• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 次回配信予定
    • 2019/03/22
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「AmazonのCEOジェフ・ベゾスは、なぜベーシックインカムに賛成するのか?」
    • 2019/03/26
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「知能指数の分布の差から見えてくる、『トクサツガガガ』の主人公がオタクを隠そうとする理由」
    • 2019/03/27
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「予告編だけで期待が止まらない!映画『ゴジラ キング・オブ・ザ・モンスターズ』はクトゥルフ神話」
    • 2019/03/29
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「日本人の3分の1は日本語が読めないというのは、本当なのか?」
    • 2019/04/02
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『サウスパーク』のAmazon倉庫を紹介した回がすごい!」
    • 2019/04/05
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「もし庵野秀明が『シン・ウルトラマン』を撮ったら、間違いなくアカデミーが狙える!」

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ「もう日本のアニメは『スパイダーマン:スパイダーバース』には敵わない!」

    2019-03-21 07:0021時間前
    216pt

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ 2019/03/21

    おはよう! 岡田斗司夫です。

    今回は、2019/03/10配信「映画、好きですか?オール・パペット春の総進撃」の内容をご紹介します。
    岡田斗司夫アーカイブチャンネルの会員は、限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画などのコンテンツをアーカイブサイトで自由にご覧いただけます。
    サイトにアクセスするためのパスワードは、メール末尾に記載しています(2018年12月1日より新サイトに移行しURLが変更されました。これに伴い、ログイン画面も変更されています。詳しくはメール末尾の注意事項をご覧ください)
    (※ご注意:アーカイブサイトにアクセスするためには、この「メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ」、「岡田斗司夫 独演・講義チャンネル」、DMMオンラインサロン「岡田斗司夫ゼミ室」のいずれかの会員である必要があります。チャンネルに入会せずに過去のメルマガを単品購入されてもアーカイブサイトはご利用いただけませんのでご注意ください)

    2019/03/10の内容一覧


    『スパイダーマン:スパイダーバース』には敵わない!

     今、映画館でやっている『スパイダーマン:スパイダーバース』を見てきたんですけど。
     ……皆さん! 岡田斗司夫ゼミを見ている場合じゃありません! 今すぐ見に行け! 明日には見に行け! という作品です。

     何よりね、「ルック」が素晴らしいんですよ。
     ルックというのは、その映画とか撮影監督独自の構図や見え方だと思ってください。
     例えば新海監督のアニメでは「背景がすっごい美しい」。庵野秀明の実写だったら「魚眼レンズや広角レンズとかを多用した独特の見せ方」というのがありますよね? ああいうのをルックと言うんですけども。
     『スパイダーバース』のルックっていうのは「コミック」なんですよ。それも、アメコミとか日本の漫画を含めたすべての漫画、コミックのカッコよさというのをルックにしてるんですね。
     まず「絵」として面白いし、あとは吹き出しのセリフとかもアニメの中でガンガン使っていく面白さ。他にも、色使いや、日本のスクリーントーンを貼ってるみたいなエフェクトみたいなものもあって、もう、とにかく「マンガのページを開くと、見開きでドンと見える」という、あの見え方みたいな効果的な構図での撮り方をしているんですね。
     ワンカットごとに、本当にうまいマンガ家のカラー見開きを見せられているようなものなんです。それが、すべてのカットにあるという、圧倒的にカッコいい作品なんですね。

     まだ見てない人がほとんどだと思うので、ストーリーについては詳しく言わないんだけど。正直言って、日本のアニメの今後が不安になるような出来です。これ見せられちゃうと。
     『トイストーリー』はね、不安にならなかったんですよ。「ああ、アメリカのアニメってそっちの3Dに行くんですか」って感じで。その後の『ファインディング・ニモ』にしても、『ゴーストインク』にしても、『カーズ』にしても、すごい面白くて僕も好きなんですけど、「日本のアニメとは別方向の進化だ」というふうに思っていたんです。
     だけど、この『スパイダーバース』はね、日本のアニメにもモロに影響を与える……というか、影響ではなくて「衝撃」を与えるような出来なんですよ。

