• このエントリーをはてなブックマークに追加

トロレレさん のコメント

石仮面だと思ったらがっかりした
No.62
124ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
焼きトウモロコシもトルティーヤ・チップスも、缶詰だって美味しいですけど...。 ダイエットの方法も色々ありますが、食事療法で減量しようとして トウモロコシ だけを食べ続けていると、アナタの身体がアブない病気に冒されてしまうかもしれません。 ソレは、伝説の ヴァンパイア のようになってしまう...という恐ろしくも興味深いモノなのです(Kotaku JAPAN的にね)。 コレは実際に、 前世紀 のアメリカ西部で長年に渡り起こっていた、ナゾの奇病デス。以下で詳しく見てみましょう。 トウモロコシだけを見れば、育ててからそのままでも食べられますし、潰しても製粉しても、水を加えて焼いても、様々な 調理方法 で食べられますし、お茶やコーン油なども作れます。そして飼料にも堆肥にもなるだけでなく、ポリ乳酸 プラスチック や バイオ・エタノール にもなってしまう、超スグレモノ。 さらには人々を吸血鬼に変えてしまうなんて...あまりにも 優秀すぎ ますよ?(苦笑) 元々トウモロコシは、 ネイティヴ・アメリカン たちが育てていた、アメリカ大陸のモノでした。食べ方を熟知していたカレらは、果物の ライム と混ぜて食べていたので大丈夫だったのですが...ヨーロッパから渡ってきた 白人 たちは、きたばかりの新大陸で調達できる食材も乏しく、食べ方もよく解っていなかったために、ライム無しで食べていたんですって。 ナイアシンを含むトウモロコシは、消化しにくい形状をしているため、 ライム 、または特定のアミノ酸がないと、水酸化カルシウム(またの名を消石灰)が身体に悪さをするそうです。普通に食べているだけなら健康的に問題は無いのですが、コレを 主食 にしている場合、ナイアシン欠乏症や ペラグラ と呼ばれる、皮膚、神経、消化器の疾患が生じるコトがあります。 ペラグラにかかった患者は、皮膚が太陽光に晒されると、その部分が 水ぶくれ になったり、普通の食事を消化できなくなったりします。ベロは赤茶色に変色し、まるで 生き血 をすすっているかのような様相と化してしまうのです。 ソレだけではありません、ヴァンパイア信仰ではなく、皮膚のトラブルを避けるため、太陽光から逃げるようになるので、 夜行性 となってしまうからか、患者は 痴呆 になってしまうのです。痴呆はヒトの 攻撃性 を高めてしまうと言うから、コレは益々ヴァンパイアらしい症状と言えるでしょう。 吸血鬼モノではまず出てこない 設定 ですが、ギレルモ・デル・トロ監督による『The Strain(邦題:沈黙のエクリプス)』では、吸血鬼的なモンスターがパンツにウ○コをするそうですが...コレ、実は 下痢 を起こしやすくなる、ペラグラの症状とも 合致 しちゃうんです。 さてこの病気...1900年代の初め頃、毎年季節が春になると、(トウモロコシを主食にする人たちに)この吸血鬼的な症状が出てきていたそうです。 ヴァンパイア伝説は、アメリカ大陸にやってきたヨーロピアンが食べ始めたトウモロコシ文化よりも古いモノです。1937年に 犬 が掛かったナイアシン欠乏症という原因を突き止めるまで、ずっと原因不明で吸血鬼と化してしまう 恐怖の奇病 として扱われていたんじゃないかと思われます。 それ以降は、トウモロコシを主食にしている人間や動物に、ナイアシンの サプリメント が手渡されるようになったため、このヴァンパイア病患者は減退したのだそうです。 とは言え、 ポップ・カルチャー としてティーン・エイジャーに蔓延する、ヴァンパイア信仰から吸血鬼化する人たちは減っていませんけどね!(苦笑) トウモロコシを食べすぎると血を飲まなくても吸血鬼になってしまうらしい [Kotaku Japan] Via Journal of the Royal Society of Medicine and Britannica Eating too much corn turns you into a vampire (without the blood drinking) [io9] (岡本玄介)
コタク・ジャパン・ブロマガ
明るく楽しく激しいアクション系エンタメサイト「コタク・ジャパン」のブロマガです。映画、ゲーム、音楽、アニメ、スポーツ、フード/ドリンクなどの情報を配ッ信ッ! B級サメ映画からゴアゲーム、ゾンビ退治、パルクール、プリキュア、ベーコンカクテルまで、エクストリームなことはおまかせあれッッ!