• このエントリーをはてなブックマークに追加

レビュー

ストーリー

当時、会津藩の男子は10歳になると藩校・日新館に入学する決まりがあった。
慶応元年(1864年)、後の白虎隊となる少年たちは
日新館に入学し、盟友たちとともに武士の心得を学び、勉学に励む。
ある日 “壬生狼(みぶろ)” と呼ばれる新撰組と運命的に出逢い、
彼らは幕末という時代を疾走することになる。
いつか白き虎となり、狼より遥か高い所まで──
狼に憧れた若き虎たちは、命を懸けて会津を守ろうと固く心に誓う。
各々の心情を抱きながら、友情を深めていく少年たちに待ち受ける運命とは──

(C)舞台「もののふ白き虎」

スタッフ

脚本・演出:西田大輔
音楽:Yu(vague)
舞台美術:松本わかこ
照明:大波多秀起
音響:前田規寛
衣裳:雲出三緒
小道具製作:平野雅史
演出助手:梅澤良太
舞台監督:清水スミカ
制作協力:Office ENDLESS

キャスト

飯沼貞吉:安西慎太郎
伊藤悌次郎:横浜流星
篠田儀三郎:和田琢磨
庄田保鉄:小澤亮太
井深茂太郎:白又敦
池上新太郎:河原田巧也
西川勝太郎:松村龍之介
石田和助:松本享恭
西郷頼母:赤井英和