     ただし、この宣伝ポスターを見ても、どういう作品なのか、なかなかわからないんです。
    (パネルを見せる)
     このポスターを見ても、それなりにカッコいいとは思うけど、すごい作品だとは思わないんですよね。
     アメリカ版のポスターを見てみましょう。これね、アメリカ版の『スパイダーバース』のポスターなんですけども、日本のポスターとはだいぶ違うんですね。
    (パネルを見せる)
     こっちでは、今回の映画に出てくる色んなスパイダーマンたちが、ズラーッと並んでいる絵です。

     『スパイダーバース』の「バース」っていうのは、まあ「世界」という意味だと思ってください。
     「ユニバース」というのは、「ユニ(単一の)バース」、つまり「この世界は単一の神が支配している単一の世界である」という意味なんです。だから、誰かが死んだら、もうその人は二度と帰ってこないし、誰かが失われたら代わりになる人もいない。これが、ユニバース(単一の世界)の考え方ですね。
     マルチバースっていうのは、それに対して多元宇宙。いわゆる平行世界の考え方なんです。
     例えば、僕がトラックにはねられて死んだとしても、隣の重なり合っているマルチバースの世界では、トラックにはねられる寸前に、僕が靴紐がほどけているのに気がついて結び直している間に、トラックがブーンと通り過ぎて、助かっている、というふうに。
     ユニバースとマルチバースの違いというのは「他の可能性がない宇宙」と、「他にも無限の可能性がある何でもありの宇宙」というふうな違いだと思ってください。

     「スパイダーバース」というのは、そういう多元宇宙の中でも、いろんな種類のスパイダーマンがすべて存在する世界の集合体なんです。
     それを、この映画の中では「次元歪め装置」みたいな機械によって、そんな別世界に存在した何人かのスパイダーマンが、主人公マイルズのいる世界に連れて来られてしまって活躍する、という話なんですね。

     アメリカ版のポスターで並んでいるのは、すべて平行世界、マルチバースのスパイダーマン達です。

     黒いコートを着ているヤツは、1933年を舞台にしたモノクロの世界で私立探偵をしている「スパイダーマン・ノワール」というヤツですね。
     こいつは白黒の世界から来たので、最初、ルービック・キューブができないんですよ。「これは何だ?」とか、色がわからないような感じで。
     おまけに、なぜかミルクシェイクを飲んでるんですよね。なんで、ミルクシェイクを飲んでるのかと思ったら、どうも彼の世界である1933年は、まだ禁酒法時代なので、私立探偵が酒を飲めないんですね(笑)。なので、ミルクシェイクを飲んでいるっていう設定なんですけど。
     彼はモノクロの世界に生きています。

     白いヤツは「スパイダーウーマン」ですね。
     左の方に小さく映ってるヤツが、動物アニメの世界にいる「スパイダーハム」というヤツです。
     左端は、日本の萌えアニメの世界から来た「ペニー・パーカー」という女の子です。
     これらのキャラクターそれぞれは、実は自分の世界では唯一のスパイダーマンなんです。それぞれ全員が「放射能実験の蜘蛛に噛まれてスパイダー能力を得て悪と戦っている」という設定なんですが、それが全員、1つの世界へ来てしまった。

     なので、彼らが1部屋に集まっているシーンは壮絶です。こういうふうになっているんですけども(笑)。
    (パネルを見せる)
     これ、さっき話したルックの話になるんですけど、この壁、なんかね、平面の塗りじゃなくて、スクリーントーンみたいなエフェクトになっているんですね。
     あと、このマイルズというキャラのおでこも、ちょっとスクリーントーンみたいな感じになっているんです。「スパイダーマンB」というやつのおでこもそうなんですけども。スクリーントーンというか、アメリカの質の悪いカラー印刷のドットみたいになっているんですね。
     こういうところからは、これを3Dの写実的なキャラクター、人形的なキャラクターではなく、あくまで「印刷物のコミックの絵」として動かそうとしているのがわかるんですよ。

    (続きはアーカイブサイトでご覧ください)

    アーカイブサイトへのアクセス方法

    限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画など、岡田斗司夫のコンテンツを下記のアーカイブサイトからご覧いただけます。

     
  • 岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『もっと言ってはいけない』が語る残酷な真実 「頭の良さは8割遺伝で決まる」」

