• このエントリーをはてなブックマークに追加
【匠に学ぶ】ほぼ日手帳考案者『糸井 重里』さんに学ぶ仕事術
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【匠に学ぶ】ほぼ日手帳考案者『糸井 重里』さんに学ぶ仕事術

2017-05-17 16:23
    皆さんは「ほぼ日手帳」をご存知でしょうか?
    誕生して16年になるスケジュール帳なのですが、予定を書き込むだけでなく、その日に感じた事や思いついた事などを1日1ページのペースで書き込めるスタイルでとにかく人気の手帳です。

    そんな「ほぼ日手帳」を作っている「株式会社ほぼ日」代表者の『糸井 重里』さんから仕事術を学びたいと思います!

    糸井 重里

    itoi1.jpg

    群馬県出身、子供の頃から漫画や文学が好きで、様々な思想に触れる事で自身を表現する方法を色々考えたようです。
    バンカラを気取って一本歯の下駄で登校したり、文化祭の企画で周りを驚かす為にベトナムの僧侶の焼身自殺を真似したり、学生運動に参加して逮捕歴が5回もあるなど、なかなかの破天荒ぶり。

    社会に出てからはその才能を発揮し、コピーライターや文章に携わる仕事をこなす糸井さん。ゲームファンなら誰もが知っている「MOTHERシリーズ」の作者でもあり、任天堂の岩田聡を始めとした著名人との交友も広がっていきます。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。