• このエントリーをはてなブックマークに追加
今週のニコニコ大百科 HOTワード 2020/05/27-2020/06/02 「サイレンヘッド」「にじさんじ」「ホロライブ」など
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

今週のニコニコ大百科 HOTワード 2020/05/27-2020/06/02 「サイレンヘッド」「にじさんじ」「ホロライブ」など

2020-06-03 17:00

    今週のニコニコ大百科 HOTワードをお届けします。

    まずは曜日別トップ3から。

    今週の曜日別トップ3
    27水 1.「サイレンヘッド」(134.9bp)
    2.「月ノ美兎」(87.5bp)
    3.「にじさんじ」(86.1bp)
    28木 1.「サイレンヘッド」(142.7bp)
    2.「にじさんじ」(66.5bp)
    3.「Do the IDOL!! ~断崖絶壁チュパカブラ~」(61.9bp)
    29金 1.「サイレンヘッド」(119.7bp)
    2.「楠栞桜」(71.6bp)
    3.「にじさんじ」(57.2bp)
    30土 1.「サイレンヘッド」(129.2bp)
    2.「四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件」(57.3bp)
    3.「にじさんじ」(44.8bp)
    31日 1.「サイレンヘッド」(89.8bp)
    2.「にじさんじ」(77.4bp)
    3.「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった...」(29.1bp)
    1月 1.「にじさんじ」(134.9bp)
    2.「antifa」(121.3bp)
    3.「サイレンヘッド」(56.1bp)
    2火 1.「ホロライブ」(219.5bp)
    2.「にじさんじ」(134.5bp)
    3.「GoodTwitter」(79.5bp)
    ※スコア(bp)はその日の総閲覧数に対する該当ページ閲覧数の万分率

    ホラーアーティストにより作り出されたキャラクター「サイレンヘッド」は5月上旬頃からSNS上で話題となり、大喜利の題材としても流行している影響で26日に記事が新規作成され、急上昇しました。27日から30日をピークとして減衰しています。

    VTuber「月ノ美兎」さんの記事は先週25日頃からの騒動の影響で急上昇しました。27日をピークとして急速に減衰しています。

    バーチャルライバーグループ「にじさんじ」とVTuberグループ「ホロライブ」は所属するVTuberが活躍されていたり騒動があったりする影響で若干の波はあるものの高い水準で横ばいの推移を続けていましたが、1日に「にじさんじ」を運営するいちからが任天堂の著作物の利用に関する包括的許諾契約を締結した事を発表した影響で更に大きく伸ばしました。

    スマホゲーム「アイドルマスター ミリオンライブ!」の楽曲「Do the IDOL!! ~断崖絶壁チュパカブラ~」は27日、ゲーム内で実装され、プレイ動画がいくつか投稿されている影響で急上昇しました。28日をピークとして減衰しています。

    VTuber「楠栞桜」さんの記事は29日に投稿された動画の影響で急上昇しました。29日をピークとして緩やかに減衰しています。

    「四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件」はアメリカで起きた白人警官による黒人暴行死事件の話題で比較された影響で検索からの遷移を中心として急上昇しました。30日をピークとして減衰しています。

    ライトノベル「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった...」は30日深夜のアニメ版配信の影響で上昇しました。31日をピークとして減衰しています。

    極左暴力集団「antifa」は1日頃よりSNS上で話題になっている影響で急上昇しました。1日をピークとして減衰しています。

    ブラウザ用アドオン「GoodTwitter」1日より機能しなくなった事が話題となり、急上昇しました。


    それでは今週のランキング上位の動向を紹介します。

    1位はホラーアーティストにより作り出されたキャラクター「サイレンヘッド」でした。
    SNS上で話題となり、大喜利の題材としても流行している影響で記事が新規作成され、閲覧数を伸ばしました。
    参照元の傾向は動画からの遷移が75%、検索結果からの遷移が23%でした。

    2位はバーチャルライバーグループ「にじさんじ」でした。
    所属するVTuberが活躍されていたり騒動があったりする影響に加え、運営会社のいちからが任天堂の著作物の利用に関する包括契約を締結した事が話題になった影響もあって閲覧数を維持しました。
    参照元の傾向は動画からの遷移が59%、検索結果からの遷移が40%でした。
    VTuberグループ「にじさんじ」を運営するいちからが、任天堂株式会社の著作物の利用に関する包括的許諾契約を締結

