己表現を究めること
    6.共に協力すること
    7.社会人としての責任を果たすこと
    8.あとを残さないこと
    9.参加すること
    10.現場での体験を大事にすること

    このような原則の元、さらにブラックロック・シティでは、トイレと食料保存のための氷を除き、生活に必要な食料、水道、電気、ガスなどが整備されていない上にお金のやりとりは基本的にはNGとなっています。
    04.jpg


    このような環境だからこそ、真に自立でき、自己表現に没頭でき、思い思いの表現活動を行なうことができるのですね。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。