ニコニコチャンネル

  • クロックワーク・プラネット ――唐突だが。世界はとっくに滅亡している。 1000年前に一度滅んだ地球を「Y」と名乗る伝説の時計技師が時計仕掛けで再構築した世界。落ちこぼれの高校生・見浦ナオトは、「Y」が残した自動人形(オートマタ)のリューズ、そして天才時計技師の少女・マリーと出逢う。彼らの能力が噛み合わされた時、運命の歯車は回り出す。 破綻と延命を繰り返し、崩壊寸前の地球(「クロックワーク・プラネット」)を修復するクロックパンク・ファンタジー!
  • アルドノア・ゼロ 宣戦を布告する 火星の騎士たちが空から降ってくる。 鋼で作られた巨人を駆って。 地球人類を殲滅するために。 それが『アルドノア・ゼロ』。 この壮大な物語を実現するために、圧倒的な力を持った作り手たちが集結した。 心の奥底に踏み込む、強烈な筆力を持った書き手、虚淵玄。 美麗かつ大胆な映像表現で、見る者の予想を遙かに超えてみせる、あおきえい。 虚淵が原作、あおきが監督をつとめたアニメーション作品『Fate/Zero』以来、この二人が再びタッグを組む。 アニメーション制作はA-1 Pictures、そしてあおき自身も参画するTROYCAが務める。 またキャラクター原案として志村貴子が名を連ねる。その繊細な人物の佇まいは、 星間戦争を生きる人々の姿を切なく写し出すものだ。さらにメカニックデザインは新鋭、I-Ⅳが担当。音楽では澤野弘之が作品に重厚な趣を与える。 彼らが描き出すのは、鮮烈なアクション、微に入り細にわたる設定、真に迫る戦争の恐怖、そして、真摯な思いが織りなす人々のドラマだ。 それは王道の、しかし誰も見たことのない、全く新しいロボットアニメとなる。 『アルドノア・ゼロ』。 この作品は、僕たち地球人類に宣戦布告する。 君は迎え撃たねばならない。
  • 革命機ヴァルヴレイヴ 真暦71 年。宇宙都市 “ダイソンスフィア”の 開発によって、総人口の7割が宇宙で暮らす 時代。 世界はふたつの勢力に分かれていた。軍事同 盟から発展したドルシア軍事盟約連邦と、 貿易協定を拡大させた環大西洋合衆国、通称 “ARUS(アルス)”。 二大勢力の狭間で中立を謳う小国・ジオール は、経済的繁栄を手に入れ、平和を保っていた。 そのジオールのスフィア内、モジュール77 と呼ばれる区画に暮らす高校生、時縞ハルト の平穏な日常は、 突然のドルシア軍の侵攻により一変した! ハルトと謎の人型兵器ヴァルヴレイヴとの出 会いが、世界を揺るがす。
  • THE UNLIMITED 兵部京介 風になびく美しい銀髪、何かを悼むかのようにその身にまとった漆黒の学ランを着た青年……彼の名 は 兵部京介。エスパー犯罪組織パンドラを指揮し、超能力者の同胞たちのために革命を起こすまで、そ の 黒い翼は闇の空を羽ばたき続ける。椎名高志原作「絶対可憐チルドレン」に生まれた偽悪のヒーロー ・ 兵部京介がオリジナルストーリーによるスピンオフ・アニメーションとなって登場!!刻(とき)の 運 命にあらがって、無限を解き放て!!
  • 輪廻のラグランジェ season2 鴨川上空での戦いから数ヶ月後。地球から遠く離れたポリヘドロン宙域・レ・ガリテでは、ディセ ルマイン の監視の下、ランがウォクス・リンファを使用した実験に参加していた。その最中、デ・メトリオ 軍の奇襲 を受ける実験施設。その部隊の中にはウォクス・イグニスの姿があった。 そして地球日本――レ・ガリテやデ・メトリオなどポリヘドロンの各国家をまじえた宇宙規模の国 際会議が 行われることに沸き立つ千葉鴨川では、高校三年に進級したまどかが、自分の進路を決めかねたま ま、ラン とムギナミと離れて暮らす日々に寂しさを感じていた。 その頃、国際会議のために鴨川に近づくファロスにウォクス・イグニスが接近中との報が入る。ま どかは「 ムギナミが帰ってきた!」と喜ぶが……
  • モーレツ宇宙海賊 どこかの宇宙・海明星(うみのあけほし)に住 む高校1年生の加藤茉莉香(まりか)。 茉莉香はある日、故人である父親が実はつい 最近まで生きており、 宇宙海賊船・弁天丸の船長だったと知らされる。 さらに、弁天丸が海賊として活動を続けるの に必要な私掠船(しりゃくせん)免状の 継承のためには、直系の跡継である茉莉香が 船長になるのが条件と告げられ、 元・父親の船である弁天丸、そしてそのク ルーとともに、 女子高生兼宇宙海賊船船長としての生活を送 ることになる。 痛快スペースオペラ、華麗に登場!
  • BLOOD+ 沖縄から世界へ、駆け巡るハイパーアクション・バトルロードムービー!!その闘いは、時を超え、場所を変え、歴史の陰で絶え間なく続いていた。 翼手──異形の姿を持ちつつ人に擬態し、決し て人間に気付かれることなく血を喰らう生きもの。翼手を追い、それを殲滅するため闘いを続ける謎の組織、──「赤い盾」。時代の中で、人々の闇を巻き込み、闘いはさらなる大きなものへと成長し続けた。 ─そして2005年、沖縄。 この地に暮らす高校生、音無小夜は暖かい家族と平和な毎日をおくっていた。彼女に足りないものはただひとつ――1年以上前の記憶だけだった。しかし、平凡な暮らしはひとつの事件によってもろくも崩れ始める。倒すべき敵、果たすべき使命が闘いの渦に彼女を引き戻す。漆黒の服を身に纏い、チェロを奏でる青年、ハジ。運命を共にするハジから渡される刀を少女が手にしたとき、ついに歴史が動き始める。小夜は、失われた記憶、自分の存在を取り戻すことはできるのか。