• このエントリーをはてなブックマークに追加

倖田來未

ただいま放送中の番組はありません。

次回放送予定をお待ちください。

1:59

Dreaming Now! / 倖田來未

再生2,938 コメ87 マイ32

2:01

LALALALALA / 倖田來未

再生4,377 コメ42 マイ53

1:04

恋しくて(60秒SPOT) / 倖田來未

再生934 コメ6 マイ12

0:42

恋しくて / 倖田來未

再生2,765 コメ25 マイ16

0:19

Go to the top TV 15秒CM / 倖田來未

再生3,259 コメ12 マイ5

1:04

Go to the top TV 60秒CM / 倖田來未

再生4,673 コメ25 マイ8

0:42

Go to the top / 倖田來未

再生15,516 コメ123 マイ55

1:09

Dejavu LIVE SPOT / 倖田來未

再生1,341 コメ26 マイ11

オフィシャルサイト

プロフィール

2000年11月「TAKE BACK」にて全米デビュー。
全米ビルボードダンスチャートで最高位18位を記録。
日本では同曲で2000年12月デビュー。
続くセカンドシングル「Trust Your Love」のremix盤は全米ビルボード総合 チャートでも最高位19位を獲得し、日本人7人目のランクインの快挙となる。
以降、「real Emotion」「LOVE & HONEY」「Butterfly」「史上初12週連続シン グルリリース」「恋のつぼみ」「夢のうた」など、精力的にリリース。
2005年、06年にそれぞれ発売したベストアルバムはいずれも200万枚を突破、 2007年12月には東京ドームでの単独公演を開催し、大成功を収めた。
2009年3月には実妹であるmisonoとのコラボレーション曲「It' s all Love!」を 発表、兄弟・姉妹では史上初となる初登場1位を獲得。
2009年10月には海外では初めて、台湾にてワンマンライブを行った。
2006年~09年までベストトジーニスト賞を4年連続受賞、08年にはネイルクイーン 「アーティスト部門」の3年連続受賞・殿堂入りを果たす。
2010年2月に発売したアルバム『BEST~ third universe~ & 8th AL "UNIVERSE"』がオリコン・ウイークリーランキング1位を獲得し、4月から6月まで全国アリーナツアーを開催。7月には日本人女性アーティストと しては初となる横浜スタジアム2DAYSのライブを成功させ、その模様が音楽ライブとして日本 で初めて3D生放送された。
2010年10月、初のカバーアルバム『ETERNITY ~Love & Songs~』をリリース。東京、大阪でそれぞれ計4日間、計16公演に渡り初のビルボードライヴを開催。 同12月、東京ドームにて10周年最後のライブ「KODA KUMI 10th Anniversary ~FANTASIA~」を開催。邦楽ソロ女性アーティスト7人目。2007年以来、2度目の 公演を慣行し47,000人動員のチケットが即完。大成功を収める。
2011年3月、9枚目のオリジナルアルバム「Dejavu」リリース。オリコンウィークリー ランキング1位を獲得。
同4月、約4年ぶりの全国ホールツアー「Koda Kumi Live Tour 2011 ~Dejavu~」を開催。各地軒並みSOLD OUT。
同5月、10周年を記念して東京ドームにて行われたライブ映像「KODA KUMI 10th Anniversary ~FANTASIA~」をリリース。オリコンウィークリーランキング1位 を獲得し、「通算首位獲得数」「首位獲得連続年数」、「作品別歴代DVD女性ソロアーティ スト累積売上1位」の3冠達成。
同8月、記念すべき50枚目のシングル「4 TIMES」を発売、
さらに立て続けに9月、51枚目シングル「愛を止めないで」発売。
2012年1月、10枚目のオリジナルアルバム「JAPONESQUE」をリリース。オリコンウィークリーランキング1位を獲得。
「アルバム首位連続年数」でソロ歴代3位の快挙を成し遂げる。
同2月、全国ホールツアーのライブ映像「Koda Kumi Live Tour 2011 ~Dejavu~」を発売。
さらに同3月、大人気リミックスシリーズ「Driving Hit's 4」発売。
また、写真集やフォトエッセイ等、アーティスト活動のみならずファッションアイコンとしても幅広い活動を行っている。
これまでにシングル52枚、オリジナル・アルバム10枚、ベスト・アルバム4枚、カバー・アルバム1枚、ライブDVD10枚をリリース。

Twitter