• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

改め文を改める
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

改め文を改める

2017-12-20 23:53

    私が自民党の行革推進本部長の時に手掛けていた府省令の新旧対照表方式による改正に関する最新の状況が出てきました。

    平成29 年4月の行政改革推進本部によるヒアリング以降、新旧対照表方式による府省令等の改正割合は着実に増加しています。

    平成28年にわずか4%だった新旧対照表方式の割合が今年全体の平均で43%まで上昇しました。

    今年の8月以降の府省令の改正に限ってみれば、新旧対照表方式で行われた割合は8割を超えています。

    省庁別に見ると、今年1月からの府省令の改正に新旧対照表方式を使った割合が8割を超えている省庁は、
    原子力規制庁 95%
    国家公安委員会 84%
    環境省 81%
    消費者庁 81%

    その次が外務省で72%

    新旧対照表方式で改正しなかった主な理由は、以下の通り。

    政府統計の調査票の様式を改正するため、新旧対照表方式によると文字が著しく小さくなり、判読が困難になる(例:厚労省令90号)

    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。