ニコニコチャンネル

  • カオス*ラウンジの芸術動画 チャンネルのコンセプト、番組内容などはすべて、黒瀬陽平(美術家、美術批評家、カオス*ラウンジ代表)によってプロデュース、キュレーションされています。 配信番組のラインナップは、1年単位で「カリキュラム」として構成されており、連続して視聴することで内容について理解が深まるようになっています。また、視聴者とのコミュニケーションも重視しており、Q&Aや、視聴者の作品講評など、双方向性のある番組を目指しています。 チャンネルの番組は、原則として「毎週1回(月4回)」のペースで生放送される「レギュラー番組」と、不定期に行われる「特別番組」の2つによって構成されます。番組1つあたりの配信時間は2〜3時間程度。場合によっては長時間の延長もあります。
  • 「令和演芸批評」チャンネル(山本麻里安・佐々木未来・関根瞳・野口詩央) 「令和演芸批評」のニコニコチャンネルです。 出演:山本麻里安・佐々木未来・関根瞳・野口詩央/運営:株式会社ベルガモ
  • メディアゴンチャンネル 月間950万PV超!国内最大級のメディアニュース・メディア批評サイト「メディアゴン」(http://www.mediagong.jp)が贈るニコ生番組。メディア/エンタメ業界の第一線で活躍する業界人の執筆陣が、「メディアの裏側」「エンタメの真相」を鋭くエグりつつ、優しく解説します。11月中旬より放送開始(予定)。 [メディアゴン編集部] 主筆:高橋秀樹(放送作家/日本放送作家協会・常務理事) チーフエディター:藤本貴之(東洋大学・准教授/メディア学者) [メディアゴン主な執筆者] *こちらをご覧下さい[http://mediagong.jp]
  • プロレスリングシバターXYZ YouTuber、シバターのニコニコユーザーチャンネルです。 ここではYouTubeでは公開できない過激な動画や、シバターの完全趣味の動画を公開する予定です。みなさん是非登録してください!!!
  • マクガイヤーチャンネル Dr.マクガイヤーがニコ生チャンネルを開設! 映画・アニメ・おもちゃ等、オタクカルチャーを楽しくわかりやすく解説します。 月2回の生放送と毎週メルマガをお送りします。 お問い合わせは macgyer.ch@gmail.com まで、お願いします。
  • 流浪のマンガ家 大井昌和のコミックガタリー 漫画家 大井昌和とその漫画製作事務所スタジオひまわりによるチャンネルです。
  • 映画『ジャッキー・コーガン』チャンネル 2012年カンヌ国際映画祭に出品され、世界中の映画批評家たちから過去に類を見ないほどの最高のレ ビューが飛び交った本作。ブラッド・ピットが「優しく殺す」をモットーとするクールな殺し屋ジャ ッキー・コーガンを演じ、ハリウッドを代表する演技派俳優陣らが十人十色の極悪になりきった超豪 華共演。さらにアカデミー賞ノミネート作品『ジェシー・ジェームズの暗殺』に続き再びピットとタ ッグを組んだアンドリュー・ドミニク監督の辣腕。裏社会の男たちを描きながら、アメリカ現代社会 の闇をスタイリッシュに、そして容赦なく炙り出すことに成功した。シャネルの香水「N°5」の今シ ーズンの広告塔となり(男性が起用されたのは初めての快挙)、49歳になった今なお、名実ともに世界 中に愛される稀有な俳優ブラッド・ピット。その色気は観客に至高の97分をもたらす。
  • 有料メルマガ批評 面白いと思った有料メルマガや有料ウェブマガジンを紹介します。ただ、知らない人にオススメされてもピンと来ないでしょうから、私が日々、どのようなことを考えているのか、日記として掲載します。有料記事がない月もあるため、購読をする前にフォローすることをお勧めします。購読料は“投げ銭”だと思ってください。
  • bonetチャンネル 梵天編集部が主催するウェブメディア 「bonet」のブログ・メルマガサービス。村 上裕一の連載批評を中心に、編集協力には 『アニメルカ』高瀬司氏を 迎え、ポップカルチャーから政治・社会に至 るまで毎月ひとつのテーマに沿った読み物記 事をお届けします。
  • アラフォーオタクハゲの陰キャでも配信したい! 海燕(かいえん)はニコニコチャンネルを中心に活動するブロガーです。はてなダイアリー〈Something Orange〉は1000万アクセスを記録。現在はアラフォーオタクハゲを名乗り、陰キャながらに活動ちうです。
  • ビュロー菊地チャンネル 菊地成孔(きくち なるよし) 音楽家/文筆家/音楽講師 ジャズメンとして活動/思想の軸足をジャズミュージックに置きながらも、 ジャンル横断的な音楽/著述活動を旺盛に展開し、ラジオ/テレビ 番組でのナヴィゲーター、選曲家、批評家、ファッションブランドとのコラボレーター、映画/テレビの音楽監督、プロデューサー、 パーティーオーガナイザー等々としても評価が高い。「一個人にその全仕事をフォローするのは不可能」と言われるほどの驚異的な多 作家でありながら 、総ての仕事に一貫する高い実験性と大衆性、独特のエロティシズムと異形のインテリジェンスによって性別、年齢、国籍を越えた高 い支持を集めつづけている、現代の東京を代表するディレッタント。 公式HP“第三インターネット http://www.kikuchinaruyoshi.net/
  • 西村幸祐放送局 評論家・作家、西村幸祐の「西村幸祐放送 局」公式チャンネルです。オリジナル制作動 画による批評コラム、対談、インタビューな どをお届けしま す。