• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

PANDAPIA BLOMAGA 20150301 パンダの頭数最新調査結果速報!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

PANDAPIA BLOMAGA 20150301 パンダの頭数最新調査結果速報!

2015-03-02 01:24
    e8318eab0f3dca073ceac70c690947df4f42b359

    PANDAPIA BLOMAGA

    20150301

     

    “パンダの頭数”最新調査結果発表速報!


     

    2015年2月28日、第四回「全国パンダ生息状況調査」の結果が中国政府から発表されました。中国国内のパンダが居る自然保護区に調査隊が入り、野生パンダの生息状況をつぶさに調べたのだそうです。このような自然保護区に入り込む大々的なパンダの調査は過去3回行われ、四回目の今回の調査は通称「四調(スーティァオ)」と呼ばれ数年に渡って行われた様です。

     

    結果によりますと、中国国内の自然保護区には合計1864の野生パンダが生息している、との事です。

     

    ちなみにこれが「国家林業局の発表」と紹介している政府のHPの原文です。…

    http://www.gov.cn/xinwen/2015-03/01/content_2823605.htm

     

    気になる調査方法は…自然界で野生パンダの姿を見つけるのは人類にはほぼ不可能なので(笑)調査はパンダが齧った竹の痕跡、木に残った毛、出産する時の巣穴、うんこなどでパンダの生活範囲と頭数を判断するのだそうです。

     

    ちなみに第三回目の調査が行われた2003年よりも、野生パンダは268頭増えました。生息地は四川省、陝西省、甘肅省で、三回目の調査よりも11.8%増え258万平方キロメートルになったそうです。

    中国では1960年代に最初のパンダ保護区が出来て以来増え続けており、2014年までに自然保護区の総計は67箇所になっています。

     

     

    中国の森林保護現状をちょっと紹介…


     

    中国では1990年代後半に森林伐採が原因と見られる干ばつや洪水が相次ぎ、2000年には黄河と長江の上流域での商業的な森林伐採が全面禁止されています。また、耕作地を森林に戻そうと言う計画が1999年にパンダが生息する四川省、陝西省、甘肅省で先行的に導入され、今では全国規模に展開されています。

    筆者は2015年2月中旬に都江堰の「野性化訓練センター」のこれから「自然へ帰すプロジェクト」に使用すると言う山を視察しに行きましたが、そこでもかつて耕地だった様な地形が見て取れました。森林に戻りつつありました。

     

     

    以上!パンダの頭数の速報でした!

     

    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    PANDAPIA BLOMAGA
    更新頻度: 不定期
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。