• このエントリーをはてなブックマークに追加
テトリスが弱視の治療に効果的であるという研究結果
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

テトリスが弱視の治療に効果的であるという研究結果

2013-04-30 16:34
  • 42
テトリスが弱視の治療に効果的であるという研究結果


子供の頃、ゲームは目を悪くすると言われませんでしたか? しかし、どうやら事実はその反対で、ゲームは弱視の治療に効果的なんだそうです。

成人の弱視は治療が非常に難しいと言われています。しかし、CBCニュースが報じたところによると、マギル大学の研究者であるロバート・ヘス氏は、成人の弱視の治療には、両目を使って『テトリス』をプレイすることが効果的であることを発見したらしいのです。

では、以下から詳細をどうぞ。
 


【大きな画像や動画はこちら】

 
---------------------------------------

新しい治療法は、『テトリス』を効果的に両目を使ってプレイするというもの。このゲームは、落ちて行くパズルのピースを回転させながら、スクリーンの下にはめ込んで行くパズルゲームです。研究者達は、ヘッドマウントのゴーグルのレンズを、片方は落ちて行くピースだけを見れるように、そしてもう片方はスクリーンの下のピースをはめ込んで行く部分だけを見れるように細工しました。両目の視力に差が出ないよう、それぞれの見え方に調節を加えました。

そうして、『テトリス』を2週間に渡って1日1時間プレイさせた結果、9人の成人の弱視と3Dの奥行きの知覚に大きな改善が見られたと、研究者達は今週発行のCurrent Biologyで報告しています。

CBCニュースより一部抜粋


---------------------------------------

ヘス氏は、この成果は『テトリス』に限ったものではなく、視覚的に集中したタイプのゲームであれば効果があるだろうと指摘しています。

なお、ゲームが弱視等の治療に効果的であるという研究を発表したのは、ヘス氏が初めてではありません。今回の研究とは別に、過去にも、弱視の少年の視力が『マリオカートDS』プレイで回復した話や、子供の視力回復にゲームを利用したいと考えている医者の話、シューティングゲームが視力の回復に繋がるというもの、また、ゲームが白内障に効く可能性があるというものを紹介してきました。これからは、徐々に「ゲーム=目に悪い」の認識が変わって来るのかもしれませんね。


[via Kotaku
『テトリス』で弱視が治る!? 『マリオカート』療法に次ぐ新説が発表[ライフハッカー[日本版]]

(中川真知子)

関連記事

RSSブログ情報:http://www.kotaku.jp/2013/04/tetris_for_lazy_eyes.html
他32件のコメントを表示
×
検索ワード:TGM
91ヶ月前
×
1日が25時間あればテトリスる時間ができるわけですが、そこんとこ研究でどうにかなりませんかね
91ヶ月前
×
じゃあテトリス安くしろ!!欲しいから!!
91ヶ月前
×
ぷよぷよ・・・・
91ヶ月前
×
テトリスとか廃人しか居ないから怖い
91ヶ月前
×
1日1時間というのがミソだな。これは高橋名人も言っていた事
いずれにせよゲームのやりすぎは結局目を悪くさせる
91ヶ月前
×
割と静画の人とかコメしてるのね。コメ見てると色々学べるな。
91ヶ月前
×
暗い場所での目の酷使は目に悪いけど適切な環境ならと時間なら目にいいのか
91ヶ月前
×
ぷよぷよでも良いのか?では、久々に13連鎖ほど組んでみるか。
91ヶ月前
userPhoto
C.
×
ああ
91ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。