• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『千と千尋の神隠し』、知らぬ間に異世界へと入り込むスピーディな展開に注目」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『千と千尋の神隠し』、知らぬ間に異世界へと入り込むスピーディな展開に注目」

2019-11-20 07:00

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ 2019/11/20

     今日は、2019/11/03配信の岡田斗司夫ゼミ「『千と千尋の神隠し』を読み解く13の謎[前編]」からハイライトをお届けします。


     岡田斗司夫ゼミ・プレミアムでは、毎週火曜は夜8時から「アニメ・マンガ夜話」生放送+講義動画を配信します。毎週日曜は夜8時から「岡田斗司夫ゼミ」を生放送。ゼミ後の放課後雑談は「岡田斗司夫ゼミ・プレミアム」のみの配信になります。またプレミアム会員は、限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画などのコンテンツをアーカイブサイトで自由にご覧いただけます。
     サイトにアクセスするためのパスワードは、メール末尾に記載しています。
    (※ご注意:アーカイブサイトにアクセスするためには、この「岡田斗司夫ゼミ・プレミアム」、「岡田斗司夫の個人教授」、DMMオンラインサロン「岡田斗司夫ゼミ室」のいずれかの会員である必要があります。チャンネルに入会せずに過去のメルマガを単品購入されてもアーカイブサイトはご利用いただけませんのでご注意ください)


     山道を走って行くと、途中で道がいきなり石畳になるんですね。
    (パネルを見せる)

    nico_191103_01131.jpg
    【画像】石畳 © 2001 Studio Ghibli・NDDTM

     石畳になって、車が、こう、ガタガタ、ガタガタ揺れます。
     これね、山道なんですよ。山道の途中から石畳になるということは「昔の人が石畳を敷かなきゃいけないくらい大事な道」ということなんですね。
     大昔の、江戸時代とかそれより前の時代に、山の中にこんなものを作っていたということは、よっぽど神聖な道だったということですね。城を建てる時でも、なかなか石畳なんて敷かないものですから、そういう神聖な土地に入ったサインなんです。
     だけど、お父さんは気づかずに猛スピードで走ってしまうんですね。
     絵コンテには「お母さんは婚約時代からこういうのに慣れている」と書いています。なので、お父さんの乱暴な運転を見ても、お母さんは平気な顔をしてるんですけど、千尋はそんなお父さんを見るのが初めてだったので、すごくビックリします。
     すると、突然、目の前にトンネルが現れるんです。
    (パネルを見せる)

    nico_191103_01247.jpg
    【画像】トンネルと石人 © 2001 Studio Ghibli・NDDTM

     トンネルの前には石人というのがいます。石で彫った人間のような人形ですね。
     石人というのは、九州北部の古墳跡から出土する石像です。ここから、この聖域自体がかなり古いものであるということがわかりますね。

     「なんだ?」と思って、この赤いトンネルの上を見ると、読めない字が書いてあるんです。
    (パネルを見せる)

    nico_191103_01309.jpg
    【画像】看板 © 2001 Studio Ghibli・NDDTM

     屋根があって、看板が出てるんだけど、なんて書いてあるか読めない。実は「湯(油)屋」と書いてるんですけど、コンテには「読めないように書いてください」と指示されているので、読めないように書いてあります。
     ここから先にあるのは、バブル崩壊前に作られた、温泉を中心としたテーマパークなんですね。
     でも、温泉は出ないんですよ。なので、油屋では、石炭を窯で焚いて、ボイラーでお湯を沸かしているわけですね。つまり、偽のスパリゾートなわけです。温泉が出ないのに「温泉郷だ」と言っている。
     この、車が急停止するところまでで3分です。スピーディな展開です。まだ、最初のトトロのマークが出てきてから、3分23秒なんですね。
     両親は、このトンネルの中に入って行きます。
     お父さんの方はのんきに「なんだ、モルタル製か。けっこう新しい建物だよ?」と、正体を見破ったような感じになっています。お父さんは実は建築業で働いているから、こういう建物に詳しい、と。
     お父さんは平気なんですけど、そのトンネルに向かって、後ろから風がビューッと吹き寄せられていく。トンネルの中に風が入って行くんですよね。
     それを見て嫌な予感がした千尋は、中へ入るのをすごく嫌がります。「私、行かない!」と。

