• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

貴方野チェロス【運送会社に殺されそうな話】(8月29日)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

貴方野チェロス【運送会社に殺されそうな話】(8月29日)

2017-08-29 12:00
  • 2
e6f52646376b3467a09ad0d97542ab1441f299e8

ニコナナ内で活躍中のライター・タレント陣が徒然と日常を語ったり、闘牛のように暴れ狂ったりと何が起こるかわからない、それぞれコラムがスタート!
今週は「チェロスカーニバル」や「1億総ライバル化計画」に出演中の貴方野チェロス。

【貴方野チェロスtwitter】
https://twitter.com/cheross_anatano



【運送会社に殺されそうな話】
 


 パチンコ&パチスロ業界が、『斜陽産業』などと言われだしてから結構な月日が経った。そしてちょっと前から、業界の勢いをさらに失わせかねない新たな事案が発生している。それが、『運送会社パチ&スロ台運びませんよ問題』である。


 2017年春、突然クロネコヤマトが『今後はパチンコ台とパチスロ台を運搬物として扱わない』と電撃発表した。すると、その手のニーズがイッキに佐川急便へとなだれ込んだ。ヤマトと佐川は、パチ&スロ台運送に関してはひときわ送料が安く、他社は問題外というレベルだったため、それは当然予想できた流れであった。すると、やはりというかなんというか、佐川急便もあわててパチ&スロ台の運搬中止を決定してしまった。そもそも、ちょっと前から佐川のドライバーが配送物を地面に叩きつける動画なんかが拡散されたりして、ドライバーのあまりの激務っぷりがほんのり社会問題化していたため、ここにきて重くて壊れやすいパチ&スロ台の扱いがズドーンと増えるなんて、会社としては絶対にあってはならないことだったハズだ。

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
チェロスさんが書かれている運送会社の抱えるリスクを踏まえたら、「他社の送料が問題外というレベル」なのでは無く、むしろ適正価格(ヤマト・佐川が法外に安すぎた)に近かったのでは?とも思えます。
37ヶ月前
×
配達者が一人で個人宅に入るのもお互いにリスクありますよね現代じゃ。やな時代だなぁ・・
重い配達物時は二人で回ってその分雇用も増やせるほど値段に転換出来る世の中になったらいいんですけどねー
37ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。