• このエントリーをはてなブックマークに追加
『MY closet』142段目「ドラマの再放送」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『MY closet』142段目「ドラマの再放送」

2020-06-10 15:05
  • 4

 
ありがたいことに、お昼間に仕事で外に出る機会が増えてきましたので、(感染予防、対策はしっかりと)部屋に丸一日いることも少しずつ減ってきました。仕事ができるということは嬉しいなと感じます。

で、帰ってきたら、部屋の中がもわっと、熱が篭った状態になっていることが増えました。夏ですね。窓を開けて空気入れ替えて、それでもまだ暑いなと感じ、先日仕方なく冷房を入れました。太陽が出ていない時間帯に冷房スイッチをつけることは、少し罪悪感を覚えました。次回の光熱費請求額が怖くなる季節です。

どうも、吉岡茉祐です。

今日は、ドラマの再放送について。
最近、特別編集版や、未公開シーンの公開など、過去に放送されてきたドラマが再び放送されることも増えてきました。
当時好きだったドラマが、またテレビで見られる日が来る、というのはどハマりした一ファンからしたらとても嬉しいことですよね。私もその一人です。
元々再放送は、「結末知ってるしー」と思ってわざわざ見返すこともない派の人だったのですが、いざ再放送見てみると、大人になってからみると感じるポイントが変わっていたり、結末を知っているからこその伏線に気づけたりして、面白い!と感じるようになりました。

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

142段目の更新ありがとうございます!
そういえば、以前コラムで好きな授業としてメディア理論を挙げられていたなぁと、文字から溢れる熱量に圧倒されながら読みました。

ドラマ、やはり多感な時期に観ていたものはうっすら覚えてますね。
いま観返したら全然違った感情が得られそうで、面白いかも…!

自分の母はドラマ狂と呼べるほどのドラマ好きなので、今度実家に帰ったら色々観返すのもいいかなーと思えました!

あ、最近まゆしぃが出演されていた科捜研の女9も再放送されていたので、初めて当時のまゆしぃに出会えましたよ(*^^*)
次の更新も楽しみにしています!

No.1 25ヶ月前

142段目更新ありがとうございます!

暑さと荒れ狂う窓からの風と戦いながら仕事していました(ちょっと休憩)
このままだとまずいなと思い、この前扇風機先生を購入しましたが、それのおかげでまだ冷房とは無縁です。おすすめしておきますね。

ドラマの再放送、ほんとにたくさんやっていますね。
私もこの前、「野ブタをプロデュース」を見てて、そういえばこんな展開だった!となったばかりなので、とても共感できました(^ー^)
逃げ恥もやってましたね。
また、お気に入りのお話、どこかで聞けたら嬉しいです♪

次回の更新も楽しみにしています!!

No.2 25ヶ月前

コラム更新有り難うございます。

そういえば「仁-JIN-」の再放送やっていたみたいですねw
まゆしぃのコラムを読んで
今の時期にやっている理由ってやつを理解しましたよw
ペニシリンを未来から来た主人公である医師が精製し
未来の技術で患者を救っていく
未知の病原体を未来の技術で治療していくってところが
今のコロナの状況では理解出来ます。
「仁-JIN-」の様に
未来からコロナの治療方法を熟知した医師がやってきてくれたらどんなに良いことかと思ってしまいますよね。。。
私もこのドラマ放送当時ハマっていたので
本当に、懐かしい思い出ですw
再放送は、視れていないのでアレですけど
色々と勉強させられるドラマですよね。
ホント、ここ最近、暑くて汗が止まらないですけど
梅雨が到来すれば気温も落ち着くので
あと少しの辛抱と言いたいところですが
梅雨が明けたら
今以上に暑くなるので
暑さとの戦いが本格化すると思うと
ちょっと、考えさせられる日々ですよね。
毎年のこととは言え
夏の暑さは慣れないですね(汗)
お互いに、暑い夏を
乗り越えていきましょう!!

追伸、自撮りのまゆしぃ
有り得ん可愛くて
大大大大大好きって気持ちが爆発してしまいましたよw
早く、大好きなまゆしぃにあって
この気持ちを確かめたいです♪

来週もコラム楽しみにしていますね!!

No.3 25ヶ月前

昔見た作品を大人になってから見返すのは
本当に見え方が変わってきて面白いですよね~
子供の頃に比べて知識も経験もだいぶ増えてるからこそ
感じ方も違うということなので、自分のこれまでの人生が
どういうものだったのか振り返るキッカケにもなります。
まゆしぃの場合は演者としての目線はもちろん、
脚本や演出の目線もあるためか、見るポイントも色々と深い!
まゆしぃの生み出した作品も
いつかそんな風に語られる日が来ると良いですね

No.4 25ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。