• このエントリーをはてなブックマークに追加
漫画に学ぶ男前!『G戦場ヘブンズドア』の主人公の一人、堺田町蔵から男前を学ぶ!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

漫画に学ぶ男前!『G戦場ヘブンズドア』の主人公の一人、堺田町蔵から男前を学ぶ!

2016-09-11 15:00
    今回は、『月刊IKKI』で連載していた漫画家漫画『G戦場ヘブンズドア』の主人公の一人、堺田町蔵から学んでいきたいと思います。

    gsenjyou.jpg

    【漫画のあらすじ】
    人気漫画家・坂井大蔵の息子で小説家志望の堺田町蔵(さかいだ まちぞう)と、敏腕編集者の息子で天才的な漫画の才能を持つ長谷川鉄男(はせがわ てつお)が、坂井大蔵の漫画が原因で起きたトラブルがきっかけで二人で合作漫画を描くことに。
    そこから商業漫画界の厳しい世界を戦友としてともに歩む二人の成長と挫折、葛藤などを描いた漫画。
    主人公である堺田町蔵は、家族を蔑ろにし、漫画家として名を馳せている父親を恨んでいるが、自身が漫画家の道を歩んでいく過程で次第に父を認めていきます。

    そんな「漫画」の世界にどっぷりとはまっていき、人生をかけて進んでいく堺田町蔵から男前を学びたいと思います!

    「オレを震えさせてくれるのなら、この世界で、一緒に汚れてやる。」
    gsenjyou1.JPG
    ○オトコマエポイント
    これは、一緒に漫画を作ろうと言いながらも、自分の漫画で誰かが傷つくのを恐れ万人受けするような作品を作っていた鉄男を覚醒させるために言ったセリフです。

    あなたが「才能」に出会った時、嫉妬せずにその才能の持ち主を応援することができますか?
    人の才能を見抜き、その才能を開花させるためなら自分は何でもしてやるとでもいうような情熱と本気さを、人にぶつけられる町蔵はかなり"オトコマエ"ではないでしょうか。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。