    3位はVTuberグループ「ホロライブ」でした。
    所属するVTuberが活躍されていたり騒動があったりする影響で閲覧数を維持しました。
    参照元の傾向は動画からの遷移が52%、検索結果からの遷移が47%でした。

    ■先週1位だったソーシャルゲーム「アイドルマスター シンデレラガールズ」の登場キャラクター「辻野あかり」4位でした。
    6位「たべるんごのうた」の影響に加え、先日、ゲーム内で実施された企画「第9回シンデレラガール総選挙」と同時に開催された企画「ボイスアイドルオーディション」にて総合1位にランクインした影響が残っていたため閲覧数を維持しました。
    参照元の傾向は動画からの遷移が56%、検索結果からの遷移が40%でした。

    5位はVTuber「楠栞桜」さんの記事でした。
    動画の影響で閲覧数を維持しました。
    参照元の傾向は動画からの遷移が61%、検索結果からの遷移が38%でした。

    6位は動画記事「たべるんごのうた」でした。
    素材としても流行し、元動画が「辻野あかり」の祝勝会場となった影響もあって閲覧数を維持しました。
    参照元の傾向は動画からの遷移が48%、検索結果からの遷移が49%でした。

    7位はVTuber「月ノ美兎」さんの記事でした。
    騒動の影響で閲覧数を伸ばしました。
    参照元の傾向は動画からの遷移が57%、検索結果からの遷移が42%でした。

    8位はスマホゲーム「アイドルマスター ミリオンライブ!」の楽曲「Do the IDOL!! ~断崖絶壁チュパカブラ~」でした。
    ゲーム内で実装され、プレイ動画がいくつか投稿されている影響で閲覧数を伸ばしました。 参照元の傾向は動画からの遷移が58%、検索結果からの遷移が40%でした。

    9位は極左暴力集団「antifa」でした。
    SNS上で話題になっている影響で閲覧数を伸ばしました。
    参照元の傾向は動画からの遷移が23%、検索結果からの遷移が67%、Twitterからの遷移が4%でした。

    10位はゲーム「Helltaker」でした。
    動画の影響で閲覧数を維持しました。
    参照元の傾向は動画からの遷移が64%、検索結果からの遷移が33%でした。

    ■ 先週4位だった「第9回シンデレラガール総選挙」は24位まで ランクダウンしています。

    曜日別で閲覧数の多かった 「GoodTwitter」は23位、 「四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件」は31位 でした。

    その他、アニメやゲームなどサブカル関連のワードが上位にランクインしています。

    (文責・はくはく


    以下のランキングに掲載されているワードをクリックすると該当記事へジャンプしますので、是非ご覧下さい。

    No.ワードスコアユニーク
    1 - サイレンヘッド 100.9bp 94.8%
    2 2 にじさんじ 84.7bp 68.3%
    3 6 ホロライブ 52.3bp 55.6%
    4 1 辻野あかり 30.4bp 72.9%
    5 7 楠栞桜 30.4bp 76.0%
    6 3 たべるんごのうた 29.8bp 72.5%
    7 21 月ノ美兎 28.4bp 79.4%
    8 - Do the IDOL!! ~断崖絶壁チュパカブラ~ 26.8bp 86.1%
    9 - antifa 23.7bp 87.7%
    10 10 Helltaker 22.0bp 91.9%
    11 9 .LIVE 21.5bp 57.0%
    12 5 Party Parrot 20.1bp 89.8%
    13 53 兎田ぺこら 18.6bp 78.4%
    14 13 プリンセスコネクト! Re:Dive 15.9bp 73.5%
    15 24 棺桶ダンス 14.0bp 91.4%
    16 17 かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 13.3bp 75.5%
    17 8 連ちゃんパパ 13.0bp 92.0%
    18 32 戌神ころね 12.7bp 71.7%
    19 16 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった... 12.6bp 83.8%
    20 - Hello Neighbor 12.2bp 93.9%

    ※スコアは総閲覧数に対する該当ページ閲覧数の万分率
    ※ユニークは該当ページ閲覧数に対する同ページ訪問者数の百分率
    ※過去のランキングについてはこちらのまとめ記事をどうぞ
    ※前回の順位は100位以内の場合のみ掲載
    ※急上昇ワードとはデータの抽出方法が異なるため、内容が異なる場合があります(概ねPCに限定したデータと近い内容になります)
    ※引用されている動画や静画などは基本、閲覧数が増加した要因となったものを優先して掲載しているため、ワードと無関係なものや非公式なものが引用される場合があります
    ※申し訳ないが不適切と判断されるワードは NG

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。