     4分18秒。「私、行かない!」と言っている千尋を置いて、お父さんとお母さんだけがトンネルに入って行くんですけど。千尋が石人を見ると。
    (パネルを見せる)

    nico_191103_01514.jpg
    【画像】石人 © 2001 Studio Ghibli・NDDTM

     これ、すごくわかりにくいんですけど、ものすごくゆっくりと、カメラが寄ってるんですよ。
     画面の端の辺りを見たらわかるかな? ほんのちょっとレンズが寄っているんですね。背景だけが外側へ流れて行ってるんですけど。なかなかわかりにくいですね。
     すごくゆっくりトラックアップして、カメラが寄っていくことで「千尋がこの石人に心を奪われて、嫌な予感がしている」と丁寧に伝えているシーンです。2秒くらいの、ちょっと長めなカットなんですけど、何をやっているのかよくわからないんですね。
     実は、この石人「夜になるとカエルに変化して、口から水を吐く」という設定だったそうなんですけど、「そこまでやらなくても構わない」ということで、設定が取り消しになってしまいました。
     しかし、後のシーンで、別の石人が夜になると口から水を吐くので、まあ「トンネルを抜けた場所に、いつの間にか川が出来てて帰れなくなる」というのは、こいつがカエルになったからだと考えてください。

     で、千尋は、嫌な予感がしながらも、両親を追いかけて入って行ってしまうんですけども。
    (パネルを見せる)

    nico_191103_01656.jpg
    【画像】トンネル © 2001 Studio Ghibli・NDDTM

     これ、一番最初に父親と母親が入って行くシーンでのトンネルです。周りが赤くて、モルタルにペンキで塗られています。
     それに対して、これは、もう、ほとんどラストシーン。この世界に帰って来るところなんですけど。同じトンネルでありながら、石人はすでにただの石の車止めになっていて、壁面も石が積み上げられたものに変わっている。周りも、木でいっぱいになっている。
     映画の頭とお尻では違うトンネルになっているんですね。

     つまり、もう、この段階で「化かされている」って言うんですかね? もう3人は不思議な世界に入ってしまっているんですね。
     「トンネルを抜けたら不思議な世界」ではなくて、実はもう、トンネルのところから変な世界だった、と。
     じゃあ、その変な世界に切り替わったのはどこなのかと言うと、おそらく、あの石の祠を通り過ぎた辺りから、神様の世界に入ってしまったということなんですね。

     5分53秒。このトンネルを抜けたら、まあ、平原が広がっていて、ずーっと上り坂が続いている。これが後に海みたいになるんですけど。ただ、その平原みたいなところに誰もいない。
     6分50秒。千尋が不安になって「お母さん、お母さん、嫌だよ、行きたくないよ」って言うんですけど、母親は「早く来なさい」と言うだけで、なぜか千尋とは1カットも目を合わせません。
     父親と母親は、けっこうイチャイチャしているんですよ。お母さんがフラッとしたら、「大丈夫か?」と言ってお父さんが支えて、お互い笑い合ったりしているんですけど。千尋に対しては「早くしなさい」と言うだけなんですね。
     この異常な冷たさ。両親共に、特に母親の方の冷たさには理由があるんですけど。ここら辺、かなり深くなります。
     映画を見ている人の中には「両親は子供みたいな人で、まだ仲が良くて、だから冷たいんだ」って言う人もいるんですけど。いや、そんな意味のないことを宮崎駿がするはずがないんですよね。
     ここについては、来週の後編で解説してみます。


    記事全文は、アーカイブサイトでお読みいただけます。

    ゼミ、マンガ・アニメ夜話 電子書籍販売中!

    AmazonのKindleストアで、岡田斗司夫ゼミ、岡田斗司夫マンガ・アニメ夜話の電子書籍を販売中です(「岡田斗司夫アーカイブ」でもご覧いただけます)。

    ジブリ特集

    月着陸50周年特集

    岡田斗司夫ゼミ

    マンガ・アニメ夜話

    岡田斗司夫 のLINE@ 、はじめました!

    岡田斗司夫 のLINE@ 、はじめました!

    YouTube動画の無料公開開始のお知らせなど、最新情報をお届けしています。
    岡田斗司夫が好きなキーワードを入力すると、楽しいお返事が来ることもあります。
    皆様、ぜひ、ご登録お願いします!

    アーカイブサイトへのアクセス方法

    限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画など、岡田斗司夫のコンテンツを下記のアーカイブサイトからご覧いただけます。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2019/12/09
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「ガンダム監督・富野の大予言!日本のアニメが中国に勝てない理由」
    • 2019/12/10
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「2010年に富野監督が語った、日本のアニメーションがどんどんダメになったワケ」
    • 2019/12/11
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「今日のニコ生は、岡田斗司夫マンガ・アニメ夜話「ガンダム完全講義〜第36回」です!」
    • 2019/12/12
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「ガンダム監督・富野が吠える〜ロリアニメの罪・天才の罪」
    • 2019/12/13
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「若かりし頃の富野監督は、なぜトラウマアニメ『海のトリトン』を作ったのか」
    • 2019/12/14
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「予期されていた日本アニメの未来~2010年の富野由悠季講演『這い上がるために』を語るよ!」