ニコニコチャンネル

  • 王室教師ハイネ -THE MUSICAL II- グランツライヒ王国の国王・ヴィクトール(藤重政孝)により、 王子専属の家庭教師=“王室教師”として王宮に招かれたハイネ(植田圭輔)。 最初は反発していた王子たちも、一人一人と真摯に向き合うハイネに対して徐々に心を開くようになる。 コミュニケーションが苦手だった第二王子・カイ(安里勇哉)は克服する努力を始め、 一度は学者の道に迷った第三王子・ブルーノ(安達勇人)も国王を目指して、さらに勉学に励む。 教師嫌いだった第四王子・レオンハルト(廣瀬大介)は授業に前向きとなり、 密かに寂しさを抱えていた第五王子・リヒト(蒼井翔太)も父親と和解する。 王子たちは自分たちに理解を示してくれたハイネをかけがえのない存在に思い、 同時にハイネの教育によって成長。今では立派な国王候補となるべく日々奮闘していた。 それは、ロマーノ王国からやってきた双子の王子も同様。 天使のような外見とは裏腹に、 触るものみな傷つけるジャックナイフ王子・イヴァン(橋本祥平)、 ネガティブ思考のダークサイド王子・ユージン(阪本奨悟)、 ハイネは二人の王子に対しても教育的指導を施し、頑なだったイヴァンとユージンの心を溶かしていく。 そしてロマーノ国王の反対を押し切って、王子たちが舞踏会の催し物として行った 合唱は大成功を収め、王子たちの絆と共に国同士の友好も深まっていく。 ところが再びやってきた合同授業の日。 イヴァン、ユージンと共に現れたのは、グランツライヒ王国の元王室教師であり、 現在はロマーノ王国の王室教師を務めるヴェンヴィン(水谷あつし)とその助手・チタデッタ(上杉輝)だった。 その裏には、またもローゼンベルク伯爵(君沢ユウキ)の思惑が。 かつてグランツライヒ王国の王室教師の座を追われたヴェンヴィンは何やら企んでいるようで――。
  • 刀剣ワールド バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」は、美術的に価値の高い日本刀や甲冑にまつわる様々なコンテンツを公開。日本刀や甲冑の情報を教科書のように網羅し、読むだけでなく、写真やイラスト・動画で、初心者の方でも一から学べる内容です。 掲載内容は、日本刀・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四字熟語といった楽しむコンテンツも充実しています。 なかでもオススメは、現存する日本刀や甲冑の検索。日本刀のデータだけでなく、一振りひと振りが持つ歴史を学べ、写真・動画で博物館に行ったかのようなバーチャルの世界で鑑賞できるのも魅力のひとつです。 また、刀剣(日本刀)を鑑賞できる博物館・美術館、刀剣(日本刀)が奉納されている神社・仏閣の全国検索は、イベント情報もあり日本刀ファン必見。 日本刀や甲冑に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。
  • ルパン三世 PART4 これが『ルパン三世』だ! 『ルパン三世』新・本命シリーズ誕生! 抜群の頭脳で難関を突破、いかなる標的も必ず奪う大泥棒で美女が大好きなルパン三世が、イタリアとサンマリノを舞台に数々のターゲットを狙う! ルパンの計画を共に遂行するのは、相棒にして無敵のガンマン・次元大介と居合抜きの達人・石川五ェ門。それに正体不明の美女・峰不二子。だが彼女は敵か味方かわからない。一方、彼らを追うのはルパン逮捕に執念を燃やすICPOの敏腕捜査官・銭形警部。このお馴染の面々に加え、自由奔放なセレブ娘レベッカ・ロッセリーニがもう一人のヒロインとして大きく関わっていく。そしてイギリス諜報部MI6もルパンの動きを探ることになり…。 キャラクターひとりひとりの際立つ存在感。ただ群れるのではなくプロフェッショナルがミッションのために手を組むという関係性。軽微なユーモア。随所に登場する実在の銃器や車輛。信頼と裏切りが錯綜し、最後の最後まで何が起こるか分からないスリリングな展開――。『ルパン三世』のオモシロサをギュッと凝縮し、超一流のエンタテインメントに仕上がった新・本命シリーズ!
  • なんとかしなきゃ!プロジェクト ch 開発途上国は多くの課題を抱えています。そ れを一人でも多くの方に知ってもらい、その 解決をめざす国際協力の必要性を社会全体で 共有して行きたい。‐そんな思いを共有する 人、団体などで進めるのが「なんとかしなきゃ!プロジェクト 」です。国際協力に関心 の高い著名人や、国際機関やNGOなど国際協 力を行っているプレイヤーが、さまざまな場 面やメディアで、広く情報を発信し、それを 受けたひとりひとりが国際協力の重要性を少 しでも自分のこととして捉え、それぞれの立 場でできるかたちで国際協力に参加する、そ んなきっかけとなることを目指します。 http://nantokashinakya.jp/