• このエントリーをはてなブックマークに追加
Booty ももちの『背筋』で僅かに100回に届かず
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Booty ももちの『背筋』で僅かに100回に届かず

2019-06-18 17:58
    64cf4b_60bb4da083614a07926344cbb5fff529~

    最近、気がついたコトがある。Bootyモデルの売れ行きが良いので、巨尻や桃尻のモデルのロケを敢行している訳だが、爆乳や巨乳のモデル達よりも『背筋』がキツそうなのである。

     

    理屈的には胸に何キロも携えているBustyモデルの方が、『背筋』がキツいと思っていた。確かに簡単ではないコトは何度も見ている。だが、Bootyモデルは脚を上げるコトが非常に辛どそうだ。que;Styleの『背筋』は土手を支点として前の太腿を浮かせなければならない。この前の太腿を浮かすのが、キツそうなのである。

    64cf4b_33124182e8a3479e88c73f8034aff765~64cf4b_3517b5f33d184a2ca351dcd486d39c73~64cf4b_3595f050e3084458b7100efc940f8ddb~

    倉持由香(辛未)を超え、腰囲104cmを誇るモデルのももちのさんもキツそうであった。よーく見ると、サイズを測ったコトがないのだが、その大きく実った臀部を支える太腿がBustyモデルよりもしっかりしている。

     

    臀部にシリコンを入れると、下半身が歪になる。そのバランスの悪さは太腿との高低差だ。ももちのさんのように、天然の巨桃尻と太腿のバランスは良い。滑らかなラインだ。シリコンを入れると「だん、だん」となる。あー、そうか。Bootyモデルの太腿の容量は一般女子よりも大きいのだ。

    64cf4b_b00f0529be5547a5a341c4a0bdcdee4c~64cf4b_9c74078787cb4059a26327ae0fd233e4~64cf4b_cb402637d39344669e8c36a508d25e58~

    ちなみに意外とスクワットも弱いBootyモデルは多い。ほう、そのしっかりとした美しい太腿は巨桃尻を支えるタメの筋肉が占めており、脚を浮かせたり、しゃがんだりする筋肉とは異なるらしい。

     


    ももちのさんも同じだ。「ふんぐっ」といった感じで腰の後ろと後ろの脚の付け根を踏ん張っている。100回には及ばなかった。なぜなら、太腿が床から浮かなくなったからだ。Tバックでの『背筋』なので、ももちのさんの大きくて綺麗な丸みのある双丘の身の締まり具合、パルテノン神殿の柱のように文化的に美しい太腿を知れる




    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    きゅうすた動画更新ニュース
    更新頻度: 不定期
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥324 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。