• このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年08月03日 00:30 公開

国際政治チャンネル#74 & #75

合計再生 1,429  合計コメント 4  合計マイリスト 10 

動画パックの説明 2020年6月の生放送アーカイブ動画より、会員限定動画部分を動画パックとしてまとめました。
**********
2020年6月26日(金)のニコ生アーカイブ動画。「国際政治チャンネル」#75
「ポスト・コロナのアメリカ制裁外交」 出演者:池内恵, 篠田英朗, 杉田弘毅, 鈴木一人

*今年2月に発売された話題の書『アメリカの制裁外交(岩波新書)』著者の杉田弘毅さんをお招きして、アメリカ外交を中心に、コロナ後の国際政治を論じていきます。

杉田弘毅:
1957年生まれ。共同通信社論説委員長。一橋大学卒業後、共同通信入社。テヘラン支局長、ニューヨーク特派員、ワシントン特派員、ワシントン支局長、編集委員室長などを経て2016年6月から現職。安倍ジャーナリスト・フェローシップ選考委員、東京-北京フォーラム実行委員、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科講師なども務める。著書に『検証 非核の選択』(岩波書店)、『さまよえる日本』(生産性出版)、『アメリカはなぜ変われるのか』(ちくま新書)、『入門 トランプ政権』(共同通信社)など。

#04:40 ボルトン回顧録 大解説
#29:00 米国の経済インテリジェンスの実力は?
#38:08 対北朝鮮制裁、その実力とは?
#55:35 対中制裁、世界に及ぼす影響とは?
#64:50 対イラン制裁、アメリカの出口戦略とは?
#69:20 対テロ戦争の金融制裁、その実効性は?
#79:35 「ディープ・ステート(闇の政府)」の正体

**********
2020年6月12日(金)のニコ生アーカイブ動画。「国際政治チャンネル」#74
「検証!日本モデル」 出演者:細谷雄一, 篠田英朗, 秋山信将

*3月に篠田先生が使い始めた「日本モデル」。その後、専門家会議や安倍総理まで使い始め、海外メディアにも注目されるようになりました。そんな「日本モデル」について検証していく前半と、後半では国際機構にお詳しい秋山先生に、WHOの今後のあり方についてお伺いしていきます。

#00:33 篠田英朗「日本型コロナ対策」
#14:56 押谷仁「感染症対策”森を見る”思考を」
#34:04 「民度の差」
#45:00 アフリカ、南米…広がるコロナ対策
#46:51 秋山信将「WHO危機対応体制の課題」
#71:00 次回告知

このパックに含まれる動画 (2)