• このエントリーをはてなブックマークに追加
【第373号】虚構新聞友の会会報
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【第373号】虚構新聞友の会会報

2021-12-10 17:30

    第373号(2021.12.10)

    ++++++++++++++++++++++++++++++
     虚構新聞社発行
       虚構新聞友の会会報
    ++++++++++++++++++++++++++++++
     目次
      1.ごあいさつ
      2.流言蜚語~宮武外骨の話(前編)~
      3.次回予告
    ++++++++++++++++++++++++++++++

    1.ごあいさつ

     こんにちは。虚構新聞のUKです。いよいよ本格的に寒くなってきましたね。こちら滋賀は氷点下スレスレの日が続き、ふとんから出るのがだんだんと億劫になってきましたが、みなさまいかがお過ごしですか。今月最初の会報をお届けします。

     さて、第373号となる今回はコラム「流言蜚語」をお届けします。今回はいつもと少し趣向を変え、戦前に活躍したジャーナリスト・著述家の宮武外骨(1867~1955)についてお話ししたいと思います。

     宮武外骨は「滑稽新聞」など新聞・雑誌を通じて、諧謔を交えた諷刺を発表してきた人で、広い意味では本紙「虚構新聞」の祖とも言える人物(似てないところの方が多いですが)。先日、その甥である吉野孝雄さんが書いた評伝『宮武外骨伝』(河出文庫)を読んだので、2回に分けてその人物像について紹介します。

     UK@虚構新聞社

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。