ニコニコチャンネル

  • 舞台「DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD」 通称“ディアラヴァ”と呼ばれる本作は、ドSなヴァンパイア・逆巻六兄弟と主人公・小森ユイの過激な 恋愛模様を描いたゲームが原作。2013年にアニメ化。2015年には続編の『DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD』がアニメ放送されるなど、 多メディアに展開し話題を呼んでいます。
  • ミュージカル「Code:Realize 創世の姫君」 俺の名はアルセーヌ・ルパン。どこにでもいる、ただの『麗しき泥棒紳士』さ。 訳あって――あなたの『ハート』を盗みに来ました。 触れたものを溶かす猛毒を全身に宿した少女・カルディア。 怪物と恐れられ、周囲と隔絶した日々を送っていた。 ある夜、英国軍に捕らわれる寸前、泥棒紳士と名乗る男、 アルセーヌ・ルパンと出会う。 彼に導かれ、少女は機鋼都市・ロンドンに赴くが、 様々な人物たちと出会い、思わぬ冒険を繰り広げることとなる。 やがて彼女は、ルパンたちと行動を共にする中で、 自らの身体と失われた記憶の謎に迫っていく。 怪物と呼ばれた少女が辿り着く、真実とその願いとは――――
  • ニル・アドミラリの天秤 時は大正25年。帝都トウキョウ。 華族出身の久世ツグミは、傾きかけた家を守るための結婚を決意したやさき、弟のヒタキが「稀モノ」と呼ばれる、読んだ者に大きな影響を及ぼす本が起こした事件に巻き込まれてしまう。 ツグミはこれをきっかけに「アウラ」と呼ばれる、稀モノに宿った情念の輝きが見えるようになるが、混乱する彼女の前に「帝国図書情報資産管理局」通称「フクロウ」と呼ばれる「稀モノ」を保護・管理する組織の人間が現れ「稀モノ」に関する調査協力を依頼される。 ツグミは戸惑いながらも「フクロウ」での「稀モノ」調査に取り組むことを決意するのだが――。 天秤のように揺らぎうつろう一人の少女の運命の物語。
  • 舞台「DIABOLIK LOVERS-re:requiem-」 2016年8月24日~8月28日に品川の「クラブex」にて公演された舞台「DIABOLIK LOVERS~re:requiem~」。赤を基調としたまるで洋館の中にいるかのような空間、そして観客と至近距離となる“円形舞台”という独特な雰囲気の中、展開する物語。貴方を「DIABOLIK LOVERS~re:requiem~」の世界へと導く・・・。 美しく、咲き乱れる薔薇の香りの中、少女は己の運命を知る。 運命の糸に導かれるように、少女は彼らと出会う。 「オマエの初めては、オレ様がすべて奪ってやるよ」 「ねえ、僕のこと嫌いですか? もっと知りたいですか?」 「痛いの? 可哀想に……じゃあもっと痛くするね。ビッチちゃん」 「あんたが、この家に来た理由がわかった。極上品だな……この血は…」 「人間など、単なる血の器にすぎません」 「オレに関わるな! それ以上近づいたら、ぶっ壊してやる!」 彼らは血と欲望に飢えたヴァンパイア……。 彼女の中で何かが狂い始め、何かが目覚めていく。 もう、どこへも逃れることは出来ない……。
  • DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD 逆巻家に居候することになった小森ユイは、 ヴァンパイアである逆巻六兄弟に血を奪われる日々をおくっていた。 そんなある日――。 彼らの前に、新たなヴァンパイア・無神四兄弟があらわれる。 彼らはユイのことを“イブ”と呼ぶが、その目的とは一体……? そして“アダム”とは……。 今、新たな運命が動き始める――。
  • DIABOLIK LOVERS 美しく、咲き乱れる薔薇の香りの中、少女は 己の運命を知る。 運命の糸に導かれるように、少女は彼らと出 会う。 「オマエの初めては、オレ様がすべて奪って やるよ」 「ねぇ、僕のこと嫌いですか? もっと知り たいですか?」 「痛いの? 可哀想に……じゃあもっと痛くす るね、ビッチちゃん」 「あんたが、この家に来た理由がわかった。 極上品だな……この血は……」 「人間など、単なる血の器にすぎません」 「オレに関わるな! それ以上近づいたら、 ぶっ壊してやる」 彼らは血と欲望に飢えたヴァンパイア……。 彼女の中で何かが狂い始め、何かが目覚めて ゆく。 もう、どこへも逃れることは出来ない……。
  • 緋色の欠片 玉依姫の覚醒により、珠紀は守護者とともに 鬼斬丸を封印したはずだった。 しかし、拓磨の身体は、鬼の血に蝕まれ始 め、身体に異変が起きていく。 「運命から逃れられないのか…」守護者たち の結束が乱れはじめる。 国の機関、典薬寮に属する芦屋と、静紀・美 鶴の思惑が絡み合い、ロゴスも再び動き出す。 鬼斬丸の完全な封印のために、翻弄されてい く珠紀の運命は…。