• このエントリーをはてなブックマークに追加

ごみすさん のコメント

薬飲むならシーズン前に飲んだ方がいいよ。その方が症状軽いらしいし。俺は面倒だから病院行かんけど
No.1
49ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
立春も過ぎ、暦の上ではもう春。春といえば花粉の季節......! 日本調剤株式会社が、全国の20代~70代以上の男女1,198人の「花粉症経験者」を対象に実施した 自主企画調査『花粉症の実態と対策』 の結果を公表しました。 調査結果は以下のとおりです。 1. 花粉によるアレルギー症状の原因となる植物の花粉は一年中飛散しているが、どの季節に一番花粉症の症状がひどいか聞いたところ、圧倒的に春(3月~5月)が多く、 85.1%の人が春に花粉症を発症 している。 2. 花粉症で起こる症状のトップ3は、 「目のかゆみ」 (80.6%)、 「くしゃみ」 (72.6%)、 「鼻づまり」 (66.4%)。 3. 花粉症の治療で病院に行く人は、約6割(「必ず行く」23.1%+「行く場合もある」35.5%)。『病院に行く』割合が最も高いのは女性70代以上。一方、 約4割の人は『病院に行かない』 (41.4%)。 4. 『病院に行く』人が1回の診察費や治療薬費でかかった費用は、 「1,000~2,000円未満」 が最も多く36.2%。男女とも70代以上の後期高齢者では「1,000円未満」が最も多い。 5. 『病院に行かない』人の行かない理由は、 「我慢できる程度だから」 (44.6%)、 「面倒だから」 (33.5%)。 6. 花粉症の治療薬を使用するタイミングは、内服薬、外用薬ともに「花粉症の症状が出てから使用する」(内服薬:29.6%、外用薬:38.0%)、「症状がひどい時だけ使用する」(内服薬:24.1%、外用薬:23.5%)となり、 半数以上の人は花粉症が発症してから使用 している。また、治療薬を使わない人も4分の1以上存在。 7. 治療薬による影響は、内服薬は 「特に影響はない」 が最も多く42.8%。次いで「眠気」(36.8%)、「口や目の渇き」(26.6%)、「ボーッとする・集中力の低下」(24.7%) 8. 治療薬を使用している人の治療薬への満足度は、「満足している」人が10.0%、「やや満足している」人は44.5%となったが、 半数近くの人は治療薬に満足感を得ていない。 9. 治療薬を使用している約7割の人が、治療薬の影響が出た場合は医師や薬剤師に相談する (「必ず相談する」24.2%+「相談することもある」43.8%)。最も相談する人が多いのは女性40代(83.0%)。 10. 治療薬以外に行っている花粉症対策は、まずは、花粉が体に入ってくるのを予防する基本的な 「マスクをする」 (70.2%)、 「うがい・手洗いをする」 (49.3%)が上位を占めた。 2015年春の花粉シーズンは西日本と東日本では例年より早くスタートし、東海から東北地方にかけては飛散数が昨年の2倍以上になるところもありそうとのこと。みなさま、対策を万全に! 【リンク】プレスリリース http://www.atpress.ne.jp/view/56816
TABROIDちゃんねる
スマートフォン&タブレットの情報サイト。旬なアプリ、スマホの使い方やお役立ち情報を集めました。