    2019-03-20 07:00
    216pt

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ 2019/03/20

    おはよう! 岡田斗司夫です。

    今回は、2019/03/03配信「橘玲『もっと言ってはいけない』 解説!「日本人の1/3は日本語が読めない?」の真相にせまる」の内容をご紹介します。
    岡田斗司夫アーカイブチャンネルの会員は、限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画などのコンテンツをアーカイブサイトで自由にご覧いただけます。
    サイトにアクセスするためのパスワードは、メール末尾に記載しています(2018年12月1日より新サイトに移行しURLが変更されました。これに伴い、ログイン画面も変更されています。詳しくはメール末尾の注意事項をご覧ください)
    (※ご注意:アーカイブサイトにアクセスするためには、この「メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ」、「岡田斗司夫 独演・講義チャンネル」、DMMオンラインサロン「岡田斗司夫ゼミ室」のいずれかの会員である必要があります。チャンネルに入会せずに過去のメルマガを単品購入されてもアーカイブサイトはご利用いただけませんのでご注意ください)

    2019/03/03の内容一覧


    『もっと言ってはいけない』の残酷な真実 「頭の良さは8割遺伝で決まる」

    タオルくん:今日、取り上げるのは、この本だよ。『もっと言ってはいけない』橘玲、新潮新書。この本の中では、例えば「黒人は白人よりも頭が悪い」とか「頭の良さは遺伝で決まる」とか「中学や高校で勉強しても時間の無駄」って書いてあるんだけど、本当かな?

    岡田:うーん、橘さんはそこまでは言ってないんだけど。ほぼ、ギリギリそういう内容は書いてあるんですよ。 じゃあ、今回は、このギリギリのニュアンスというのを説明してみようか。

    (中略)

     『ベルカーブ』は、行動計量学者リチャード・ハーンスタインと政治学者チャールズ・マレイの共著で、発売と同時にアメリカで大論争が起きました。
     このデータ自体には嘘はないんですよ。つまり「白人の方が平均的に見て黒人より知能指数が高い」という計測結果には嘘がないんですけども。この嘘のないデータというのは、別に最近になって発見された事実ではないんですよね。
     1960年代にアメリカで起こった「白人と同じ権利を黒人にも与えろ!」という公民権運動でも、このデータは利用されていました。
     ただ、その時のデータの利用のされ方は「黒人は知能指数が白人よりも低い。なぜこんな格差が生まれるのかといえば環境が悪いからだ!」と。
     黒人というのは貧しい中で育てられているから、栄養状態も悪いし、教育も行き届かない。結果として知能指数を調べるIQテストの数値が白人よりも低くなってしまうのは当たり前だ。しかし、十分な教育、十分な栄養、十分なチャンスを子供の頃からずっと与えていけば、白人と黒人の知能指数は同じになっていくはずだ。
     当時の黒人活動家たちは、このデータの使って、そういうことを言っていたんですよね。

    「一応、筋は通ってる」(コメント)
    「IQって教育と関係ないんじゃね?」(コメント)
    「頭が良くても仕事できるとは限らない」(コメント)

     ふむふむ。まあね、そこらへんのことは、もう少し後で。
     ではなぜ、94年にこのデータが発表された時に議論を呼んだのかというと。
     『ベルカーブ』の中に書かれているデータから、「環境が悪いからIQが低いんだ」という60年代の主張と実際の計測結果が矛盾していることが、徐々にわかってきたから。「それではこの結果を説明出来ない」ということが明らかになってきたからなんですよね。

     「実は、知能指数には民族差というのがある」ということが、『もっと言ってはいけない』の中でははっきりと書かれているんですけども。
     なんかね、「黒人は、差別されて貧困で教育の機会が奪われているから知能テストの点数が低いんだ!」という、心優しい人が安心できるような理屈が通用するような世界ではなくなってきたんですよ。

     例えば、このデータに書いている通り「白人は黒人より知能指数が高い」んです。おまけに、さっきコメントでも流れてたんですけども「アジア人は白人よりも知能指数が高い」んですよ。
     こういった話は、アメリカ人にとっては直感的に理解できることなんですよ。なぜかというと、アメリカのいわゆるIB系の良い大学に行くと、アジア人がとにかく多くてビックリするからです。
     これは「アジア人が金持ちだ」ということではなく、「アジア人の入学試験の点が平均的に高いから」なんです。いわゆる少数民族とか民族優遇政策を取らない限り、アメリカの大学というのは、放っておいたらアジア人ばっかりになっちゃう。だから「黒人枠」というのをつけないといけない。
     こんなふうに、今、僕らが思っている以上に、あちら側の国では「民族間のIQの差を踏まえた上で民族の扱いを平等にしよう」、もしくは「IQの差による結果を公平にしよう」ということが、すごく複雑な問題になっています。

