• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

Kダブシャインの正真正銘 vol.2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Kダブシャインの正真正銘 vol.2

2015-03-05 12:00
    【今週の目次】
    1.NEWS & TOPICS
    2.近況報告
    3. Featured goods
    4.Kダブreview
    5.Q&A
    6.今後のスケジュール
    ------
    1.NEWS & TOPICS
    日本中を震撼させている川崎の中学生が全裸で遺棄された事件は、容疑者も一応は供述を始めたようなので、それなりの判決を受けて罪を償うことになるだろう。被害にあった13才の少年がとても評判よく清々しい子だったこともあって、誰もが加害者を悪魔のように憎むことで納得しようとするのが普通だ。

    彼ができる範囲で救いのサインを出していたにも関わらず、周りもこうなることを止められなかったし、あんな素直そうな少年が無惨な最期を迎えなければならなかったという事実を知って、まともな大人なら悔しいと感じただろう。いくら犯人が異常な性格でも、未成年が未成年を殺すのは社会の敗北だからだ。

    今回も細かいことを言えば、警察も1度通報をうけて出動していたのに、ことなかれ主義なのか地域課から生活安全課に話が行かなかったことで、暴行扱いにせず確認だけで終わらせたらしい。学校にしても一ヶ月半も不登校なら、本人としっかり接触とれるところまで距離を縮めて指導するべきだったと思う。

    遺族の文章の中に、仕事が忙しく早朝から夜まで留守にして十分に子供の面倒が見れなかったことを後悔している一文があったが、もちろん世の中や社会がしっかり監視してくれればいいのだが、やはり親の不在が少年の非行をこじらせる要因にどうしてもなってしまう。結局は貧困が彼を追い込んだ形になった。

    彼の母親の言う通り、もし外で働いていたとしても家に父親もいて、母親が子供たちと日常的な会話を普段からできていれば、どんな交友関係かも自分の目で確認できるし、教育や子育てにもっと力を注ぐことができ、それこそ母親の生き甲斐なのではないか。しかし家庭の経済状況がそうさせてくれなかった。

    悲惨な事件に頭のおかしな犯人がいると、どうしても憎しみが加害者だけに向き、悪魔のように集中攻撃すれば誰もが気が晴れると思いがちだが、今回のように家庭があまり裕福でなく、親が子供を監視しきれずに起こる事件は、留守中の幼児の事故や火遊びによる火事も多く、幼い子供にとって悲劇でしかない。

    いくら国が外に強さを誇示したところで、親が安心して子育てが出来ず、産んでも働きながらでないと育てられない世の中では、人口が増えることはないし、有能な人材も出にくくなる。おそらくこのままの経済ではもっと子供を苦しめる社会が出来上がるだろうし、親子が過ごす大切な時間を奪うことになる。

    ウチも母子家庭だったが、幸い父親の養育費があってオレはいつも母親に見張られていた。中学の頃から深夜も平気で街にいたが、帰ると母親に誰とどこにいたかぐらいは聞かれた。毎日忠告を受けてたからか、どこかで歯止めが効いてた気はする。やはり社会は親が子供に干渉する機会をもっと尊重しなくてはならない。


    2.近況報告
    今年はキングギドラのデビューアルバム「空からの力」が1995年にリリースされて20年を記念し、
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。