• このエントリーをはてなブックマークに追加
広橋 涼『こまごまかいてます』第486回「ご飯茶碗」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

広橋 涼『こまごまかいてます』第486回「ご飯茶碗」

2022-02-26 12:00
  • 2
お茶碗を片付けようとしたら、つるりと指が滑って床に真っ逆さまに落としてしまいました。よくお皿は割るけれどお茶碗は久しぶりで、付き合いの長い子の可哀想な姿にしばし茫然。真っ二つに割れた茶碗を手にとっても金継ぎ講習会を見送っていた私にできることはなく、無言で新聞紙に包んでマジックで「割れ物」と書きました。

しばらくは家にある小さなお皿にご飯を盛って食べていました。器が変わると味も違う気がします。そもそも茶碗と皿では持ったときの手の形が違うので、脳みそが「これはご飯なのかい?」と考える間が生まれてしっくりこないのかもしれません。しっくりくる茶碗とはどんなものでしょうか。

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

レンジ対応してないと、ほかほかをお茶碗に盛るしか、、、でも良い出会いが出来てよかったです\(^o^)/

No.1 4ヶ月前

お茶碗は白ご飯を食べる時必ず使うものですから、お気に入りのものを選べると嬉しいですよね。
別れは新たな出会いのきっかけですね。

No.2 4ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。