     こういった「どの民族がどういう知能指数なのか?」というデータは「双子の養子追跡調査」という調査方法で証明されました。
     アメリカは養子社会です。なので、貧しい家庭に双子が生まれたら、だいたい片方、または両方が養子に出されることが多いんです。
     その受け入れ先について、「お金持ちかどうか?」、「 教育に熱心かどうか?」 あとは人種ですね。「白人か? 黒人か?」、「都会か? 田舎か?」といったようにどんどん分類して、数十年の間、追跡調査をするんですよ。
     そうやって、数十年、追跡調査をしたデータを何百人分も集めると「遺伝というものがどのくらい影響するのか?」ということが、ほぼわかってきました。

    (中略)

     例えば、まったく同じ遺伝子を持つ一卵性の双子の兄弟。裕福で教育熱心な白人の家庭で育てられた黒人の子供と、貧乏で教育にあまり興味のない黒人の家に養子に貰われた子供。
     この2人を比べると、確かに11歳とか12歳くらいの頃には知能指数に差はあった。それも、10ポイントから11ポイントくらいの知能指数の差はあったんですよ。
     この結果を受けて、最初、教育学者たちは喜んだわけですね。「やっぱり、人種間の知能指数の差というのは、環境によるものだ! 教育によるものだ!」というふうに。
     ところが、この2人の兄弟をさらに追跡調査した結果、わかってきたのが「この差というのは、せいぜい大学に入るまで。成人してから先は、育ちや環境による知能指数の差というのは急激に縮んでいく」ということだったんですよ。

    (続きはアーカイブサイトでご覧ください)

    アーカイブサイトへのアクセス方法

    限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画など、岡田斗司夫のコンテンツを下記のアーカイブサイトからご覧いただけます。

     
  • 岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『the four GAFA』解説、悪の秘密結社による世界征服はすでに完了している!」

    2019-03-19 07:00
    216pt

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ 2019/03/19

    おはよう! 岡田斗司夫です。

    今回は、2019/02/24配信「『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』特集 富裕層が“つまらない”理由を発見!」の内容をご紹介します。
    岡田斗司夫アーカイブチャンネルの会員は、限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画などのコンテンツをアーカイブサイトで自由にご覧いただけます。
    サイトにアクセスするためのパスワードは、メール末尾に記載しています(2018年12月1日より新サイトに移行しURLが変更されました。これに伴い、ログイン画面も変更されています。詳しくはメール末尾の注意事項をご覧ください)
    (※ご注意:アーカイブサイトにアクセスするためには、この「メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ」、「岡田斗司夫 独演・講義チャンネル」、DMMオンラインサロン「岡田斗司夫ゼミ室」のいずれかの会員である必要があります。チャンネルに入会せずに過去のメルマガを単品購入されてもアーカイブサイトはご利用いただけませんのでご注意ください)

    2019/02/24の内容一覧


    『the four GAFA』解説、悪の秘密結社による世界征服はすでに完了している!

     今日、取り上げる本は『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』。スコット・ギャロウェイという人が書いた、東洋経済社から出ている、1800円もする本です。かなり分厚いですね。
     昨年のベストセラーであり、この「GAFA」という言葉は流行語大賞を取ったりしました。
     まずは第1章「世界を創り変えた四騎士」というところから見ていきましょう。

     この「四騎士」というのは、あんまり日本人には馴染みがない言葉なんですけども。

    (中略)

     GAFAというのは、Google、Amazon、Facebook、Appleの頭文字4文字を取った言葉です。
     「この4大企業と、それに続くいろんなグローバル企業が、今や地球を乗っ取ろうとしている!」という本なんです。

    (中略)

