• このエントリーをはてなブックマークに追加
ぴの耳より情報(3/31)「ブルックリン物語」と「続・9th Note ブルックリンでジャズを耕す」について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ぴの耳より情報(3/31)「ブルックリン物語」と「続・9th Note ブルックリンでジャズを耕す」について

2016-03-31 16:09

    ハーイ、ぴーすです。

    ダディ(大江千里)が卒業したニュースクール大学ジャズ&コンテンポラリーミュージックは、ブラッド・メルドーやロバート・グラスパーなどを輩出し、教授陣もジュニア・マンス、レジ・ワークマン、ビル・キルヒナーなど現役のプロミュージシャンが教えるジャズマンによるジャズのための学校。世界中から集まったジャズを志す若者たちが切磋琢磨していて、卒業してもミュージシャンとして働けるのは、わずか4%と言われているの。

    それはそれは、「これはまるで"のだめ"だ(笑)」と二ノ宮知子さんに単行本の帯文を書いてもらったくらい、ポップスにまみれたダディにとっては、マイナスからのスタートだったの。だって、20歳のクラスメイトに「ジャズができていない人がいます」って言われたりもしたし。

    苦難の音大生活は『9番目の音を探して 47歳からのニューヨークジャズ留学』に詳しく書かれているけれど、卒業後、アメリカで起業して、4%のミュージシャンとしてやっていくのも、またなかなかの道のり。ただでさえダディは前のめりで歩くのに、ずんずん前のめりになっていったわ。

    でも、モノは考えようよね。「ブルックリン物語」「続・9th Note ブルックリンでジャズを耕す」では、そのあたりを咀嚼していくことになります。新しい人生を始めちゃったんだから。続きはこちらで。

    「senri garden ブルックリンでジャズを耕す」

    それまでの道のりは、こちらで。思い出してもまだ泣ける〜。

    『9番目の音を探して 47歳からのニューヨークジャズ留学』

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。