• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

どうして音楽を聞くだけで涙が出てくるのか?(SE編集者のコラム)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

どうして音楽を聞くだけで涙が出てくるのか?(SE編集者のコラム)

2021-01-17 19:00


    どうもご無沙汰しております。

    「神様になった日」が完結してしまって悲しみの新人編集者、むぅ©︎です。

    みなさんはもうご覧になったでしょうか?


    「神様になった日」は原作・脚本を麻枝准さん、キャラクターデザイン原案をNa-Gaさんが手がける、昨年10月〜12月のクールで放送されたTVアニメです。

    麻枝准さんとNa-Gaさんはゲームメーカー「Key」に所属しており、本作はKey作品のひとつと言ってしまっても過言ではないでしょう。


    Key作品のファンは「鍵っ子」と呼ばれることもあり、かく言う私もそのひとりです。

    私が思うKey作品の魅力は、良質な「泣き」シナリオ質の高い音楽の融合です。

    「神様になった日」も例に漏れず、2話の「夏凪ぎ(piano ver.)」と9話の「夏凪ぎ」の流れるタイミングと演出に惚れ惚れして、何度となく見直してしまい、心動かされました。

    もしまだ未視聴の方がいらっしゃれば、ぜひともご視聴いただくことをオススメいたします!!


    さて、そこでですが今回は物語における音楽、とりわけ劇伴について書いてみようかと思います。

    ただ、最初に断っておきますが私は音楽に造詣が深いわけではありません。楽器の演奏をしたことはおろか譜面が読めるわけでもなく、作詞だってできません。

    じゃあ、そんな私が何を書くのか?

    「どうしてあの音楽を聞くだけで涙が出てくるのか?」
    そのことについて、ちょっと考えてみようと思います。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。