ニコニコチャンネル

  • 青山オペレッタ THE STAGE ルーナ・ピエナ/満ちる月 青山オペレッタ-- 東京・青山にある、未婚の若い男性だけで構成された歌劇団。 その歴史は古く、100年以上に及ぶ由緒ある歌劇団で、その成り立ちから女性役も男性が演じるのが特色。 青山オペレッタの設立と共に作られた、最も歴史あるチーム「ピエナ」。 青山一と称されるトップチーム「ピエナ」だが、トップスタアであった加賀見祥太が、 新チーム「ノーヴァ」へ移動したことにより、次期トップスタアをめぐる争いが勃発する。 直前に迫るピエナの100周年記念公演。そこに急遽、加賀見含む「ノーヴァ」メンバー も参加することになり、対立はさらに加速する。 役者としての矜持をかけた戦い。その先に辿りつく結末とは――。
  • 青山オペレッタ THE STAGE ノーヴァ・ステラ/新しい星 青山オペレッタ―― 東京・青山にある、未婚の若い男性だけで構成された歌劇団。 その歴史は古く、100年以上に及ぶ由緒ある歌劇団で、その成り立ちから女性役も男性が演じるのが特色。 記念すべき「100期生」を迎えるにあたり、実験的な新チーム「ノーヴァ」が結成されるが、特別オーディションで選 ばれた「100期生」は、個性の強すぎるメンバーばかりだった。 果たして彼らは、半年後の初舞台を成功させることが出来るのか――
  • 舞台「デュラララ!!」円首方足の章 舞台「デュラララ!!」~円首方足の章~のチャンネルです。
  • 舞台「ニル・アドミラリの天秤」 「舞台「ニル・アドミラリの天秤」」の配信ページです。(C) IF/Nil Admirari PROJECT (C) 2018舞台「ニル・アドミラリの天秤」製作委員会
  • 闇芝居(生) 人気ホラーアニメを写真をコラージュした背景や、ノイズやタイポグラフィ、アニメ画像など、新技法を駆使して制作したオムニバス形式のドラマ。
  • ミュージカル「ヘタリア」FINAL LIVE A World in the Universe ミュージカル「ヘタリア」FINAL LIVE〜A World in the Universe〜のチャンネルです
  • 舞台「KING OF PRISM -Shiny Rose Stars-」 4年に1度のプリズムキングカップ。華々しくプリズムキングとなったのは、スランプを乗り越えたヒロだった。 仁が打倒エーデルローズを誓う中、プリズムショー協会主催の公式ストリートデュオ大会『KIDUNA climax』が 急遽開催されることとなる。エーデルローズ、シュワルツローズ、そしてエーデルローズを離れ、新事務所を立ち上げたOver The Rainbow...スクールの垣根を超えた、史上初のデュオ組み合わせに全員翻弄!?そして大会でそれぞれがその手に掴むものは――。 いまだかつてないデュオプリズムショー大会で波乱の展開が巻き起こる...!
  • STAGE FES 2019-2020 大人気舞台から豪華キャスト陣が舞台(ステージ)での姿そのままに大晦日のステージに集結! 各作品の人気楽曲・怒涛のLIVEで会場中をめくるめく作品世界へ誘います! 第二部では新年へのカウントダウンも。2019年のラスト~2020年のスタートを彩ります!。
  • ミュージカル『テニスの王子様』 ミュージカル『テニスの王子様』のチャンネルです。
  • 舞台「KING OF PRISM -Over the Sunshine!-」 歌、ダンス、スケートなどのパフォーマンスで観客をどれだけ魅了できるかを競う「プリズムショー」。 4年に一度開催されるプリズムキングカップの出場を目指す男子プリズムスタァたちの成長と輝きを描く―。
  • ミュージカル「ヘタリア in the new world 」 永き戦いの終わりによって別々の道を歩みだし、それぞれの地で再起を目指すドイツと日本。 そして、いつもと変わらない元気なイタリア。 しかし、三人の心は以前と違ってすれ違うばかり…。 そんな中、“ある日記”の存在が、バラバラになったその心を再び向かい合わせようとする。 それは、かつて列強と戦い続けた男の日記だった…。
  • ミュージカル「ヘタリア-The Great World-」 とある時代、世界に野心と夢を抱く者たちが、水平線の向こうに新天地を求め、誰よりも早く、どこよりも強く、そして、何よりの1番を目指して、大海原を全力で走っていた。 世間はそれを「大航海ブーム」と呼んだ…。
  • ミュージカル「ヘタリア-Singin’ in the World-」 ある日の「世界会議」、真面目に会議を 進めようとするドイツだったが、 アメリカをはじめ、イギリス、フランスたちの 発言で会議は混乱していく。 業を煮やすドイツだったが、 イタリアが更なる混乱を招くのだった・・・。