• このエントリーをはてなブックマークに追加
【レポ】ガンベロロッソのイタリアンワイン試飲会が大阪で2年ぶり開催!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【レポ】ガンベロロッソのイタリアンワイン試飲会が大阪で2年ぶり開催!

2016-11-15 13:29
    最も権威のあるイタリアワインのガイドブックとして知られる「ヴィーニ・ディタリア」を出版しているガンベロロッソ主催のイタリアワイン試飲会「トップイタリアンワインロードショー」が2016年11月14日に大阪で行われました。

    大阪では2年ぶりの開催となる今回は、酒類販売店やレストランなどの飲食店、またメディア関係者向けに開催。インライフ編集部も出席してきましたので、会場の様子をレポートしたいと思います。

    会場である日航ホテル5F・鶴の間へ到着すると、すでに会場内には多くの人で溢れていました。
    01.jpg


    開場してしばらくするとオープニングセレモニーが行われ、まずはガンベロロッソCEOであるルイジ・サレルノ氏が挨拶。
    03.JPG

    「イタリアにとって日本はイタリアワインや料理をとても愛してくれている、とても大切な国である。そんな国でこうして試飲会を何度も開催できて光栄です」とまずは感謝の言葉を語られました。

    04.JPG

    05.JPG

    続いて「イタリアワインガイド」の編集長であるマルコ・サベリコ氏、そして海外版の担当編集者であるロレンツォ・ルゲッリ氏らが挨拶。
    06.JPG

    イタリアワインを愛する、全世界のイタリアンレストランを紹介するガイド本を製作中とのことで、そのリストの中には日本の店舗も含まれているとのこと。

    そんな「イタリアワインガイド」が選ぶ関西のイタリアンレストランを、ワインの品揃え数部門やワインにかかせないイタリアンピザ部門、そして最も優れているイタリアンレストランとして総合部門、それぞれの発表が行われました。
    02.JPG

    総合部門を受賞されたのは、リッツ・カールトン大阪内に店舗を構える「スプレンディード」料理長のオリアナ・ティラバッシ氏(写真右から2番目)。
    イタリア料理のシェフとして数々の賞を受賞してきた彼女から語られた「日本人はイタリア人よりもイタリアンを作るのが上手」という言葉に会場からは拍手が送られ、日本とイタリアンの繋がりを強く感じる場面となりました。

    また今回受賞した方々が全員女性であるということも、イタリアン界の新しい流れを感じる結果となったのではないでしょうか。

    13.JPG

    オープニングセレモニーが終わると、会場では本格的に試飲会がはじまります。
    参加者は会場に集まった67社250種類以上のイタリアワインを香りや味わい、ぶどう品種やラベルなど各々の目線で楽しんでいました。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。