     このGAFA4つの騎士に代表される4大企業というのは、あくまで合法的に、僕らの生活を便利に快適にするんです。
     嫌がる人間に無理やり使わせようとしているわけでもない。売ろうともしていないんです。極めてシンプルにスマートに、僕ら自身に「使いたいから使ってるんだ」と思わせながら、実は僕らを支配しつつあるんですよ。
     「それを皆さんご存知ですか?」っていうような本です。まあ、「支配しつつある」と言うか、「実は支配はすでに完了してますよ」という話なんですけど。

     「大企業が人々を支配する」と言うと、例えば「愛知県の豊田市というのはトヨタ自動車に支配された街!」というふうに、昔はよく週刊誌とかにも書いてありました。最近は、もうまったくそんなこと書かれなくなりましたけど。
     他にも「大阪府の門真市はパナソニックに支配された街だ!」というふうに、僕が子供の頃には、雑誌によく書いてありました。昔はこんなふうに言われてたんですけども。
     でも「GAFAが支配する」というのは、全然違う意味なんですね。

     産業革命以降、豊田やパナソニック以上に莫大な利益を上げてきた巨大企業というのは、いくらでもあるわけですね。だから、そういう企業が「城下町」にしていた街は「支配されている」と言われてたんですけど。
     しかし、そういう巨大企業というのは、デュポンにしても何にしても、それに見合うだけの雇用、つまり「労働者に対してお金を払う」という環境を生み出していたんです。
     しかし、GAFAはその逆なんですよね。

    (中略)

     つまり、ゼネラル・モーターズが21万人も雇って23万ドル得ていた時代に、Facebookは1万7千人くらいの従業員でその100倍くらいの売上を上げている。
     「これはどういうことなんだ?」と。
     昔から世界を支配していると言われる巨大企業というのは、系列グループにしてもなんにしても、それだけの雇用を生み出していたから、実は、なんだかんだ言って「人々の役に立っていた」と言えないこともない。
     それに対して、このGAFAの4社とも、雇っている人間が恐ろしく少ないわりに、売上とか時価総額が恐ろしく高い。
     「このアンバランスはどうなっているんだ?」という話です。

     僕がこの話を聞いて「似てるな」と思ったのものがあってですね。
    (パネルを見せる)
     それは『青の6号』というマンガの中に出てきます。1967年に『少年サンデー』で連載されていた、小沢さとるのマンガです。

     このマンガの中に、世界征服を狙う秘密結社の「マックス」というのが出てくるんですけども。そのマックスの総統がですね、新しい幹部に演説するシーンがあります。ここですね。
    (パネルを見せる)


    いいかね? マックスは今、世界の通貨の80分の1を動かすことが出来る。この経済力はアメリカ、ソビエトという2大国に次ぐ大きさだ。
    だがしかし、アメリカでもソビエトでも、2億3億という国民がその経済力に頼っている。そのために、両国とも膨大なる予算を必要とする。
    我がマックスには養わねばならぬ人口は両国の100分の1にも満たない。従ってマックスの経済力は世界一だ!


     こんな内容のマンガを1967年の『少年サンデー』で連載してたんですから、なかなかすごいマンガなんですけど(笑)。
     もちろん、このマックスは、知ってる人は知ってる通り、『ふしぎの海のナディア』に出てくる秘密結社「ネオアトランティス」や「ガーゴイル」の元ネタになっています。
     ネオアトランティスという集団が、なぜ潜水艦を使って他の船を破壊するのかというと「「通商路」を破壊することによって経済支配を目論んでいるから」です。
     この「世界経済の80分1を動かす!」というセリフは、ちゃんとガーゴイルが演説するシーンの中にも入れ込んでいたんですけど。これは「元ネタ、わかりますよね?」というサインのつもりでやっていたんです。
     マックスの首領の演説はまだ続きます。


    もはや我がマックスは、この地球上において何をやることも可能だ。
    事実、我々の援助なしにはやってはいけない国も10カ国を越え、マックスの資本を導入している国は、すでに30カ国。


     要するに「膨大な経済力がありながら、国民がものすごく少ないので、逆に言えば自由に使える金がナンボでもある」と。本当に、これが50年以上前のマンガだなんて思えないんですけども。

     この世界征服を企むマックスとGAFAって、ほとんど同じじゃないですか。

    (続きはアーカイブサイトでご覧ください)

    アーカイブサイトへのアクセス方法

    限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画など、岡田斗司夫のコンテンツを下記のアーカイブサイトからご覧いただけます。